『内海の輪』あらすじ、ネタバレ、動画配信。松本清張×岩下志麻。

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

 

『内海の輪』

 

映画のキャスト・スタッフ
出演岩下志麻
中尾彬
三国連太郎
入川保則
水上竜子
北城牧子
監督斎藤耕一

 

スポンサーリンク

内海の輪:あらすじネタバレ

映画「内海の輪」は、1971年の日本映画で、松本清張の小説を原作としています。

 

物語は、四国松山の呉服屋の嫁・美奈子(演:岩下志麻)と、東京の大学の考古学者・江村宗三(演:中尾彬)との不倫関係を中心に展開します。

 

美奈子は、歳の離れた夫・慶太郎(演:三國連太郎)との間に性的な満足を得られず、その関係を家の女中・政代(演:富永美沙子)にこっそりと覗かれていました。

美奈子は、商用と称して三ヵ月に一回上京しており、その実、宗三との不倫のためでした。

 

この関係は、美奈子の前夫・寿夫が他の女性と新潟に駆け落ちした5年前から続いていました。

宗三と美奈子の関係は、次第に複雑化していき、二人の間には様々な出来事が生じます。

 

最終的に、美奈子は崖からの転落死を遂げ、彼女の手には宗三のスーツのボタンが握られていました。

刑事は「犯人はすぐわかる」と話して物語は終わります。

 

スポンサーリンク

内海の輪:松本清張

松本清張(1909年12月21日 – 1992年8月4日)は、日本の小説家、評論家。

彼は日本の推理小説、特に社会派ミステリのジャンルで非常に有名であり、多くの作品が映画、テレビドラマ、ラジオドラマになっています。

 

彼の作品は、日本の社会や人間関係の暗部を探求することで知られており、彼の独特の文体と緻密なプロットは多くの読者を魅了してきました。

 

主な作品には、『砂の器』、『ゼロの焦点』、『点と線』、『黒い画集』などがあります。

これらの作品は、彼の深い社会的洞察と独自の視点を反映しており、日本のミステリ文学の中で特別な位置を占めています。

 

また、彼はその生涯を通じて、日本の政治や社会に対する鋭い批評を行い、その評論活動もまた高く評価されています。

彼の作品は、日本だけでなく、海外でも翻訳され、多くの読者に愛されています。

 

スポンサーリンク

内海の輪:岩下志麻

岩下志麻(いわした しま、1941年1月3日生まれ)は、日本の女優、タレント、モデルであり、多くのテレビドラマ、映画、CMに出演しています。

 

彼女は、その美しいルックスと演技力で注目を浴びました。多くのドラマや映画で主演を務め、その実力を証明してきました。

 

また、彼女はバラエティ番組や情報番組にも出演し、その明るく親しみやすいキャラクターで多くのファンに支持されています。

特に、料理の腕前も披露することが多く、料理関連の番組やCMにも出演しています。

 

岩下志麻は、その多才な才能と長いキャリアを通じて、日本のエンターテインメント業界での地位を築き上げてきました。

 

内海の輪:中尾彬

中尾彬(なかお あきら、1942年8月11日生まれ)は、日本の俳優であり、数多くのテレビドラマ、映画、舞台に出演している。

彼のキャリアは1960年代から始まり、その独特の存在感と深みのある演技で、多くのファンから愛されています。

 

彼は、時代劇や現代劇の両方での演技が得意で、特に時代劇ではその風格ある演技で数多くの役を演じてきました。

また、現代劇では悪役から善良な役まで幅広く演じることができる役者として知られています。

 

中尾彬は、その長いキャリアの中で数々の賞を受賞しており、その実力と貢献が高く評価されています。

また、彼はプライベートでもその人柄の良さで知られ、業界内外からの信頼も厚い。

 

近年では、テレビドラマや映画のほか、CMにも出演しており、その存在感を放ち続けています。

 

 

内海の輪:三国連太郎

三国連太郎(みくに れんたろう、1923年1月20日 – 2013年4月14日)は、日本の俳優であり、数多くの映画やテレビドラマに出演していました。

 

彼のキャリアは1950年代から2010年代にかけての長いもので、その間に彼は多くの賞を受賞し、日本のエンターテインメント業界での彼の影響は計り知れないものがあります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事