『オーシャンズ8 』古着なのの意味~キャスト死亡&不仲説は本当?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『オーシャンズ8』は、華やかな犯罪コメディ映画の新たな章を開く作品であり、サンドラ・ブロック主演のデビー・オーシャンとその仲間たちがニューヨークのメットガラで大胆な宝石強盗を計画し、実行する物語です。映画は、デビーが「古着なの」というセリフを通じて、スタイルとアイデンティティに対する深い洞察を提供し、同時にファッション界への敬意を表現しています。

この豪華なキャストには、不仲の噂がささやかれることもありましたが、映画の成功は彼らの卓越した演技力とチームワークの証です。本作の考察を深めると、女性のエンパワーメント、家族の絆、そして自己実現のテーマが浮かび上がります。映画は、ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー演じる)の「死」によって、デビーの動機に更なる深みを加え、観客に予想外のツイストを提供します。

また、メットガラのシーンでは、リアーナやケンダル・ジェンナーなどのセレブリティがカメオ出演し、映画のリアリズムと魅力を高めています。しかし、物語の核心は、デビーと彼女のチームが直面する試練と、それを乗り越えるための彼女たちの創意工夫にあります。『オーシャンズ8』は、ただのハイスト映画ではなく、様々なテーマと人間ドラマを巧みに織り交ぜた作品であり、そのネタバレを知ることは、観る前に想像もつかない驚きと感動を予感させます。

 

スポンサーリンク

オーシャンズ8:あらすじ

『オーシャンズ8』は、犯罪コメディ映画で、サンドラ・ブロック演じるデビー・オーシャンが中心となります。デビーは、詐欺師の兄ダニー・オーシャンの妹で、5年間の刑務所生活を経て仮釈放されます。彼女は自由を得た直後から、人生最大の宝石強盗計画を立て始めます。その計画は、毎年ニューヨークで開催される豪華なファッションイベント、メットガラで、世界で最も価値のあるネックレスを盗むというものです。

デビーは、ケイト・ブランシェット演じる古い友人ルーを始めとする7人の女性たちを集め、それぞれが特殊技能を持つこのチームと共に、計画を実行に移します。チームメンバーには、ジュエリー製作者、ファッションデザイナー、ハッカー、詐欺師、物流の専門家が含まれます。

計画の鍵となるのは、アン・ハサウェイ演じる有名な女優ダフネ・クルーガーを利用して、高価なネックレスをメットガラで着用させることです。デビーたちは、緻密な計画と完璧なタイミングでネックレスを盗み出し、計画を成功させます。しかし、この映画はただの強盗劇にとどまらず、デビーの計画には、彼女を裏切った過去の恋人への復讐も含まれています。

最終的に、デビーと彼女のチームは警察の疑いを完全に逃れ、豪華な報酬を手に入れます。『オーシャンズ8』は、鮮やかなハイストアクション、鋭いウィット、そして強烈な女性キャストによるパワフルなパフォーマンスが見どころの映画です。

スポンサーリンク

オーシャンズ8:キャスト

キャラクター名俳優名役割
デビー・オーシャンサンドラ・ブロック計画のリーダー、ダニー・オーシャンの妹
ルーケイト・ブランシェットデビーの長年の友人で、計画の共同コンスピレーター
ダフネ・クルーガーアン・ハサウェイメットガラの主賓である有名な女優
アミータミンディ・カリングジュエリー製作の専門家
ナイン・ボールリアーナチームのハッカー
コンスタンスアクアフィナ巧みな詐欺師
タミーサラ・ポールソン物流の天才
ローズ・ウェイルヘレナ・ボナム・カーター落ちぶれたファッションデザイナー
スポンサーリンク

オーシャンズ8:古着なのの意味

『オーシャンズ8』において「古着なの」というセリフですが、映画の中で、ファッションは重要な要素の一つであり、特にこの映画がメットガラという世界最大級のファッションイベントを盗みの舞台としているため、衣装やスタイルには特に注目が集まります。

「古着なの」というフレーズは、キャラクターが自分のスタイルやアイデンティティを表現するために意図的に古着を選ぶ場面があるかもしれません。または、他のキャラクターとの社会的または経済的な立場の違いを示すために使われる場合もあります。

しかし、映画の流れの中では自然なジョークで言ったように自分は感じました。

オーシャンズ8:キャスト俳優が死亡?

