ダヴィンチコードは気まずい?シラスやソフィーの正体とマグダラのマリア。意味がわからない!?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ダ・ヴィンチ・コード』は、ダン・ブラウンのベストセラー小説を原作とした、謎と陰謀が渦巻くスリリングな映画です。

トム・ハンクス主演で、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に隠された秘密と、キリスト教の歴史を巡る謎を解き明かす冒険が繰り広げられます。

この映画は、歴史的な謎と現代の陰謀論が絡み合う、心躍るストーリーテリングの傑作として、世界中の観客を魅了しました。

 

スポンサーリンク

ダ・ヴィンチ・コード キャスト一覧

役名俳優名
ロバート・ラングドントム・ハンクス
ソフィー・ヌヴーオドレイ・トトゥ
リー・ティービングイアン・マッケラン
アリンガローサ司教アルフレッド・モリナ
ベズ・ファーシュジャン・レノ
シラスポール・ベタニー
ヴェルネユルゲン・プロフノウ
コレ警部補エチエンヌ・シコ
ジャック・ソニエールジャン=ピエール・マリエール
セス・ガベルサム・マンキューゾ
スポンサーリンク

ダヴィンチコード:あらすじ

序盤:

映画は、ルーヴル美術館の館長ジャック・ソニエールが何者かに殺害される場面から始まります。彼は死の間際、奇妙な暗号とポーズを残します。ハーバード大学の象徴学の教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、パリで開かれた講演に招待されていましたが、ソニエールの死に関連して警察から尋問を受けます。

中盤:

ラングドンは、ソニエールの孫娘で暗号解読の専門家ソフィー・ヌヴー(オドレイ・トトゥ)と協力し、ソニエールが残した暗号を解読していきます。二人は、ソニエールがプリオリ・オブ・サイオンという古代の秘密結社の一員であり、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品に隠された「聖杯」の秘密を守っていたことを知ります。

終盤:

ラングドンとソフィーは、聖杯が実はイエス・キリストとマグダラのマリアの血筋を指し、ソフィーがその末裔であることを発見します。映画は、ラングドンがパリのルーヴル美術館の下にある聖杯の象徴的な場所を訪れるシーンで終わります。

スポンサーリンク

ダヴィンチコードは実話?

『ダ・ヴィンチ・コード』はダン・ブラウンによるフィクションの小説であり、ロン・ハワード監督による同名の映画もフィクションです。

しかし、物語は実際の歴史的人物、組織、文書、そしていくつかの実際の理論や概念を参照しています。これらの要素が組み合わさって、架空の物語が織り成されています。

 

例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画「最後の晩餐」や「モナ・リザ」、オプス・デイやプリオリ・オブ・サイオンといった組織は実際に存在します。

しかし、小説や映画で提示されるこれらの組織に関する陰謀論は、ダン・ブラウンの創造的な解釈であり、実際の歴史的事実とは異なります。

 

特に、イエス・キリストとメアリー・マグダレンの関係やその子孫に関する物語、聖杯の秘密などは、歴史的な証拠に基づいているわけではなく、小説のフィクションの範囲内で展開されるプロットです。

これらの要素は、多くの歴史家や専門家から批判されており、実際の歴史的事実とは見なされていません。

 

したがって、『ダ・ヴィンチ・コード』は実話に基づいているわけではなく、歴史的な要素を取り入れたフィクション作品として楽しむべきものです。

 

ダヴィンチコード:シリーズの順番

『ダ・ヴィンチ・コード』は出版順においては2番目に位置します。

しかし、物語の時系列では『天使と悪魔』が先行しています。以下は、ロバート・ラングドンシリーズの小説の出版順と時系列順です。

出版順:

  1. 天使と悪魔 (Angels & Demons) – 2000年
  2. ダ・ヴィンチ・コード (The Da Vinci Code) – 2003年
  3. インフェルノ (Inferno) – 2013年

物語の時系列順:

  1. 天使と悪魔
  2. ダ・ヴィンチ・コード
  3. インフェルノ

映画化された際には、『ダ・ヴィンチ・コード』が2006年に最初に公開され、その後『天使と悪魔』が2009年に公開されました。映画版では、いくつかのプロットの変更があり、特に『天使と悪魔』は、映画の中で『ダ・ヴィンチ・コード』の出来事の後に起こるように調整されています。

各作品は独立したストーリーを持っているため、出版順や時系列順に読む必要はありませんが、キャラクターの発展や参照される過去の出来事を理解するためには、出版順に読むことをお勧めします。

 

ダヴィンチコード:気まずいシーンは?

