『スキップとローファー』みつみと志摩は付き合うの?りりかの複雑な心境!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『スキップとローファー』は、石川県の過疎地出身で、過疎対策のために官僚を目指す高校生・岩倉美津未の物語です。上京して進学校に入学した彼女は、初日からトラブルに見舞われますが、クールで人気のあるクラスメイト・志摩聡介と出会い、彼と共に学校へ向かいます。この出会いが、美津未の学校生活と将来の夢に大きな影響を与えることになります。

スポンサーリンク

スキップとローファー:キャスト

出演: 黒沢ともよ, 江越彬紀, 寺崎裕香, 内田真礼, 潘めぐみ
スポンサーリンク

スキップとローファー:りりか

西城梨々華(りりか)は岩倉美津未(みつみ)たちとは違う高校の生徒ですが、志摩聡介とは子役時代からの付き合いがありました。しかし、時折登場するりりかは志摩に対してどこかつんけんしていていつも上から目線なのがどうしてなのか気になっていました。それは子役時代の出来事が発端でした。

仕事が終わった後の打ち上げで、志摩はついて来るなと言ったにも関わらずりりかはその飲み会の場について行ってしまって、世間では小学生の飲酒疑惑が持ち上がっていたのでした。その為仕事はクビになりましたが、現在は人気モデルとして活躍しています。

後半では、みつみらの文化祭に来た時に志摩のお母さんと出会い「また自分のために演じさせるの?」と厳しい口調で攻めていました。志摩親子に対して恨みを持っている言動が多いのですが、裏では子役時代の事も自分が悪かったと分かっているものの、自分の前ではしんどそうな顔をしているくせにキラキラしている今の志摩を見ているのが悔しいという複雑な心境みたいです。

スポンサーリンク

スキップとローファー:みつみ~志摩

最初のみつみと志摩の出会いから笑わせてくれました。田舎から東京に出てきたみつみが、変な自信のまま電車で学校に向かいましたがやっぱり迷子となり、そこを助けてくれたのが志摩くんでした。

遅くなっちゃって入学式をさぼろうと思っていた志摩に、早速良い刺激を与えるみつみなのでした。この関係性はストーリーが進んで行っても、時には楽しく時には切なく良い感じに続いて行きます。

みつみの田舎育ちで独特な感性が、周りに(観ているこちらにも)笑いと良い刺激を提供してくれるのが秀逸でした。その志摩の方は周りの人に対していつもソフトな笑顔で、当たり障りのない対応をしがちなイケメン男子高校生です。

そんな彼がみつみの事を気に入り何かと声を掛けるようになり、段々と周りに仲間も出来てきて志摩の高校生活がにぎやかになって行きます。みつみは志摩が今の同級生には隠してきた子役だった事など、結構親密な話もし合う仲になっていくので、今後2人は恋愛に発展するのか次第に気になって来ます。

みつみは志摩と指切りした後で、その小指がピリピリする感覚を『なぜなのか・・』と不思議に思う所を見ていると、やっぱりちょっと恋には奥手な気がしています。

スキップとローファー:付き合う

アニメではエピソード12までありますが、みつみと志摩とが付き合うのかどうか気になりましたが、そこまでのシーンはまだ描かれていませんでした。

漫画の方では「お試し」で付き合う事になったり、物語はどんどん進んでいるようなので、早くシーズン2ができる事を願っています。アニメでは文化祭が無事終わり、確執のあったりりかに志摩はやっと自分の正直な気持ちを伝えられたのと、自身の事に向き合えるようになった志摩の心の成長が見られたストーリーでした。みつみを見つめる志摩の態度を見ていると、恋というよりも先ずはみつみの人間性に惹かれている感じがしています。

スポンサーリンク
おすすめの記事