『オーシャンズ』シリーズのキャストメンバーの中で、死亡した俳優にはバーニー・マックがいます。彼は『オーシャンズ11』、『オーシャンズ12』、『オーシャンズ13』にフランク・キャットン役で出演していましたが、2008年に肺炎の合併症で亡くなりました 。また、ソール役のカール・ライナーも、2020年に98歳で自然死しました 。

これらは『オーシャンズ』シリーズのオリジナル作品に関連する俳優の訃報であり、『オーシャンズ8』のキャストに直接関係はありませんが、シリーズ全体として重要なメンバーでした。

オーシャンズ8:不仲説

『オーシャンズ8』の撮影中に、アン・ハサウェイとケイト・ブランシェットの間に不仲の噂があったと報じられています。これは、海外のエンターテイメントメディアなどが取り上げたもので、二人が口論になったという情報があります。

しかし、こうした噂は必ずしも事実を反映しているわけではなく、映画のプロモーションやキャスト間の実際の関係性について誤解を生む可能性もあります。また、撮影やプロモーションの多くでキャストたちが仲良くしている様子も多く見られ、特に『オーシャンズ8』のキャストは撮影時にグループチャットで交流していたほど仲が良かったとも言われています。したがって、公表されている情報のみに頼らず、こうした噂には慎重に接することが重要です。

 

オーシャンズ8:バンクシー 本物?

『オーシャンズ8』では、ストーリーの重要な要素の一つとしてバンクシーの作品が登場します。映画内で登場するバンクシーの作品について、「本物か?」という疑問が生じるのは自然なことですが、映画制作においては実際のアーティストの作品を直接使用することは複雑な権利関係や許可が必要になるため、多くの場合、映画のために作られたレプリカやオマージュ作品が使用されます。

バンクシーは匿名性を保持して活動している世界的に有名なストリートアーティストで、彼の作品は政治的かつ社会的なメッセージを含むことが多く、世界中で高く評価されています。『オーシャンズ8』の中でバンクシーの作品がどのように扱われているかは映画を見ることでのお楽しみの一つですが、映画内で「バンクシーの本物の作品が使用されているか」という点に関しては、作品が映画のために特別に制作されたものである可能性が高いです。

また、映画が公開されるにあたり、特定のアーティストの作品を使用する際には、そのアーティストやその代表作品の権利を持つ人物との間で合意がなされ、適切な許可が得られていることが一般的です。バンクシーのように匿名で活動するアーティストの場合、その扱いはさらに特殊なものになります。従って、映画で見られる作品が「本物」かどうかよりも、その作品が映画の物語やテーマにどのように貢献しているかが重要な観点となるでしょう。

オーシャンズ8:見せたかったな

『オーシャンズ8』のラストでサンドラ・ブロックが演じるデビー・オーシャンが「見せたかったな」と述べるセリフは、彼女の兄であるダニー・オーシャンに対しての感情を示しています。

このセリフは、デビーが成功した大胆な計画とその成果を、彼女が尊敬し、愛してやまない兄ダニーに見せたかった、という願望を表しています。『オーシャンズ』シリーズの主人公であるダニー・オーシャンは、『オーシャンズ8』の時点で故人とされていますが、彼の遺産と彼への敬意は物語全体を通じて重要なテーマとなっています。

デビーのこのセリフは、彼女が兄の遺志を継ぎ、自分自身もまた一流の犯罪マスターマインドであることを証明したいという内面的な動機を示唆しています。同時に、これは兄に対する愛情の深さと、彼がまだ生きていれば彼女の成功をどのように感じたかについての彼女の思いを表しています。

このセリフは映画の終わりに向けて感情的な重みを加え、観客にデビーの個人的な動機と彼女が直面する感情的な課題に対する洞察を与えます。

オーシャンズ8:メットガラ~セレブ

『オーシャンズ8』の中で、メットガラ(Met Gala)は物語の中心的なイベントとして描かれており、その華やかな場面は多くの本物のセレブリティがカメオ出演することでさらに豪華なものになっています。メットガラは実際にニューヨークで毎年開催されるファッション界の大イベントで、有名デザイナーの作品を身にまとったセレブリティが多数出席します。

