「いつかの君に」難しいと感じる時系列~ヨンジュンがイケメンなNetflix韓国ドラマ!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『いつかの君に』は、タイムスリップと運命の糸が絡み合う韓国ドラマ。

過去と現在が交差する中で、ハン・ジュニ/クォン・ミンジュは自身の内面と向き合い、失われた愛と新たな感情の間で揺れ動きます。『いつかの君に』は、時空を超えた愛の物語を描いています。

スポンサーリンク

いつかの君に:あらすじ

『いつかの君に』は、時を超えたロマンスを描いたドラマです。2023年のハン・ジュニは、1年前に亡くなった恋人、ク・ヨンジュンの死をまだ乗り越えられずにいます。ある日、彼女は謎のカセットテープを手に入れ、そのテープを再生した瞬間、1998年の世界に吸い込まれます。

 

この1998年の世界では、ハン・ジュニはクォン・ミンジュという名の、全く違う性格を持つ孤独な女子高生として生きています。彼女は内気で友達がいない反面、ハン・ジュニ自身とは正反対の性格をしています。そこで、彼女はナム・シホンという青年に出会います。ナム・シホンは、彼女が亡くなった恋人ク・ヨンジュンと瓜二つの外見を持っています。

 

また、チョン・インギュという青年も登場します。彼はナム・シホンの親友で、クォン・ミンジュに恋心を抱いていますが、友情と恋愛の間で葛藤しています。

 

『いつかの君に』は、過去と現在、そして運命のいたずらが織りなす愛の物語を描いています。ハン・ジュニ/クォン・ミンジュがタイムスリップを通じて自分自身と向き合い、過去の恋と現在の心情の間で揺れ動く姿が、心を打つストーリーになっています。

 

スポンサーリンク

いつかの君に:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
チョン・ヨビンハン・ジュニ2023年の世界で恋人を失い、タイムスリップにより1998年のクォン・ミンジュとして生きる
クォン・ミンジュ1998年の世界の孤独な女子高生で、ハン・ジュニとは対照的な性格
アン・ヒョソプナム・シホン外向的な性格の高校生で、ハン・ジュニの亡き恋人と瓜二つの外見を持つ
カン・フンチョン・インギュナム・シホンの親友であり、クォン・ミンジュに恋心を抱く
ソ・イェファソ・ナウンハン・ジュニの会社の同僚
イ・ランソスルギハン・ジュニの会社の後輩
キム・ヒチャンビョンリュルハン・ジュニの会社の上司
イ・ジハスギョンナム・シホン(ク・ヨンジュン)の母
スポンサーリンク

いつかの君に:ヨンジュン

ヨンジュンはエピソード1のシーンで、「1年間だけアメリカで働きたい」と言うジュニに対して、「少しでも離れたくない」と強く言っていますが、それこそが(この作品のテーマである)ジュニに貫き通した壮大な愛の気持ちを表しているのだと、全部を観終わった後で見るとしみじみと感じさせられます。

ヨンジュンを演じているのがアン・ヒョソプさんで、ドラマ「社内お見合い」ではイケメンでクールなCEO役を演じていたのが記憶に新しいです。

しかし本作では、全く違う雰囲気で演じられているのが興味深くて、爽やかな高校生から愁いを帯びた成人の男性役までしっかりと演じ分けられているのが良い感じでした。

さて最初に登場した”ヨンジュンとは何者なのか?”これは後半になって『ああそう言う事だったのか!』と分かってくるので、それまではこの登場人物達の魂が時空を超えて行き来していくドラマティックな過程を、しっかりと把握しながら観て行って欲しいと思います。

いつかの君に:難しい

魂が現代と過去を行き来し、それが後半になる程に意外な人物までがタイムスリップしてしまうので、難しく感じてしまうかもしれません。

最初に1998年の女子高生のミンジュや同級生のシホンとインギュの日常が描かれていたり、現在は大人のジュニやヨンジュンの様子が描かれていたりと、最初にそれらがどう関連しているのかなぁ?とちょっと悩んでしまいます。

更に杖を突いた男性の陰があったり、古いカセットプレーヤーとテープが送られてきてそれを聴いたジュニの魂が過去に生きるミンジュの中に入ります。

すごく謎多き始まりですが、タイムスリップのキーワードは『このプレーヤーと音楽と同じ顔をもつ人物』なので、血縁関係は全くない事も頭に入れておかないと余計に難しく感じてしまいそうです。

 

いつかの君に:時系列

前半ではジュニの魂がミンジュの中に入って、彼女とシホンとインギュの関係やクラスメイトとの関係から、もともとのミンジュの性格も表され、それぞれの微妙な恋心も分かって来ます。

ジュニの魂に惹かれ出すシホン、ここから2人の長い恋がスタートするのです。また、現在のミンジュの叔父からミンジュは誰かに殺された話を聞いたので、3人で犯人探しを始めます。

中盤では、ミンジュの様子が本人とは違っているのが2人にも感じられるようになったり、周りに自分の素性を語ったりするので、事が動き出す様子にワクワクします。

後半からジュニだけでなく他にも色々と魂が行き来するのでややこしくなって来るので、自分でも時系列のメモを取りながら観て行くと良いかと思います。結局家族でアメリカに渡ったシホンは、帰国後あの音楽を聴きながらバス事故に遭ってしまい、目覚めると”ヨンジュン”という全く知らない人物の中に入って目覚めます。

そこからジュニに出会って恋人となるまでの長い苦労が始まります。そして念願の恋人同士となり、冒頭の飛行機事故にまで繋がって行くのです。そして飛行機事故に遭ったシホンの魂は、過去のバス事故の自分の身体に戻ります。

なので現代に現われたシホンは杖をついているのですね。そして、アメリカに仕事で行ったジュニを追い飛行機に乗ろうとするヨンジュン(シホン)を救いに彼の前に杖をついたシホンが現われます。

このエピソード9でのヨンジュンの腹をくくった男らしい言葉に泣けてしまいます。ここで疑問に思うのが、同じ時空にシホンが2人いるのは大丈夫なのか?なのですが、私が考えるに魂は同じでも物質的にはヨンジュンとシホンが居るだけ、また、過去にジュニが来た時も子供のジュニが同時に存在していましたが、ミンジュの中に入っているから、矛盾はなさそうに思っています。事故後シホンは陰でミンジュの事件の真相を調べ続けていました。

そしてジュニも過去に戻ってミンジュを何度も助けようとしますが上手く行きません。最後に犯人が分かり事件の真相が明白となって来るシーンはサスペンス感MAXで、どんな結末となるのかハラハラのし通しでした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事