「ゴースト:ニューヨークの幻」その後~キャスト・主題歌・ろくろのシーンが最高ですね!「同じく」が泣ける・・

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、1990年に公開された感動のロマンティックファンタジー映画で、愛が死を超える力を描いた作品です。

パトリック・スウェイジとデミ・ムーアが主演を務め、深い愛と切ない喪失を通じて、心に残る物語を紡ぎ出しました。

この映画は、ロマンス、サスペンス、そしてユーモアを巧みに織り交ぜ、幽霊となった男性が愛する人を守るために奮闘する姿を描いています。

 

サム・ウィートの幽霊としての旅路は、ウーピー・ゴールドバーグ演じる霊媒師オダ・メイとの出会いや、心に響く「アンチェインド・メロディ」のメロディに乗せて、感動的な体験を提供します。

 

『ゴースト/ニューヨークの幻』の公開後、その人気は映画業界において長く続きましたが、映画の続編や直接的な後続作品は制作されていません。

この映画は、その完結した物語と感動的な結末によって、独立した作品として高い評価を受けています。

 

映画の成功は、その感動的な物語、印象的な演技、そして記憶に残る音楽によるものです。

サムとモリーの愛の物語、サムの幽霊としての成長、そして最終的な彼の成仏は、映画を完結させるのに十分な要素を持っています。

 

『ゴースト/ニューヨークの幻』の影響は、映画業界だけでなく、ポップカルチャーにも広がっています。

特にろくろのシーンや「アンチェインド・メロディ」の使用は、その後の多くの映画やテレビ番組で引用され、オマージュされています。

 

映画の物語やキャラクターについての「その後」は公式には発表されていないため、ファンの間では様々な想像や解釈がなされている可能性があります。

しかし、『ゴースト/ニューヨークの幻』の物語は、その感動的な結末によって、多くの視聴者にとって完璧な形で締めくくられていると言えるでしょう。

「ゴースト:ニューヨークの幻」その後~キャスト・主題歌・ろくろのシーンが最高ですね!「同じく」が泣ける・・

スポンサーリンク

ゴースト:ニューヨークの幻:キャスト

  1. パトリック・スウェイジ – サム・ウィート役

    • 物語の中心人物で、幽霊となって恋人を守る役割を演じています。
  2. デミ・ムーア – モリー・ジェンセン役

    • サムの恋人であり、彼の死後も彼の存在を感じ続ける女性。
  3. ウーピー・ゴールドバーグ – オダ・メイ・ブラウン役

    • 予知能力を持つ霊媒師で、サムとモリーを助ける重要な役割を果たします。
  4. トニー・ゴールドウィン – カール・ブルーナー役

    • サムの友人であり、物語の中で重要な役割を担うキャラクター。
スポンサーリンク

ゴースト:ニューヨークの幻:ろくろ

ゴースト:ニューヨークの幻:ろくろ

『ゴースト/ニューヨークの幻』で特に有名なシーンの一つに、ろくろ(陶芸の車)を使ったシーンがあります。

このシーンでは、パトリック・スウェイジ演じるサムとデミ・ムーア演じるモリーがろくろで陶芸をする様子が描かれています。

 

ろくろのシーンは、サムとモリーの間の情熱と愛の深さを象徴しており、二人の関係の強さと絆を強調しています。

このシーンは映画の中でも特に記憶に残る部分で、後の映画やテレビ番組で何度もオマージュされています。

また、このシーンで流れるライチャス・ブラザーズの「アンチェインド・メロディ」は、映画と同様に大きな人気を博しました。

ゴースト:ニューヨークの幻:主題歌

『ゴースト/ニューヨークの幻』の主題歌は、ライチャス・ブラザーズによる「アンチェインド・メロディ」です。

この曲は、映画の中で重要な役割を果たし、特にろくろのシーンで使用されたことで非常に有名になりました。

 

「アンチェインド・メロディ」は、もともと1955年に公開された映画『Unchained』のために作られた曲ですが、『ゴースト/ニューヨークの幻』での使用によって再び脚光を浴びることとなりました。

この曲は、愛する人への深い憧れと切なさを表現しており、映画の感動的なストーリーと完璧に調和しています。

 

映画の成功と共に「アンチェインド・メロディ」も大きな人気を得て、多くのカバーバージョンが作られるほどのヒットとなりました。

この曲は、映画『ゴースト/ニューヨークの幻』を象徴する曲として、今も多くの人々に愛され続けています​

 