映画のこの部分は、実際のメットガラの雰囲気を再現するために、いくつかの有名人が彼ら自身の役で出演しています。これらのセレブリティのカメオは、映画にリアリティと華やかさをもたらし、観客が実際のメットガラの雰囲気を味わえるようにする重要な要素です。

出演したセレブリティには、アンナ・ウィンター(Vogueの編集長であり、メットガラの実質的な主催者)、さらにはキム・カーダシアン、ケンダル・ジェンナー、ケイティ・ペリー、リアーナ、そして多くのモデルやファッション界の著名人が含まれます。これらのセレブリティのカメオ出演は、デビー・オーシャンとそのクルーがメットガラで高価な宝石を盗む計画を実行するという映画の主要な筋書きと絡み合っています。

『オーシャンズ8』では、これらのセレブリティたちがメットガラのシーンに自然な形で登場し、映画の物語に現実世界からの豊かな要素を加えています。セレブリティたちの参加は、映画が描くファッション界の華やかさや、その背後にある複雑さをよりリアルに感じさせるのです。

オーシャンズ8:考察

『オーシャンズ8』は単なる犯罪コメディ映画以上の深いテーマとメッセージを含んでいます。ここでは、映画のいくつかの面から考察を深めてみましょう。

女性の力

最も明白なテーマは女性のエンパワーメントです。デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)をはじめとする8人の女性が、それぞれ異なるスキルを持ち、男性が主導する犯罪世界で巧みに計画を遂行します。これは、多様な背景を持つ女性たちが協力し合い、困難を乗り越えることができるという強力なメッセージを送っています。

家族と友情

デビーの計画はただの盗み以上の意味を持っています。彼女にとって、この計画は兄であるダニー・オーシャンへのオマージュであり、彼女自身の才能を証明する機会でもあります。チームメンバー間の絆と互いに対する信頼は、家族のような関係性を築き上げ、成功に不可欠な要素となります。

ファッションとアイデンティティ

メットガラという世界的なファッションイベントを背景にすることで、外見やスタイルがいかにして人々のアイデンティティや自己表現に関わってくるかを浮き彫りにしています。映画は、ファッションがただの装飾以上のものであること、自己表現の手段であることを示しています。

システムへの批判

この映画は、見せかけの華やかさの裏で動く権力や金銭の動きを批判しています。メットガラというイベントを通して、富と地位がいかに社会的な見方や個人間の関係性に影響を与えるかを探っています。デビーたちの計画は、そのようなシステムに対する小さな反逆とも言えます。

メディアの役割

映画では、メディアが事件やセレブリティのイメージ形成にどのように関与しているかも示唆しています。メットガラのようなイベントは、メディアによって世界中に配信され、公衆の意見形成に大きな影響を与えます。デビーたちはこの事実を利用し、計画の成功につなげます。

犯罪映画の再解釈

最後に、『オーシャンズ8』は犯罪映画のジャンルに新たな視点を提供します。女性だけのチームが中心となることで、従来の「犯罪は男の世界」というステレオタイプに挑戦し、新しい物語の可能性を開きます。

これらの考察から、『オーシャンズ8』が単に楽しいハイスト映画ではなく、さまざまな社会的テーマや現代の問題を巧みに織り交ぜながら、観客に考えるきっかけを提供していることがわかります。

オーシャンズ8:カメオ

『オーシャンズ8』には、実際のセレブリティやファッション業界の著名人が多数カメオ出演しており、映画のリアリズムと魅力を高めています。メットガラのシーンでは、これらの有名人が彼ら自身として登場し、映画に華やかさと説得力を加えています。以下は、映画にカメオ出演したいくつかの著名人です。

ファッション業界からのカメオ

  • アンナ・ウィンター: 米国版『Vogue』の編集長であり、実際のメットガラの主催者です。
  • アンドレ・レオン・タリー: かつて『Vogue』アメリカ版の編集者だったファッション界の重鎮。
  • ヴァレンティノ・ガラヴァーニ: 世界的に有名なイタリアのファッションデザイナー。
  • アレキサンダー・ワン: アメリカのファッションデザイナー。

セレブリティからのカメオ

  • キム・カーダシアン・ウェスト
  • カイリー・ジェンナー
  • ケンダル・ジェンナー
  • ケイティ・ペリー
  • リアーナ (リアーナはメインキャストの一員でもありますが、彼女自身としても登場します)
  • ヘイディ・クルム
  • セリーナ・ゴメス

これらのカメオ出演は、映画が現実のファッションとセレブリティ文化をどのように反映しているかを示しています。特に、メットガラのシーンでは、これらの著名人が実際に出席しているかのような雰囲気を作り出しており、観客に現実とフィクションの間の境界をぼやけさせる体験を提供します。

 

 

オーシャンズ8:ダニー死亡?

