「ペントハウス」netflixおすすめドラマ韓国ドラマ~あらすじ・感想・伏線・考察!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

「ペントハウス」
ユニが子供の学校の事で呼び出され、自分の学生時代の事件と被ってくるシーンが衝撃的でした。
これは今後親子ともに汚名を挽回できるのか、いや絶対にそうなって欲しいと、とても注目していきたい出来事でした。
また、ヘラパレスにソラという若い家庭教師が入り込むのも、何か目的がありそうで気になる存在でした。

「ペントハウス」の伏線・考察・見どころについて解説します。

原作・制作: チュ・ドンミン, キム・スノク
出演: イ・ジア, キム・ソヨン, ユジン, オム・ギジュン, ユン・ジョンフン, シン・ウンギョン, ポン・テギュ, パク・ウンソク, ユン・ジュヒ, キム・ヒョンス, キム・ヨンデ, イ・テビン, チン・ジヒ, チェ・イェビン, ハン ジヒョン, パク・ホサン, オン・ジュワン
スポンサーリンク

ペントハウスの見どころ①衝撃的な始まり

ソウルの高級住宅「ヘラパレス」から、ある若い女性が転落していきます。
ちらっと彼女を押す2本の腕が見えるのは、いったい何が起こっていたのか、とても引きつけられる始まりでした。
しかし、ドラマはその2か月前からさかのぼって始まります。
不動産業界で頑張るシングルマザーのユニは、首に傷を持っているのでいつもスカーフで隠しています。
一人娘のロナは声楽の道に進みたいのに、ユニはヒステリックに反対するのはどうしてなのか気になるスタートでした。
チョンア芸術高校を目指す生徒たちは、お互いにライバル心向き出してもうバチバチなのがすごいです。
今後大きなトラブルが勃発しそうな勢いなのです!

スポンサーリンク

ペントハウスの見どころ②ヘラパレスの住人たち

超高級住宅に住む各家族は見栄と欲望が渦巻いているのが見て取れ、まるで上流階級の世界を描いた韓国ドラマ「SKYキャッスル」を彷彿とさせる始まりにゾクゾクさせられるのでした。
ここでは人気ソプラノ歌手ソジンが幅を利かせている様子で、自分の子供に彼女の指導を受けさせたいサンアやマリが競いながら媚びへつらう様子が面白いです。
そして夫婦同伴での食事会でも、妻同士だけでなく夫たちの様子からも、お互いの事をけん制し合ったり駆け引きをしてみたり、そんな夫婦間の確執なども見られるので、高級なものを身にまとったお金持ちの人達の、これからの人生ドラマに大きな波乱が巻き起こりそうな予感がプンプンして来ます。
また、権力者が弱き者を打ちのめす構図もこういったドラマの定番で嫌な感じですが、それをどう主人公らが立ち向かっていくのかも大きな見どころです。

スポンサーリンク

ペントハウスの見どころ③チョンア芸術高校のトロフィー

ソプラノ歌手ソジンの家に飾っているチョンア芸術高校時代のトロフィーを囲んでの、サンアとマリの会話に注目です。
2人の話をただだまって聞くだけのソジンの鋭い目つきが気になります。
そしてこの話から、ソジンとユニが過去に繋がっていそうだと分かって来ます。
最初のシーンで、ユニが声楽を頑なに拒絶することから、とても辛い出来事があったのだろうと推察され、その詳細が徐々に分かるのを興味津々で観て行けます。
更にユニの娘ロナの思いもかけない行動から、ソジンとの予期せぬ再会となってしまうので、ここからユニとロナの反発していた関係も大きく変化していくので、これからのソジンとの対決が楽しみとなります。

スポンサーリンク
おすすめの記事