「すずめの戸締まり」泣ける!気まずいシーンや感動ポイントは?今はどんなに悲しくても・・

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『すずめの戸締り』は、2022年に公開された新海誠監督による日本のアニメーション映画です。この作品は、日本各地の廃墟に点在する災いの出口「扉」を閉じていく少女・岩戸鈴芽の解放と成長を描いたロードムービーです。

物語は、宮崎県の静かな町で叔母・岩戸環と暮らす17歳の女子高校生・岩戸鈴芽が、不思議な扉との遭遇から始まります。ある日、彼女は古い扉を見つけ、その扉を閉じる「閉じ師」の青年・宗像草太と出会います。この出会いがきっかけとなり、鈴芽は草太と共に日本各地を巡りながら災いの扉を閉じる旅に出ます。この過程で、鈴芽は自身の内面と向き合い、成長していくことになります。

新海誠監督の作品として、美しい映像表現や心に響く音楽、深い人間ドラマが描かれており、世界中で高い評価を受けています。また、この作品は震災というテーマを取り入れており、人々の生きる強さや絆を感じさせるストーリーが展開されます。

スポンサーリンク

すずめの戸締り:あらすじ

『すずめの戸締まり』では、宮崎県の静かな町で叔母と暮らす17歳の女子高校生・岩戸鈴芽が中心となります。

ある日、彼女は廃墟で不思議な扉を見つけ、その扉を閉じる「閉じ師」の青年・宗像草太と出会います。

二人は日本各地に現れる災いの出口となる扉を閉じていく旅に出ることになります。

この旅を通じて、鈴芽は自身の内面と向き合い、成長していきます。

物語は、過去の災害やトラウマからの回復、そして個人の成長というテーマを深く掘り下げています。

スポンサーリンク

すずめの戸締り:キャスト

登場人物声優
岩戸鈴芽原菜乃華
宗像草太松村北斗
岩戸環深津絵里
岡部稔染谷将太
二ノ宮ルミ伊藤沙莉
海部千果花瀬琴音
岩戸椿芽花澤香菜
芹澤朋也神木隆之介
宗像羊朗松本白鸚
スポンサーリンク

すずめの戸締り: 冒頭の気まずいシーン

『すずめの戸締り』の冒頭には、特に一般的に「気まずい」と感じられるような描写やシーンは含まれていないです。映画は、幼い鈴芽が廃墟のような草原を歩き、母を探す夢から始まります。

ただ普通のシーンなのですがすずめが草原を走っている時に、ハアハア言ってるその声がエロいと感じる人もいるのは確かです。自分も映像を見ないで冒頭の声だけ聴いたら、そっち系の映画と疑わないでしょうし。

またその声がそれっぽいのも想像を膨らましてしまう原因です^^

動画を見ながらでもちょっと気になるのは正直なところです。

あとは物語には震災の描写や緊急地震速報の警報音が含まれており、これらが観客によっては不快感を覚える要因になる可能性がある点には注意が必要です。映画のテーマやメッセージ、映像美や音楽のクオリティなどは高く評価されていますが、震災というデリケートなテーマが扱われているため、観る人によって受け取り方が大きく異なる可能性があることを理解しておくことが重要です。

 

すずめの戸締り: 悲しい

『すずめの戸締り』は、新海誠監督による日本のアニメ映画です。新海誠監督の作品は、その美しいビジュアルと心に響く物語で知られています。この映画も例外ではなく、多くの感動的なシーンと、観る人によっては悲しいと感じられる瞬間が含まれています。

この映画が悲しいと感じさせる要因には、以下のようなものがあります

  1. 喪失と悲しみのテーマ:新海誠の作品に共通するテーマの一つが、喪失とそれに伴う悲しみです。登場人物が直面する失いとその後の感情的な旅は、観る人の心に深く響くことがあります。
  2. 人間関係の複雑さ:人間関係の深さとその複雑さを描くことで、観る人が登場人物とのつながりを感じ、彼らの経験する苦悩に共感することがあります。
  3. 避けられない別れ:映画の中で起こる避けられない別れや選択は、それに直面することの難しさと、時にはそれがもたらす悲しみを象徴しています。