映画には、宗教的な信念に対する挑戦的な内容や、暴力的なシーンが含まれているため、一部の視聴者にとっては「気まずい」と感じる場面があるかもしれません。

 

ただ親と一緒に見て気まずくなるシーンはないと思います。

しいていえば、映画の中で描かれる秘密結社オプス・デイのシラスが裸で自分に鞭打つ自虐行為を気まずいと感じる可能性があります。

背中越しですが裸なので。。

 

ただし、これらのシーンがすべて人にとって気まずいわけではなく、映画の楽しみ方や受け取り方は個人によって大きく異なります。

 

ダヴィンチコード:ソフィー 正体

映画『ダ・ヴィンチ・コード』におけるソフィー・ヌヴーの正体は、彼女がメアリー・マグダレンの子孫であり、イエス・キリストの血筋を引いているというものです。

 

この映画では、ソフィーは暗号解読家であり、主人公ロバート・ラングドンと共に一連の謎を解き明かしていきます。

 

彼女の祖父であるジャック・ソニエールが残した暗号と手がかりをたどる中で、ソフィー自身が歴史的な秘密の鍵を握る人物であることが明らかになります。

この秘密は、映画の中心的なプロットの一つであり、キリスト教の伝統的な教えとは異なる、異端的な視点を提示するものです。

 

このため、映画は一部の宗教団体から批判を受けました。

 

ダヴィンチコード:儀式

映画『ダ・ヴィンチ・コード』では、いくつかの儀式が描かれていますが、特に注目すべきは、秘密結社オプス・デイのメンバーであるシラスが行う自虐的な儀式です。

この儀式は、キリスト教の過去の修道士たちが行っていたとされる「聖なる苦行」に基づいており、罪の贖いや霊的な清浄を目的としたものです。

 

映画の中でシラスは、シリスと呼ばれる鞭を使って自分の背中を打つ自虐行為を行います。

これは彼の罪の意識と贖罪の願いを象徴しており、映画のダークなトーンを強調する重要な要素です。

また、この儀式は映画の中でオプス・デイを非常に厳格で秘密主義的な組織として描くための手段としても使われています。

 

なお、実際のオプス・デイはこのような描写について否定しており、映画や小説での表現はフィクションであるとしています。

また、映画にはレオナルド・ダ・ヴィンチの絵画『最後の晩餐』に隠されたとされる秘密や、聖杯伝説に関連する儀式の解釈など、他にも多くの神秘的な要素が含まれています。

これらの要素は、映画の謎解きのプロットを進める上で重要な役割を果たしています。

ダヴィンチコード:シラス

『ダ・ヴィンチ・コード』におけるシラスは、作中で重要な役割を果たすキャラクターです。

彼はアルビノであり、オプス・デイ(Opus Dei)というカトリック教会内の実在する組織に属する修道士として描かれています。

映画では俳優のポール・ベタニーがこの役を演じています。

 

シラスは、プリオリ・オブ・サイオンという伝説の秘密結社のメンバーを追い詰め、彼らが守るとされるイエス・キリストとメアリー・マグダレンの子孫に関する秘密を暴こうとします。

彼は物語の中で、主人公ロバート・ラングドンとソフィー・ヌヴーが追う謎の多くに関わる暴力的な行動をとります。

 

シラスは、自分が行っていることが神の意志であると信じており、その信念のもとで自虐行為を含む厳しい宗教的慣行を行います。

彼のキャラクターは、信仰の名の下に行われる過激な行動と、宗教的な熱狂を描くための重要な要素となっています。

 

映画や小説におけるオプス・デイやシラスの描写は、実際のオプス・デイ組織とは大きく異なり、多くの批判を受けました。

実際のオプス・デイは、自虐行為や暴力を奨励するような組織ではないと主張しています。

『ダ・ヴィンチ・コード』におけるシラスのキャラクターは、あくまでフィクションの創作物であり、実在の人物や組織を直接的に反映しているわけではありません。

 

ダヴィンチコード:マグダラのマリア

『ダ・ヴィンチ・コード』におけるマグダラのマリア(メアリー・マグダレン)は、物語の中心的な謎の一つとして描かれています。

小説と映画の両方で、メアリー・マグダレンはイエス・キリストの最も重要な追随者の一人であり、彼の妻であったという理論が提示されます。

この物語では、彼女はイエスの子孫を産んだとされ、その血筋は秘密裏に現代まで続いているとされています。

 

ダン・ブラウンは、メアリー・マグダレンがキリスト教の歴史において意図的に悪役にされ、彼女の重要性が抑圧されたという理論を採用しています。

この理論によると、初期のキリスト教会は、教会の権威を強化し、女性の役割を制限するために、彼女のイメージを歪めたとされています。

 

