『わかっていても』ソンガン&ナビの魅力満載!でもイライラする?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク
『わかっていても』は、恋愛に対する若者たちの複雑な感情や成長を描いた韓国ドラマです。

主人公のユ・ナビは、美術大学の学生で、過去の恋愛経験から恋愛に慎重な姿勢を取っています。彼女はパク・ジェオンという魅力的な男性に出会い、その関係が彼女の人生に大きな変化をもたらします。

ジェオンは表面上は完璧なイケメンですが、恋愛に対しては複雑な思いを抱えています。

 

スポンサーリンク

わかっていても:あらすじ

『わかっていても』は、韓国の美術大学を舞台にした恋愛ドラマです。

主人公のユ・ナビは、彫刻を専攻する美術大学生で、恋愛に関しては過去の経験から慎重な姿勢を取っています。

ある日、彼女はパク・ジェオンという魅力的な男性に出会い、その出会いが彼女の恋愛観と人生に大きな変化をもたらします。

 

ジェオンはイケメンでありながらも恋愛に対して複雑な思いを持つキャラクターです。

彼との出会いを通じて、ナビは自分自身の感情と向き合い、成長していきます。

ドラマにはナビの友人であるオ・ビンナや料理を学ぶヤン・ドヒョク、ジェオンの元ガールフレンドであるユン・ソラなど、個性的なキャラクターが登場し、ナビの成長と恋愛を支える重要な役割を果たします。

スポンサーリンク

わかっていても:キャスト

登場人物名俳優名役割・特徴
ユ・ナビハン・ソヒ美術大学の学生。恋愛に対して慎重。
パク・ジェオンソン・ガンイケメン美術大学生。ナビに関心を持つ。
ユン・ソライ・ヨルムジェオンの中学校の同級生で元ガールフレンド。
オ・ビンナヤン・ヘジナビの親友で同じ彫刻科の学生。ゴシップに詳しい。
ナム・ギュヒョンキム・ミングィ彫刻科の学生でビンナの親友。
ユン・ソルイ・ホジョンナビの大学の同級生。成績優秀。
ソ・ジワンユン・ソアソルの親友。天真爛漫な性格。
アン・ギョンジュンチョン・ジェグァンナビとジェオンの彫刻科の先輩。大学院生で助手。
ヤン・ドヨンヤン・ドヒョクのいとこ。
スポンサーリンク

わかっていても:ナビ

ナビ役のハン・ソヒさんは初めて見た方でしたが、とっても可愛くてみずみずしい表情の中にも、少し上目づかいに相手を見つめる時の目の鋭さが魅力的で、一気にくぎ付けとなりました。

ナビは美術大学に通っていて最初は美術塾講師の年上男性と付き合っていたし、素敵なBGMの効果もあり、大人のしっとりとした恋愛模様が進んで行くのかなぁと思っていましたが、主に大学生たちのぎこちなさを抱えたリアル感のある恋愛模様を楽しめるドラマでした。

そんな彼女の他の演技も気になってきて調べると「カネの花」にも出演されている様です。手元にあるので今度じっくりと観てみたいと思います!声優の武田華さんもナビの感じにピッタリで、そのしっとりとした中にも可愛さの含まれた声に聞き惚れていました。余談ですが、武田華さんは「タッチ」の南の声でも有名な声優の日高のり子さんの”はとこ”なのです。

わかっていても:ソンガン

まわりからもイケメンで一目置かれている大学生ジェオンを演じているのがソン・ガンさんです。「恋するアプリ Love Alarm」で爽やか高校生役をしていたかと思えば、今作ではちょっと掴みどころのない大学生役と、一気に大人っぽくなっていたのが印象的でした。

そのジェオンは孤立している訳ではなく適度に恋人もいたり友達も多くといった様子だし、ヒロインのナビも素敵でとってもお似合いのお2人でした。

しかし、ジェオンは軽い恋愛が信条で、どうしてそんな考え方になってしまったのかよく分からなかったのですが、過去に手痛い恋愛経験があったのか、両親の夫婦関係に問題があり結婚にまで至りたくない気持ちが潜在していたのか・・・と想像をめぐらしながらの視聴でした。

ドラマわかっていても:イライラする?

「ナビ」の意味は韓国語で”蝶”です。

そしてジェオンが好きなのも蝶なので、そのキーワードからすぐに恋人同士になるのかと思いきや、彼の考え方は適度な距離感を保ち”恋愛はしない”というもの。それでも簡単に「好きだよ」と言ってしまう小憎らしい性格なのは、蝶のように花から花へと蜜を吸う蝶にも似ている気がしています。

そんな彼の事がどんどん気になるナビですが、もう恋愛で傷つきたくない彼女はジェオンの事が気になるのにガードを固めるので、近づいたかと思えば離れるシーンの連続で『もういったいどうしたいの?』とイライラとモヤモヤの連続でした。

でもそれは、相手の理解しずらい態度に自分でもどうすればいいのか考えあぐねていたのだと思います。とにかくジェオンの背景が余り語られていなく、彼自身もまた普段から自分の気持ちなどを余り語らずだったので、余白の多いドラマというのが私の印象で、そこを自分なりの解釈で埋めて行く作業を多く感じたのもイライラする原因だったのかなぁと思ってしまいました。

スポンサーリンク
おすすめの記事