ナバロンの要塞は実話か?あらすじネタバレ~大砲が絡むドラマに息をのむ!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ナバロンの要塞』は、アリステア・マクリーンによって1957年に発表された第二次世界大戦を題材とした冒険小説で、1961年に映画化されました。物語は架空のケロス島とナバロン島を舞台に展開し、イギリス軍の2,000名がドイツ軍に囲まれ孤立した状況からの脱出を試みる過程を描いています。

小説版の概要によると、物語の中心はナバロン島に設置された2門の巨大な砲台を破壊することにより、孤立したイギリス軍を救出するというものです。ナバロンの砲台は難攻不落とされ、多くの連合軍の攻撃を跳ね返してきました。最終的には世界的な登山家であるキース・マロリー大尉が率いる特別部隊が、不可能とされた断崖を登り、島に侵入して砲台を破壊する任務に挑みます。

映画版では、グレゴリー・ペックがマロリー大尉を演じ、デヴィッド・ニーヴンが爆薬の専門家、ミラー伍長を演じています。この映画は、戦闘シーンよりもアクション・冒険要素と人間ドラマに重点を置いており、「戦争と人間」というテーマに挑戦しています。

スポンサーリンク

ナバロンの要塞は実話?

『ナバロンの要塞』は、アリステア・マクリーンによって書かれた小説で、後に映画化された作品ですが、実際に第二次世界大戦中の具体的な事件に基づいているわけではありません。物語に登場するケロス島やナバロン島は架空の場所で、実在の地名や戦闘に基づいているわけではないとされています。ただし、作者は第二次世界大戦のさまざまな要素を取り入れ、それらを元に創作した冒険小説・戦争小説としています​。

小説は戦記物や実録秘話の体裁をとっていますが、実際に行われた戦闘について述べる際に参照するのはドデカネス諸島戦役などの実際の歴史的背景であり、物語自体はフィクションです。この作品がリアリティを帯びているのは、マクリーンが戦時中の状況や技術、戦略などを巧みに取り入れたことによるもので、実際の歴史的出来事を元にしているわけではありません​。

したがって、『ナバロンの要塞』は実話に基づいているわけではなく、アリステア・マクリーンの創造力によるフィクション作品であると言えます。

スポンサーリンク

ナバロンの要塞:キャスト

名前職業/役割説明
キース・マロリー砂漠挺進隊大尉ニュージーランド出身の世界的な登山家。隊長として特別部隊を率いる。
アンドレアギリシャ陸軍の元中佐マロリーとクレタ島で後方撹乱戦を行っていた。
ミラー陸軍伍長爆薬と破壊工作の専門家。アメリカ人で、通称「フケツ」(Dusty)。
スティーブンズ海軍大尉登山家であり、特別部隊のメンバー。
ブラウン海軍電信兵曹船舶機関士の経験を持つ。特別部隊のメンバー。
ジェンセン海軍大佐後方撹乱作戦の指揮官。マロリーたちの任務を指示する。
ルーキナバロン島の連合軍協力者地元のレジスタンス活動家。
パナイスレジスタンス活動家ルーキと同じくナバロン島の連合軍協力者。

ナバロンの要塞は実話か

スポンサーリンク

ナバロンの要塞:あらすじ

『ナバロンの要塞』は、第二次世界大戦中のエーゲ海に浮かぶ架空のケロス島で孤立したイギリス軍の将兵2,000名を救出するための壮絶な任務を描いた物語です。この救出作戦は、南に位置するナバロン島に設置された2門の巨大な砲台を無力化しなければ不可能でした。これらの砲台は、ナバロン島の岩肌をくりぬいて作られた穴に設置されており、過去には連合軍の巡洋艦や駆逐艦を多数撃沈しています。そのため、この砲台を破壊することは、ケロス島からの脱出を可能にする唯一の方法でした。

イギリス海空軍は何度もナバロン島攻撃を試みますが、すべて失敗に終わります。時間がなくなりつつある中、最後の希望として世界的な登山家であるキース・マロリー大尉が率いる特別部隊が選ばれます。彼らは、ドイツ軍に警備されていないとされるナバロン島南面の断崖をよじ登り、島に侵入する極秘作戦を遂行することになります。

マロリー大尉のチームは、偽装した老朽漁船でナバロン島に到着し、嵐の中で断崖を登ります。彼らは、厳しい自然条件と戦いながら、ドイツ軍による厳重な警備をかいくぐり、要塞内に潜入することに成功します。しかし、彼らの行動がドイツ軍に筒抜けになっていることが明らかになり、任務の成功は一層困難なものになります。

ナバロンの要塞は実話か

ナバロンの要塞:大砲

『ナバロンの要塞』で重要な役割を果たす大砲は、架空のナバロン島に設置された2門の巨大な要塞砲です。これらの砲台は、イギリス軍がドイツ軍に包囲されたケロス島に孤立した2,000名の将兵を救出するために必ず通過しなければならない海域を射程に収めています。ナバロン島の大砲は、その位置と破壊困難な設計により、エーゲ海での連合軍の船舶の脱出路を完全に封じており、ケロス島のイギリス軍部隊の安全な脱出を事実上不可能にしていました。

これらの大砲は、岩肌をくりぬいて作られた穴の中に設置されているため、空からの爆撃や海上からの砲撃では破壊が困難です。この難攻不落の砦を無力化するため、キース・マロリー大尉を隊長とする特別部隊が組織されます。彼らの任務は、ドイツ軍の監視が手薄であるとされるナバロン島南面の断崖をよじ登り、島に潜入してこの巨大な要塞砲を直接破壊することです。

物語は、この特別部隊のメンバーたちが直面する困難や、彼らが展開する緻密な作戦、さらには彼らの間で育まれる友情や信頼に焦点を当てています。大砲を破壊するという目標は、彼らの勇気、知恵、そして協力が試される過酷な冒険へと彼らを導きます。『ナバロンの要塞』は、ただの軍事作戦を超えた、深い人間ドラマとしての側面も持っています​。

ナバロンの要塞:ハリソン・フォード

ハリソン・フォードは『ナバロンの要塞』の直接的な続編である『ナバロンの嵐』(Force 10 from Navarone)に出演しています。この1978年の映画は、アリステア・マクリーンの1968年の同名小説に基づいており、『ナバロンの要塞』の1961年の映画の続編となっています。ハリソン・フォードは、いくつかの異なる軍事専門家が敵の戦略に重要な橋を襲撃して破壊する任務に就く映画で、ロバート・ショウ、バーバラ・バック、エドワード・フォックスと共に主演しています 。

したがって、ハリソン・フォードは『ナバロンの要塞』と直接関連はありませんが、その世界観を共有する続編に出演しており、そのつながりを通じて関連しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事