『マレフィセント』いい人なのにかわいそう!オーロラ姫との関係や子役女優からカラスの名前まで!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

 

「眠れる森の美女」の伝説的な悪役、マレフィセント。

彼女の名前は多くの人々に恐怖と魔法の象徴として知られていますが、実は彼女の背後には知られざる物語が隠されていました。

 

映画『マレフィセント』は、その真実を明らかにする壮大な物語。

裏切り、復讐、そして最終的には真実の愛を通じての救済。

 

この映画は、私たちが知っている古典的な物語を一新し、マレフィセントの真の姿を描き出します。

心を開き、彼女の真実の物語に耳を傾けてみてください。

 

 

映画は、マレフィセントが幼い頃の物語から始まります。

 

彼女は美しい森の妖精であり、人間の王国とは異なる魔法の世界に住んでいました。

ある日、人間の少年ステファンと出会い、二人は深い絆で結ばれるようになります。

しかし、時間が経つにつれ、ステファンは王の座を狙うようになり、マレフィセントの翼を切り取って彼女を裏切ります。

 

この裏切りにより、マレフィセントは心に深い傷を負い、復讐の心を抱くようになります。

ステファンが王となり、娘オーロラ姫が生まれると、マレフィセントは彼女に呪いをかけます。

16歳の誕生日に指を針で刺し、永遠の眠りに落ちるという呪いです。

ただし、真実の愛のキスだけがこの呪いを解くことができるという条件をつけました。

 

オーロラ姫は3人の妖精によって育てられ、彼女の16歳の誕生日が近づく中、マレフィセントはオーロラ姫との接触を持ち始めます。

しかし、彼女はオーロラ姫との時間を過ごすうちに、彼女に対する愛情を感じるようになります。

 

最終的に、オーロラ姫は呪いにかかり永遠の眠りに落ちますが、マレフィセントの母のような愛情のキスが呪いを解くこととなります。

映画は、復讐心から始まったマレフィセントの心の変化と、真実の愛の力を中心に描かれています。

 

スポンサーリンク

マレフィセント:いい人?

『マレフィセント』は、ディズニーの映画『眠れる森の美女』の悪役、マレフィセントを主人公としたスピンオフ作品です。

この映画では、マレフィセントがなぜ冷酷な魔女として知られるようになったのか、その背景や動機が描かれています。

 

映画『マレフィセント』では、彼女が元々は純粋で心優しい妖精であったことが明らかにされます。

しかし、彼女は裏切りと裏切られる経験をし、その結果として心が冷たくなり、復讐の感情を抱くようになります。

 

この映画は、善と悪、愛と復讐の複雑な感情を通じて、マレフィセントの人間らしい一面や彼女の過去を掘り下げています。

 

 

スポンサーリンク

マレフィセント:かわいそう!

マレフィセントがなぜ冷酷な魔女として知られるようになったのか、その背後にある悲しい過去と動機が明らかにされます。

映画の中で、マレフィセントは元々は森の妖精として平和に暮らしていましたが、人間の王子ステファンに深く愛されるものの、彼の裏切りによって心の傷を負います。

ステファンは王位を得るためにマレフィセントの翼を切り取るという非道な行為を行い、これが彼女の心を冷たくし、復讐の感情を抱くきっかけとなりました。

 

このような過去を持つマレフィセントは「かわいそう」と感じられるキャラクターとして描かれています。

彼女の行動や感情は、ただの悪役としてではなく、過去の経験や傷からくるものとして理解されるようになりました。

 

マレフィセント:カラスの名前

『マレフィセント』に登場するカラスの名前は「ディアヴァル」です。

マレフィセントによって人間の姿に変えられることができるカラスで、彼女の忠実な仲間として物語を通じて彼女をサポートします。

 

ディアヴァルはマレフィセントの目と耳として行動し、彼女のために多くの情報を収集します。

彼の存在は映画の中で重要な役割を果たしています。

 

 

マレフィセント:グーン

映画マレフィセントの「グーン」とは、原作の「眠れる森の美女」における彼女の手下や部下を指します。

 

原作アニメーションでは、これらのグーンたちはコミカルなキャラクターとして描かれており、マレフィセントの命令を忠実に、しかし不器用に実行する存在として描写されています。

 

映画『マレフィセント』では、このグーンたちのキャラクターは大きく変わっており、彼女の忠実な部下や仲間としての側面が強調されています。

特に、ディアヴァルというカラスが重要な役割を果たしています。

ディアヴァルはマレフィセントによって人間の姿に変えられることができるカラスで、彼女の最も信頼する部下として物語を通じて様々な役割を果たします。

 

マレフィセント:女優

マレフィセントの役を演じた女優は、アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie)です。

彼女はこの役でその魅力的なビジュアルと深みのある演技で、マレフィセントのキャラクターを新たな次元で描き出し、多くの観客から絶賛を受けました。

アンジェリーナ・ジョリーの演技は、映画の大きな魅力の一つとなっています。

 

 

オーロラ姫の役を演じた女優は、エル・ファニング(Elle Fanning)です。

彼女は若干の年齢ながらも、オーロラ姫の純粋さと好奇心を見事に表現し、映画の中で重要な役割を果たしています。

 

マレフィセント:子役

 

映画『マレフィセント』において、マレフィセントの幼少期を演じた子役はイゾベル・モロイ(Isobelle Molloy)です。

彼女は映画の初めの部分で、若き日のマレフィセントとして登場し、キャラクターの背景や動機を観客に伝える重要な役割を果たしています。

 

マレフィセント:オーロラ姫との関係

映画『マレフィセント』におけるマレフィセントとオーロラ姫の関係は、伝統的な『眠れる森の美女』の物語とは異なる独特のものです。

  1. 初めの関係映画の初めでは、マレフィセントはオーロラ姫に対して復讐のための呪いをかけます。これは、マレフィセントがかつて愛していたステファン(オーロラ姫の父)に裏切られ、彼女の翼を失ったことへの報復として行われます。

  2. 母のような存在オーロラ姫が成長するにつれ、マレフィセントは彼女を遠くから見守り、時には直接彼女と交流するようになります。オーロラ姫はマレフィセントを「おばあちゃん」と呼び、二人の間には母娘のような深い絆が生まれていきます。

  3. 呪いの後悔マレフィセントは、オーロラ姫との関係が深まるにつれ、かけた呪いを後悔するようになります。彼女はオーロラ姫を真に愛するようになり、呪いを解く方法を探し始めます。

  4. 救済と和解映画のクライマックスでは、マレフィセントはオーロラ姫を救うために自らの命を犠牲にします。オーロラ姫の純粋な愛によってマレフィセントは救われ、二人の間の絆はさらに深まります。

映画『マレフィセント』は、復讐から愛へと変わるマレフィセントの心の変化と、彼女とオーロラ姫との関係の深化を中心に描かれています。

伝統的な物語とは異なり、マレフィセントは悪役ではなく、複雑な背景と感情を持つキャラクターとして描写されています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事