しかし、『すずめの戸締り』が悲しい感情を呼び起こすだけでなく、希望や前向きなメッセージも含んでいることが多いのも新海誠監督の作品の特徴です。そのため、映画を通して感じられる悲しみは、観る人によって異なる感情的な旅となるでしょう。実際に映画を見て、その物語やメッセージを自分自身で体験することが、その質問に対する最も良い答えかもしれません。

 

すずめの戸締り:感動ポイント

『すずめの戸締り』は新海誠監督による作品であり、彼の映画には常に心を打つ、感動的な瞬間が散りばめられています。この映画においても、観る人それぞれに異なる感動のポイントがあるかもしれませんが、一般的に共感を呼びやすい感動のポイントを挙げてみます。

  1. 美しいビジュアルと音楽:新海誠作品のトレードマークである、息を呑むような美しいビジュアルと、心に響く音楽は、物語の世界に深く没入させ、感情移入を促します。これらの要素は、映画の中で起こる感動的な瞬間をより強く、深く感じさせることがあります。

  2. 登場人物の成長と変化:主要な登場人物や周囲の人々の成長、彼らが直面する挑戦とその乗り越え方は、多くの視聴者にとって共感や感動を呼ぶ要素です。登場人物の内面的な変化や成熟のプロセスを通して、観る人自身の経験や成長に思いを馳せることができます。

  3. 人とのつながりと愛:家族、友人、恋人との深い絆や、人間関係の大切さを描いたシーンは、特に心を動かされる瞬間です。人とのつながりを大切にするメッセージは、多くの人の心に響きます。

  4. 希望と前向きなメッセージ:新海誠の映画では、困難や悲しみを乗り越え、前向きな未来へと進む希望が描かれることが多いです。『すずめの戸締り』も例外ではなく、終わりに向けて明るい未来や希望のメッセージが観る人に勇気を与える瞬間があります。

  5. 物語のユニークな展開とサプライズ:予測不可能な展開や心温まるサプライズは、視聴者を感動させる重要な要素です。新たな発見や驚きは、映画体験をより豊かなものにします。

これらは『すずめの戸締り』が提供する感動ポイントの一部です。映画を視聴する際には、これらのポイントに注目すると、より深い感動を体験できるかもしれません。

すずめの戸締り:最高傑作

『すずめの戸締り』が最高傑作と見なされるかどうかは、個々の視聴者の感想や評価に大きく依存します。新海誠監督は『君の名は。』『天気の子』など、国内外で高い評価を受ける作品を数多く手掛けており、それぞれの作品が独自の魅力と強みを持っています。

『すずめの戸締り』が特に評価される理由には、以下のような点があります:

  1. ビジュアルの美しさ:新海誠監督の作品は、そのビジュアルの美しさで広く知られています。『すずめの戸締り』でも、精緻な背景美術と繊細な色使いが視覚的な魅力を引き立てています。

  2. 物語の深さ:人間関係や成長、内面的な葛藤といったテーマを扱い、観る人それぞれに深い感動を与える物語は、新海誠作品の大きな特徴です。『すずめの戸締り』もこれらのテーマを巧みに織り交ぜ、多くの視聴者にとって意義深い体験を提供しています。

  3. 音楽との調和:映画の雰囲気を高める音楽も、新海誠監督の作品の重要な要素です。『すずめの戸締り』においても、音楽が物語の感動を深める上で大きな役割を果たしています。