『オーシャンズ8』の冒頭で、ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニーが演じたキャラクターで、『オーシャンズ』シリーズの以前の映画で中心的な役割を担っていた)が死亡していることが示されます。この映画では、彼の墓石が映し出され、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック演じる)が兄の墓前で静かな時間を過ごすシーンがあります。

ダニーの「死亡」は、『オーシャンズ8』の物語において重要な背景となっており、デビーが自身の犯罪キャリアを再開し、史上最大の宝石強盗計画を立てるきっかけの一つとなります。しかし、映画を通じて、ダニーの死に対する疑念や、彼が実際には生きているのではないかという暗示も散見されます。特に、デビーが墓石の前で「あなたがここにいないことを願っているわ」と言うシーンでは、ダニーが偽装死をしている可能性を示唆するようなニュアンスがあります。

『オーシャンズ』シリーズ全体を通じて、詐欺や偽装、アイデンティティの隠蔽などがテーマとして頻繁に登場します。これらの要素は、ダニー・オーシャンのキャラクターにとっても中心的なものであり、彼の「死」に関する真相が観客にとっても不透明なままになっていることは、シリーズのトリックスター精神を反映しています。

結局のところ、『オーシャンズ8』はダニー・オーシャンの死を確固たる事実として扱いつつも、彼の精神が物語全体に影響を与えていることを示しています。デビーとその仲間たちの行動は、ダニーの遺産へのオマージュであり、彼らが築き上げた家族の絆の強さを象徴しています。

オーシャンズ8:結末

『オーシャンズ8』の結末は、緻密な計画とチームワークによる大胆なハイストの成功に焦点を当てています。物語のクライマックスでは、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック演じる)と彼女のチームは、ニューヨークで開催される毎年恒例のファッションイベント、メットガラで、価値が計り知れないジュエリーを盗む計画を実行します。

計画は、メットガラの主賓であるダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ演じる)が着用する価値150ミリオンドルのカルティエのネックレスを盗むことです。彼女たちは、各自の特技を活かしながら、警備、技術的な障壁、そしてゲストの注意を巧みに逸らすことに成功し、計画を完璧に遂行します。

最終的に、デビーたちは盗んだジュエリーをさらに巧妙に分割して売却し、その利益をメンバー全員で分け合います。しかし、映画はただのハイスト成功話に終わらない重要なひねりを用意しています。デビーは、かつて自分を裏切り、投獄される原因を作った元恋人であるクロード・ベッカー(リチャード・アーミティッジ演じる)に、巧妙に罪を着せます。FBIはクロードを逮捕し、デビーと彼女のチームは完全にスコットフリーとなります。

映画の最後のシーンは、デビーが兄のダニー・オーシャンの墓前で、彼らの成功を彼に報告する様子を描いています。「見せたかったな」というセリフを通じて、デビーはダニーへの敬意と愛情を示し、兄が彼女の偉業に誇りを持っていたであろうことを示唆します。ここで、映画は家族、忠誠心、そして復讐を越えた解放のテーマを強調しながら終わりを告げます。

オーシャンズ8:ネタバレ

『オーシャンズ8』は、高度に計画された宝石強盗を描いた犯罪コメディ映画で、豪華キャストと巧妙なプロットで観客を魅了しました。以下に、主要なプロットポイントとネタバレを含む物語の流れを紹介します。

物語の開始

  • 映画は、デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が仮釈放の聴聞会で、更生したと主張するシーンから始まります。彼女は、ダニー・オーシャン(『オーシャンズ』シリーズの中心人物)の妹です。

計画の立案

  • 釈放された後、デビーは直ちにかつての犯罪パートナーであるルー(ケイト・ブランシェット)と再会します。二人は、ニューヨークのメットガラで展示されるカルティエのネックレスを盗む計画を立てます。
  • この計画を成功させるため、彼女たちはジュエリー製作者のアミータ(ミンディ・カリング)、ハッカーのナイン・ボール(リアーナ)、詐欺師のコンスタンス(アクアフィナ)、物流担当のタミー(サラ・ポールソン)、そしてファッションデザイナーのローズ・ウェイル(ヘレナ・ボナム・カーター)を募集します。

