『この子は邪悪』気まずいシーンやキスシーンは?グロい?うさぎ・・・

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『この子は邪悪』は、片岡翔が監督・脚本を手がけ、南沙良、大西流星(なにわ男子)、桜井ユキ、玉木宏らが出演する2022年の日本映画です。物語は、5年前の交通事故で深い心の傷を負った窪家の家族と、その家族に興味を持った高校生・四井純が巻き込まれる恐怖と混乱を描いています。交通事故後、家族は人から人へ魂を移す実験を始め、悲劇的な事件が連鎖していきます​。

主な登場人物として、窪花(南沙良)は暗い過去を持つヒロインで、四井純(大西流星)は花と一緒に奇妙な事件を調査する高校生です。窪司朗(玉木宏)は花の父で、心理療法室を営みながら家族を守ろうとしますが、その方法が物語の転機を迎えます​。

この映画は、人間の魂と身体の関係、家族の絆と秘密、そして過ちを犯した後の贖罪という深いテーマを探求しています。恐ろしい実験、家族の愛と裏切り、そして最終的な解決に至るまでのサスペンスフルな展開が観客を引き込みます。

 一家で大事故に遭ってから数年後、植物状態だった母が意識を取り戻して家族のもとへ帰って来る。そんな母の様子に奇妙な違和感を覚える娘に対し、父は奇跡が起きたと言うのだが…。 
スポンサーリンク

この子は邪悪:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
南沙良窪花暗い過去を持つヒロイン
大西流星(なにわ男子)四井純花に興味を持ち、一緒に奇妙な事件を調査する高校生
桜井ユキ窪繭子窪司朗の次女で、魂が別の少女の体に移された人物
渡辺さくら窪月誘拐された少女の魂が移された窪家の一員
桜木梨奈窪繭子窪司朗の娘であり、物語における鍵を握る人物(同名異人物である可能性あり)
稲川実代子四井純の祖母四井純の祖母で、物語のクライマックスで重要な役割を果たす
二ノ宮隆太郎鮫川愛華の父で、奇行を繰り返す人物
玉木宏窪司朗心理療法室を営む父親で、家族を守るために恐ろしい実験を行う

 

スポンサーリンク

この子は邪悪:うさぎ

映画『この子は邪悪』では、ウサギは特異な役割を持っています。心理療法士が人々の魂をウサギと入れ替えることで、町に奇病が広がり、本来の人間の魂はウサギたちの中に封じ込められるという設定です。このウサギに関する詳細は映画の重要な謎の一部であり、物語全体の暗い雰囲気と奇妙な出来事を引き立てる要素となっています。

この子は邪悪:気まずいシーンは?キスシーンは?

『この子は邪悪』では、特に気まずいシーンなどはありません。

キスシーンもたしか1回玉木宏が奥さんの心を持った女性とあるだけでした。

なので親子で見て気まずいシーンなどは普通にありません。

この子は邪悪:グロい?

『この子は邪悪』では、黒いといえるシーンはほぼなく、映画全編で何となく不穏な空気感が漂っている感じです。

ただあえて言えば、玉木宏の催眠にかかった人物の目が赤くなってたり、突然ぐるぐる目玉が回りだすことくらいです。

グロいにはちょっとほど遠いレベルの描写です。

この子は邪悪:感想

『この子は邪悪』は、意識不明だった母が別人の顔で帰宅するところから始まる、心理療法士の一家を中心にしたミステリーです。退行催眠により人々の魂をウサギと入れ替える実験、家族の秘密、そしてそれによって引き起こされる一連の奇怪な出来事を描いています。

この不気味な設定は、なかなか面白いと思いました。

最初は何となくうすうす街のおかしな人々は玉木宏の退行催眠で何か操られてる感じがしてたのですが、まさかまさかの

ウサギちゃんと魂を入れ替えちゃうとは><

もちろん映画の中の設定ですが、妙に納得してしまう設定で意外と面白かったです。

スポンサーリンク
おすすめの記事