  4. 普遍的なテーマ:愛、家族、友情、自己発見など、普遍的なテーマを掘り下げることで、幅広い視聴者に共感を呼びます。

それでも、映画は主観的な体験であり、どの作品が「最高傑作」かは人それぞれの価値観や好みによって変わります。『君の名は。』が国内外で大ヒットしたこと、『天気の子』がその後を追い、さまざまな評価を得たことを考えると、『すずめの戸締り』を最高傑作とするかどうかは、視聴した人の個々の感想に委ねられます。ある人にとっての最高傑作が、別の人にはそうではないかもしれません。重要なのは、その作品が個人にとってどのような意味を持つか、どのような感動を与えたかです。

すずめの戸締り:考察

『すずめの戸締り』についての考察をする際、新海誠監督の作品全般に見られるテーマや美学、そしてこの映画固有の物語やメッセージを掘り下げることが重要です。彼の作品は、深い人間関係、内面的な成長、そして美しい自然や日常の風景への描写で知られています。『すずめの戸締り』もこれらの要素を含みつつ、いくつかの新しい側面を探求しています。

物語とテーマ

この映画は、日本のどこかに存在するとされる「扉」を閉じる旅に出る少女・すずめの物語を描いています。扉は異世界への入り口であり、その開放が自然災害を引き起こす可能性があるという設定は、現実世界における自然災害と人間の関わりを象徴していると考えられます。このテーマは、新海誠が以前にも『君の名は。』や『天気の子』で探求してきたものですが、『すずめの戸締り』ではより直接的に自然と人間との関係を問うているように見えます。

内面的な旅

新海誠の作品に共通するもう一つの要素は、主人公の内面的な旅です。すずめの旅は、文字通りの冒険であると同時に、彼女自身の成長、過去との向き合い方、そして将来への希望を見つける過程でもあります。この映画では、すずめが直面する困難や選択が、彼女の内面的な成熟にどのように影響を与えるかが描かれています。

美学とビジュアル

新海誠のビジュアルスタイルは、『すずめの戸締り』においても重要な役割を果たしています。彼の作品では、日常の風景が非常に美しく描かれることで知られていますが、この映画ではそれに加えて、異世界の扉を通じたファンタジックな要素も見られます。この組み合わせにより、視覚的にも物語的にも、現実と非現実の境界があいまいになっていることが示唆されます。

結論

『すずめの戸締り』は、新海誠監督の作品群の中でも特に深いテーマと美しいビジュアルスタイルを持つ作品です。この映画を通じて、監督は人間と自然との関係、内面的な成長、そして日常と非日常との境界についての新たな探求を行っています。各視聴者がこの映画から異なるメッセージを受け取る可能性があり、その多層的な物語と意味は、深い考察を促します。

すずめの戸締り:今はどんなに悲しくても~あなたは光の中で

『すずめの戸締り』のラストで「今はどんなに悲しくても~あなたは光の中で」というこのようなセリフやテーマは新海誠監督の作品において一貫しています。彼の映画はしばしば、人生の困難や試練に直面しながらも、希望を失わないことの重要性を強調します。

「今はどんなに悲しくても」というフレーズは、現在直面している困難や悲しみが、永遠に続くわけではないという希望のメッセージを伝えています。このメッセージは、苦しい時期を乗り越え、将来に向けて前進し続けることの大切さを示唆しているかもしれません。

新海誠の作品においては、個人の成長や内面的な変化、そして人間関係の発展がしばしば重要なテーマとなります。このフレーズが示すように、映画の中でキャラクターが経験する試練や悲しみは、最終的に彼らを成長させ、より強い人間にするためのものであると考えられます。

『すずめの戸締り』を観た方々がこのフレーズに特に注目することは、その言葉が多くの人にとって強い共感やインスピレーションを与えたことを示しているかもしれません。それは、映画のテーマやメッセージが視聴者の心に深く響き、人生のあらゆる瞬間において希望を持ち続けることの重要性を思い起こさせるからかもしれません。

 