ゴースト:ニューヨークの幻:カール

カールは、パトリック・スウェイジ演じるサム・ウィートの友人であり、同じ銀行で働く同僚でもあります。

 

しかし、映画の進行に伴い、彼の真の性格や動機が明らかになります。

ゴースト:ニューヨークの幻:同じく

『ゴースト/ニューヨークの幻』のラストシーンでは、サム・ウィート(パトリック・スウェイジ)が彼の愛するモリー・ジェンセン(デミ・ムーア)との感動的な別れを迎えます。

サムは彼女を危険から守り、彼女との間にある未解決の感情を清算するために、幽霊として地上に留まっていました。

 

このラストシーンでは、サムが遂に彼の役割を終え、天国へ昇っていく様子が描かれます。

彼はモリーに「愛してる」と伝え、モリーは「同じく」と応えます。

サムは光に包まれながら昇っていき、映画を通して描かれてきた彼とモリーの間の深い愛情が、このシーンで感動的に表現されます。

 

『ゴースト/ニューヨークの幻』のラストシーンは、愛が死を超えるという映画の中心的なテーマを象徴しており、多くの観客に深い印象を与えました。

サムが光に包まれて昇るビジュアルは、映画の最も美しい瞬間の一つとして記憶に残っています。

このシーンは、深い愛と別れの感情を描きつつも、希望と解放のメッセージを視聴者に伝えています。

 

 

ゴースト:ニューヨークの幻:地下鉄 の ゴースト

ゴースト:ニューヨークの幻:地下鉄 の ゴースト

『ゴースト/ニューヨークの幻』における地下鉄の幽霊のシーンは、映画の中で特に印象的な部分の一つです。

このシーンでは、パトリック・スウェイジ演じるサム・ウィートが、地下鉄内で怒れる幽霊に遭遇します。

 

この幽霊は、以前に生きていたときに地下鉄で死んだ人物であり、他の人々には見えませんが、サムには見えます。

この幽霊は、サムに対して敵意を持っており、彼を追い払おうとします。

しかし、後にサムが幽霊としての存在を理解し、物を動かす方法を学ぶためにこの幽霊から教わることになります。

 

この地下鉄の幽霊は、映画におけるサムの成長と変化を示す重要なキャラクターであり、彼が幽霊としての能力を身につけるきっかけとなります。

このシーンは映画のダークな面を表現しており、サムが直面する超自然的な世界の複雑さと困難を象徴しています。

 

地下鉄の幽霊のシーンは、独特な雰囲気と強烈な印象を観客に与えることで、『ゴースト/ニューヨークの幻』の中でも際立って記憶に残る部分となっています。

 

ゴースト:ニューヨークの幻:泣ける

『ゴースト/ニューヨークの幻』は、その感動的なストーリーと演出で、多くの観客を涙させる作品として知られています。

この映画にはいくつかの特に感動的なシーンがあります。

 

  1. ろくろのシーン – サム(パトリック・スウェイジ)とモリー(デミ・ムーア)がろくろで陶器を作るシーンは、ロマンス映画のアイコン的な瞬間です。このシーンは、二人の間の愛と情熱を美しく表現しています。

  2. サムの死 – 映画の序盤でサムが暴漢に襲われ、その後彼が幽霊として現れる場面は、非常に感動的です。サムが自分が死んだことを認識し、モリーを守ろうとする姿は、切なさと愛情が交錯しています。

  3. オダ・メイとの出会い – サムが霊媒師のオダ・メイ(ウーピー・ゴールドバーグ)に出会い、彼女を通じてモリーとコミュニケーションを取るシーンも感動的です。オダ・メイのコミカルな振る舞いとサムの切実さが絶妙に絡み合います。

  4. ラストシーン – 映画の終わりにサムが天国へ昇るシーンは、特に感動的です。サムとモリーの間の愛と別れが描かれ、彼の「愛してる」という言葉とモリーの「さようなら」の応答は、観客に深い感動を与えます。

これらのシーンは、愛、喪失、そして希望という普遍的なテーマを扱っており、観客の感情を強く揺さぶるものとなっています。『ゴースト/ニューヨークの幻』は、その美しいストーリーテリングと演技によって、多くの人々にとって感動的な映画として記憶されています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事