「さまよう刃」は実話? 娘の殺され方がグロい。カイジは最悪だけど密告者は誰なのか!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『さまよう刃』は、東野圭吾の小説を原作とする2021年の日本の連続ドラマで、WOWOWで放送されました。このドラマは、娘を残酷な手口で少年たちに殺された父親が復讐に燃える様子を描いています。主人公である長峰重樹を竹野内豊が演じており、石田ゆり子、三浦貴大、古舘寛治なども出演しています​​​​​​。

スポンサーリンク

さまよう刃:あらすじ

『さまよう刃』のあらすじは、心揺さぶる人間ドラマと深い社会的テーマを扱っています。主人公の長峰重樹(演:竹野内豊)は、妻を亡くした後、男手一つで娘の絵摩を育ててきた。彼らは互いに支え合いながら、つつましく生活していました。しかし、ある夜、絵摩がバイト先から帰らず、後に凄惨な遺体で発見されます。

数日後、長峰のもとに犯人の名と居場所を告げる密告電話がかかってきます。逡巡の末、長峰は教えられたアパートへ向かい、そこで娘が殺される様子を収めたビデオを発見します。帰宅した犯人の一人であるアツヤを殺害してしまった長峰は、主犯のカイジを追い始めます。カイジやアツヤは未成年であり、現行法上死刑が適用されないため、父親の行動は正義か非か、社会は意見が分かれます。長峰の復讐劇が、社会や法律、家族のためにどのように進展するかが物語の中心です。

このドラマは、親子の絆、社会の正義、復讐の倫理、そして人間の葛藤を深く掘り下げています。

スポンサーリンク

さまよう刃:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
竹野内豊長峰重樹娘が残忍な手口で殺され、復讐に突き進む父親
石田ゆり子木島和佳子長峰の正体を知りつつも手を差し伸べる女性
三浦貴大織部孝史若手刑事で、長峰に共感に似た想いを抱く
古舘寛治真野寛治昔かたぎの刑事
瀧内公美小田切ゆかり社会に向けて事件をあおる週刊誌記者
井上瑞稀中井誠捜査に大きな影響を与える少年
本田博太郎木島隆明和佳子の父で、娘の行動に苦悩するペンション経営者
國村隼久塚耕三指揮官として長峰を追う捜査一課警視
市川理矩菅野快児長峰絵摩・強姦殺人事件の主犯
名村辰伴崎敦也快児と共に悪さをしている未成年の常習犯
河合優実長峰絵摩長峰重樹の一人娘で、凄惨な事件の被害者
木﨑ゆりあ村越優佳快児と共に逃亡する、未成年の家出少女
MEGUMI菅野未知快児の母親で、スナックを経営
勝矢川崎圭長峰を追う刑事の一人
和田光沙長峰絵里子長峰重樹の妻で、病死している
竹内都子池田由美長野の子ども食堂店主で、和佳子親子のペンションと付き合いが深い
松浦祐也鮎村武雄タクシー運転手で、娘を自殺で失っている
霧島れいか中井昌美誠の母親で、息子の誠を心配し甘やかす
徳永えり織部梨沙子織部の妻で、忙しい夫の代わりに娘を一人で育てる
堀部圭亮中井泰造誠の父親で、医者。不登校の誠に苛立っている
スポンサーリンク

さまよう刃:殺され方

長峰重樹の1人娘・絵摩の殺され方が悲惨でした。彼女がある夜、帰宅途中で17歳の快児ら不良グループに目をつけられ拉致されてしまいます。彼らは常習的に若い女性を強姦目的で拉致し動画などに撮っていたのでした。この日も絵摩を自分のアパートに連れ込み乱暴します。

この時覚せい剤を打たれて、絵摩は急性心不全で亡くなってしまいました。その後彼らによって車に積み込まれ、無惨にも河原に捨てられてしまうのです。

さまよう刃:実話?

青年(だけではないのですが・・)の起こす耳を疑う様な酷い犯罪はニュースなどで昔から耳に入って来ているので、この話は実話をもとにしたものなのかと自然と思ってしまいました。

でもこれは東野圭吾さんによる創作なのです。しかしそれが実話と思えてしまうのは、悲しい事にそれだけ世の中で凶悪事件が増えてきているからなのでしょうか。

さまよう刃:カイジ

主犯の菅野快児(カイジ)は最悪だし、共犯の伴崎敦也もゲームのように犯罪を楽しんでいてとても気持ち悪かったです。どうしてこんな事をしているのか生い立ちが気になりました。

事件発覚後、刑事たちが快児の母親の元に捜査に行きますが、自分の子供の犯罪を一切認めたくないという態度だし、逆に長峰重樹に命を狙われている事に守ってくれという始末でもう呆れてしまいます。母親はお金を与えるだけで、親子としての愛情不足が彼の生活が乱れて行った1つの原因のような気もしています。快児自身は落ち着いていたかと思えば急に豹変して相手を殴り出したり、性格的にも手の付けられない自制心のない人物だと感じました。

さまよう刃:密告者

長峰への最初の密告は、快児のアパートの住所を告げるものでした。その後、長野に潜伏する長峰のもとに快児の潜伏先である廃業したペンションだという密告もありました。ここまでは誠によるものでした。

しかしそれは誠から(身元を隠した)久塚刑事、そこから長峰へという構図なのでした。第三の密告『快児が上野駅に現われる・・』というのは警察関係者でしか知りえないものであり、それは久塚刑事から長峰への密告でした。彼は最後に辞表を出します。

「警察が守るのは市民ではない、法律だ。その法律も完璧ではない。」と被害者に寄り添ってきた久塚の語りが一連の行動の意味を物語っていました。

さまよう刃:グロい

始まりの快児らによる強姦シーンは直接的な映像はありませんでしたが、その悲惨な現状をかなりリアルな雰囲気で表現しているので、私にはとてもグロいシーンだと感じました。更に、長峰が誠の密告により快児のアパートに出向いた時、犯人の1人である敦也と出くわし彼を包丁で何度も襲うシーンもえぐかったです。

スポンサーリンク
おすすめの記事