すずめの戸締り テレビ

2024/4/5 21:00~

金曜ロードショーで地上波初放送します。

すずめの戸締り 怖い 

『すずめの戸締まり』が「怖い」と表現されることがあるようです。これには複数の理由があり、その背後には深いテーマ性と作品の独特な表現方法が関係しています。

『すずめの戸締まり』が怖いと言われる理由

  1. 震災の描写

    • 『すずめの戸締まり』には、緊急地震速報の音や震災の情景が含まれており、これらのリアルな描写が視聴者に強い印象を与えています。特に、過去の地震の記憶を持つ人々にとっては、その音や映像だけで不安や恐怖を感じることがあるようです。
  2. 地震への不安

    • 物語の中で地震が重要な役割を担っているため、放映を通じて現実の地震への不安が増大するという声もあります。日本のように地震が多い国では、映画が現実の恐怖を想起させる場合があります。
  3. キャラクターへの共感

    • 主人公のすずめが直面する挑戦や、物語中で彼女が体験する様々な出来事は、一部の視聴者にとって重く感じられることがあります。特に、家族や愛する人を失う経験は、観る人によっては心理的な負担となり得ます。

作品のテーマ性と向き合う

『すずめの戸締まり』のテーマは、失われたものへの悼みと、それにも関わらず前に進もうとする力です。新海誠監督は、この作品を通じて、災害によって失われたものへの思いや、人間の回復力と前向きな姿勢を描きたいとしています。

  • リアリティーを重視した描写: 物語の中で、空や水など自然の要素は非常に印象的に描かれており、これらは生活の中で常に存在するものです。監督は、これらの要素を通じて、日常と非日常の境界を描き、視聴者に深い感動を呼び起こすことを目指しています。

  • 音楽の役割: RADWIMPSとのコラボレーションは、本作品の重要な部分を形成しています。音楽は、映画の感情的な深みを増すとともに、物語のテーマを強化しています。

まとめ

『すずめの戸締まり』が「怖い」と感じられる理由は、そのリアルな震災描写や、地震に対する不安、キャラクターへの深い共感に基づいています。しかし、これらの要素は、作品が伝えたいメッセージと密接に関連しており、視聴者に深い感動や考察を促すための手段です。新海誠監督は、美しいビジュアルと心に響く音楽を通じて、人間の強さと脆さ、そして希望を描いています。

 

すずめの戸締り きつい

『すずめの戸締まり』を観た後、感動とは異なる混ざり合った感情を持つ人が多いようです。特に東日本大震災を体験した人にとって、この映画は複雑な反応を引き出します。映画は視覚的な美しさとファンタジーの設定で称賛される一方で、震災を扱った内容に対しては賛否両論が存在します。新海誠監督の意図は、震災を経験していない世代に向けて、それを伝え、想像させることにあったようですが、震災を直接体験した人々には、そのメッセージが十分伝わらなかったり、時には苦痛を感じさせることもあるようです。

映画の地震描写は直接的ではなく、ファンタジーの要素が強いですが、それがリアリティを損ない、震災の深刻さを軽視していると感じる人もいます。また、映画のメッセージが「大切な人を大事にしなさい」というシンプルなものであれば、作品中のキャラクターたちの行動や態度がそれと矛盾することが指摘されています。

この映画が震災に対する教育的な役割を果たすことを意図していた可能性もありますが、そのアプローチや描写がすべての観客に受け入れられるわけではありません。特に、震災を経験した人々や被災者の視点を重視することなく、エンターテイメントとしての面白さや映画としての質を優先したように見える点が、一部の観客にはきつく感じられることがあります。

すずめの戸締り トラウマ

『すずめの戸締まり』のトラウマ関連の批判は、特に東日本大震災を経験した観客からの強い感情を呼び起こしています。映画の中で地震や津波に関連する描写が直接的に被災地や被災者への配慮を欠いていると感じる観客が多く、これが大きな不快感や嫌悪感、さらにはトラウマの再燃を引き起こしているようです。被災経験のある人々にとって、津波の警報音や全焼する街並みの映像は、深い傷をえぐるものであり、映画を通して震災の恐怖を再体験してしまうことがあります。