実行

  • チームは、メットガラの主賓である女優ダフネ・クルーガー(アン・ハサウェイ)を利用して、彼女がカルティエのネックレスを着用するよう仕向けます。
  • 事件当夜、彼女たちは巧みにセキュリティシステムを回避し、ネックレスを盗み出します。しかし、計画はさらに複雑で、盗んだネックレス以外にもメットガラに展示されていた他の貴重なジュエリーを盗むことに成功します。

結末

  • デビーはこの計画を通じて、自分を裏切り刑務所に送り込んだ元恋人クロード・ベッカー(リチャード・アーミティッジ)に復讐します。彼女は巧妙にクロードを罠にはめ、彼が犯罪の首謀者であるかのように見せかけます。
  • その結果、クロードは逮捕され、デビーと彼女のチームはスコットフリーとなります。彼女たちは盗んだ宝石を売り払い、その利益を分け合います。
  • 映画の最後のシーンでは、デビーが兄ダニーの墓前で彼に敬意を表しながら、計画の成功を祝います。

『オーシャンズ8』は、スリル満点のハイスト、予期せぬツイスト、そして個性豊かなキャラクターの魅力で、『オーシャンズ』シリーズの新たな章を飾る作品となりました。

オーシャンズ8:吹き替えがひどい?

映画『オーシャンズ8』の日本語吹き替え版に関して「ひどい」と感じる声があることは、吹き替え作品に対する意見が分かれる一例です。吹き替え版に対する評価は、視聴者の個人的な好み、オリジナルの声優に対する愛着、吹き替えの演技や翻訳に対する期待など、さまざまな要因によって左右されます。

吹き替えに対する批判の一般的な理由

1. 演技や声質の違い: オリジナルの俳優と吹き替え声優の演技スタイルや声質が大きく異なる場合、視聴者は違和感を覚えることがあります。
2. 翻訳の自然さ: ダイアログの翻訳が不自然であるか、文化的なニュアンスが失われている場合、その影響で映画の魅力が半減してしまうことがあります。
3. 口の動きとの同期: 映像と音声が完全には同期していない場合、視聴体験が損なわれる可能性があります。
4. キャラクターへの期待との乖離: 特定のキャラクターに対する視聴者の期待と吹き替え声優の解釈が異なる場合、不満が生じることがあります。

オーシャンズ8:キャストが豪華

『オーシャンズ8』は、豪華なキャストで知られる犯罪コメディ映画です。このスピンオフ作品では、サンドラ・ブロックを筆頭に、ケイト・ブランシェット、アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング、サラ・ポールソン、アクアフィナ、リアーナ、ヘレナ・ボナム・カーターという著名な女優たちが、主要な役割を演じています。彼女たちはそれぞれが特異なスキルを持つキャラクターを演じ、ニューヨークのメットガラでの大胆な宝石強盗を計画し、実行します。

  • サンドラ・ブロックはデビー・オーシャン役で、彼女はこの計画のリーダーであり、ダニー・オーシャンの妹です。
  • ケイト・ブランシェットはルー役で、デビーの古い友人であり、計画の共同コンスピレーターです。
  • アン・ハサウェイはダフネ・クルーガー役で、彼女はメットガラで中心的な役割を果たす有名な女優です。
  • ミンディ・カリングはアミータ役で、彼女はジュエリー製作の専門家です。
  • サラ・ポールソンはタミー役で、彼女は家庭を持つ一方で、物流の天才でもあります。
  • アクアフィナはコンスタンス役で、彼女は巧みな詐欺師です。
  • リアーナはナイン・ボール役で、彼女はチームのハッカーです。
  • ヘレナ・ボナム・カーターはローズ・ウェイル役で、落ちぶれたファッションデザイナーです。

この映画のキャストは、それぞれが異なるバックグラウンドを持つキャラクターを演じ、独自の才能をスクリーン上で披露しています。各キャラクターの個性がストーリーに深みを加え、計画の実行過程で見せるチームワークは、映画の見どころの一つとなっています。さらに、メットガラのシーンでは実際のセレブリティがカメオ出演しており、映画の豪華さをさらに引き立てています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事