「ダムゼル」Netflixおすすめ映画~あらすじ・感想・評価、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ダムゼル』は3/8よりNETFLIXで配信されます。

Netflixの映画『ダムゼル』は、ひとりの従順な王女がハンサムな王子と結婚することになりますが、その結婚は彼女をいけにえとして利用するためのものでした。火を噴くドラゴンのいる洞窟に投げ込まれた王女は、あらゆる知恵を振り絞り、自力で生き延びる道を切り拓いていきます。

主要キャストには、ミリー・ボビー・ブラウン、レイ・ウィンストン、ロビン・ライト、アンジェラ・バセット、ニック・ロビンソン、ショーレ・アガダシュルーなどが出演しています。この映画は、ファンタジー要素が強いストーリーで、王女の勇気と知恵を描いた作品です。

また、キャストについて興味深いトリビアもあります。例えば、ロビン・ライトはモデルとしてのキャリアを14歳でパリと日本でスタートし、レイ・ウィンストンは12歳からボクシングを始め、80以上のメダルとトロフィーを獲得したことがあります。ニック・ロビンソンは4人兄弟の長男で、多国籍の血を引いていることが知られています。ショーレ・アガダシュルーはイラン出身で、映画『ハウス・オブ・サンド・アンド・フォグ』での演技が評価されました。

『ダムゼル』は、強い意志を持った女性が自らの運命を切り拓く物語であり、視聴者に勇気と希望を与える作品となっています。

スポンサーリンク

ダムゼル:あらすじ

『ダムゼル』の物語は、ひとりの従順な王女が中心となります。彼女はハンサムな王子と結婚することになりますが、この結婚は王族が古代の契りを守るために彼女をいけにえとして利用するためのものでした。

結婚式の後、彼女は火を噴くドラゴンのいる洞窟に投げ込まれてしまいます。しかし、王女はこの絶望的な状況に立ち向かい、あらゆる知恵を振り絞り、自力で生き延びる道を切り拓いていきます。

この映画は、王女が直面する試練と彼女の成長の物語を描いており、古代の契り、家族の秘密、そして真実の愛についての探求が織り交ぜられています。『ダムゼル』は、強い意志を持った女性が自らの運命を切り拓く勇気を視聴者に与える作品です。

スポンサーリンク

ダムゼル:感想

ディズニープラスでありそうなファンタジードラゴン映画です。

何となくストーリーは読めるのですが、ドラゴンもリアリティあって結構感情移入できました。

王子様も人がよさそうだけど、結局結婚詐欺のようなもので

あちこちから姫を連れてきて結婚させてその姫を洞窟にほっぽり投げるというなかなかたいした王子です。

たまにはこういう映画もいいですよ!

スポンサーリンク

ダムゼル:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
ミリー・ボビー・ブラウン主人公の王女で、ドラゴンのいる洞窟に投げ込まれる
ニック・ロビンソンヘンリー王子アウレア王国の王子
アンジェラ・バセットレディ・ベイフォードエロディの継母
ロビン・ライトイザベル女王アウレア王国の女王
レイ・ウィンストン国王アウレア王国の国王
ショーレ・アグダシュルー詳細な役割は明記されていませんが、映画に登場するキャラクター
スポンサーリンク
おすすめの記事