このような描写に対する警告や注意喚起の不足は、観客を守る責任がある制作側の配慮の欠如と捉えられ、それが映画に対する否定的な感情を増大させています。観客からは、震災を題材にした作品を扱う際の慎重さや、被災者への深い理解と敬意が求められていることが伺えます。加えて、震災を扱った映画やコンテンツが被災地や被災者に与える影響について、より広い社会的な議論を促す声も上がっています。

この批判は、被災地への理解と配慮を欠いた表現がどれほどの影響を及ぼすかを示しており、エンターテインメントの制作において被災者の感情を尊重することの重要性を浮き彫りにしています。

すずめの戸締り ネタバレ

『すずめの戸締まり』は、新海誠監督による美しいビジュアルと感動的な物語で多くの観客を魅了したアニメーション映画です。この映画は、主人公・岩戸鈴芽が日本全国に点在する神秘的な「扉」を閉める旅に出るというストーリーを描いています。これらの扉が開いたままになると、災いが世界に広がってしまうため、鈴芽はそれを防ぐために奔走します。

物語の序盤で、鈴芽は自宅近くの廃墟で「扉」を見つけ、そこから不思議な力によって椅子が動く現象に遭遇します。この不思議な現象の中心には、謎の青年・草太が関わっており、彼は鈴芽に扉を閉める使命を伝えます。旅の途中で、鈴芽は様々な地域の扉を閉め、その過程で災いを封じ込める力を持つことを知ります。

映画では、震災などの自然災害の影響を受けた人々の痛みや、それに立ち向かう人間の強さと優しさが描かれています。特に、鈴芽と草太、そして彼らが旅で出会う人々との間に生まれる絆が、映画の重要なテーマとなっています。しかし、震災を思い起こさせる描写が含まれているため、観る人によってはその部分が辛いものに感じられることもあります。

『すずめの戸締まり』は、美しいアニメーション、心温まるストーリー、そして人と人とのつながりの大切さを伝える作品ですが、震災にまつわる描写には注意が必要です。映画を通じて、新海誠監督は観客に対して、困難や悲しみを乗り越え、希望を持って生きていくことの大切さを伝えています。

すずめの戸締り 東日本大震災

『すずめの戸締まり』において、東日本大震災への言及やそれに類似した災害が物語の要素として取り入れられているかどうかは、新海誠監督の作品に共通するテーマ—人間と自然災害との関わり—を考慮する上で興味深い点です。しかし、映画は直接的に東日本大震災を扱っているわけではなく、むしろ自然災害と人間の関係、そしてその中での人間の抱える感情や再生の可能性に焦点を当てています。

新海誠監督の過去の作品、特に『君の名は。』では、自然災害が重要な役割を担っており、人間の絆や時間を越えた繋がりを描く上で中心的なテーマとなっています。『すずめの戸締まり』では、災害やそれによって引き起こされる人間の試練を象徴的に表現することで、観客に対して深い感情的な共感を呼び起こし、人間の内面と外的な世界との関係を探求しています。

映画の中で災害が象徴的に使用されることは、現実世界での災害経験者、特に東日本大震災を経験した人々にとって、強烈な印象や感情を呼び起こす可能性があります。このような描写は、観る人によってはトラウマを再発させる恐れもあり、そのため映画の受け止め方は大きく分かれることになります。

新海誠監督は、自然災害というテーマを通じて、人間の精神的な強さや回復力、絆の大切さを描いており、『すずめの戸締まり』もその一環と見ることができます。しかし、映画が東日本大震災をどのように反映しているか、あるいはそれに触れているかについては、作品を観た人々の個々の解釈や感受性に大きく依存します。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事