物語の中で、メアリー・マグダレンは「聖杯」として象徴されています。

伝統的に聖杯はイエスの最後の晩餐で使われた杯とされていましたが、『ダ・ヴィンチ・コード』では、聖杯は実際にはメアリー・マグダレンと彼女が運んだイエスの血筋を指しているという解釈が提示されます。

この解釈により、聖杯の伝説は全く新しい意味を持つことになります。

 

このような描写は、キリスト教の伝統的な教えとは大きく異なるものであり、多くの議論を呼びました。実際の歴史的証拠や聖書の記述には、メアリー・マグダレンがイエスの妻であったという直接的な証拠はありません。

『ダ・ヴィンチ・コード』におけるメアリー・マグダレンの描写は、フィクションとして楽しむべきものであり、歴史的事実とは区別して考える必要があります。

 

 

天使と悪魔~ダヴィンチコードのつながり

『天使と悪魔』と『ダ・ヴィンチ・コード』は、ダン・ブラウンによって書かれた小説であり、両作品にはいくつかの共通点があります。

  1. 主人公: 両作品の主人公はハーバード大学の象徴学者ロバート・ラングドンです。彼は専門知識を生かして、複雑な謎や陰謀を解明する役割を担っています。

  2. プロットの構造: 両作品ともに、歴史的な謎、秘密結社、宗教的な象徴を巡る冒険を描いており、ラングドンが謎を解き明かす過程で危険な状況に直面します。

  3. 秘密結社: 『天使と悪魔』ではイルミナティ、『ダ・ヴィンチ・コード』ではプリオリ・オブ・サイオンとオプス・デイが重要な役割を果たします。これらの組織は、それぞれの物語において中心的な陰謀の一部となっています。

  4. 宗教と科学のテーマ: 両作品は宗教と科学の対立というテーマを探っています。『天使と悪魔』では、科学とカトリック教会の緊張関係が中心的なテーマであり、『ダ・ヴィンチ・コード』では、キリスト教の歴史に関する秘密が物語の核をなしています。

  5. 映画化: 両作品は映画化されており、トム・ハンクスがロバート・ラングドンを演じています。映画では、小説のプロットを基にしつつも、映画独自の解釈や変更が加えられています。

  6. 発表順序と物語の時系列: 出版された順番では『ダ・ヴィンチ・コード』が先ですが、物語の時系列では『天使と悪魔』が先行しています。映画化された際には、この順序が逆転し、『ダ・ヴィンチ・コード』が先に公開され、その後に『天使と悪魔』が公開されました。

これらの共通点により、両作品は同じ「ロバート・ラングドンシリーズ」として位置づけられており、同じ宇宙での出来事としてつながりを持っています。ただし、それぞれ独立した物語として読むことができ、直接的な続編というわけではありません。

 

ダヴィンチコード:意味がわからない!

『ダ・ヴィンチ・コード』は、多くの謎や暗号、歴史的な参照が絡み合った作品であり、その意味や内容が一見してわかりにくい部分があるかもしれません。

ここでは、物語の基本的なプロットと、それが持ついくつかの意味について簡単に説明します。

基本的

物語は、ルーヴル美術館の館長ジャック・ソニエールが殺され、彼の孫娘であるソフィー・ヌヴーと象徴学者のロバート・ラングドンが、ソニエールが残した一連の暗号を解読しながら真実を追求するというものです。

彼らは、キリスト教の歴史に関する一大秘密、特にイエス・キリストとメアリー・マグダレンの関係、そして「聖杯」の真実を探ります。

暗号と謎:

物語全体を通じて、古典的なアートワーク、歴史的な文書、建築物が暗号や手がかりとして使用されます。

これらの暗号は、古代の秘密結社や宗教的な謎に関連しており、読者や視聴者に対しても、主人公たちと一緒に謎解きをする楽しみを提供します。

宗教的・歴史的参照:

『ダ・ヴィンチ・コード』は、キリスト教の伝統的な教義や歴史的な解釈に疑問を投げかけます。

特に、イエス・キリストの人間性と神性、聖杯の伝説の真実、そして女性の役割と地位に焦点を当てています。

物語の意味:

この物語は、信仰、歴史、権力、そして知識の探求についての深い問いを投げかけています。

また、真実はしばしば権力や伝統によって隠され、時にはそれを見つけるためには深く掘り下げる必要があるというテーマを探っています。

結論:

『ダ・ヴィンチ・コード』の意味がわからないと感じるのは、その複雑なプロットと、実際の歴史や宗教的な要素とフィクションが混在しているためかもしれません。

物語の中で提示される情報や理論は、実際の歴史的事実とは異なる場合が多いので、フィクションとして楽しむことが重要です。

また、物語の中で提起される問いやテーマについて考えることで、より深い理解が得られるかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事