「梨泰院クラス」スア嫌いな人多そう。六本木クラスとどっちが面白い?グンウォンやチョ・イソも目が離せない!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『梨泰院クラス』は、ソウルの飲食店激戦区・梨泰院を舞台に、若者たちの奮闘を描いた韓国ドラマです。

主人公のパク・セロイは、正義感が強いがトラブルに巻き込まれやすい青年。

彼は、不当な理由で高校を退学になり、父を亡くした後、刑務所に入ります。

出所後、セロイは梨泰院で「タンバム」という居酒屋を開業し、仲間たちと共に再起を目指します。

このドラマは、主人公の信念や正義感、仲間との絆を描きながら、飲食業界での成功を目指すストーリーが展開されます。

原作・制作: キム・ソンユン, チョ・ガンジン
出演: パク・ソジュン, キム・ダミ, ユ・ジェミョン, クォン・ナラ, キム・ドンヒ, アン・ボヒョン, キム・ヘウン, リュ・ギョンス, イ・ジュヨン, クリス・リヨン

基本情報

  • 原題: 이태원 클라쓰
  • 放送期間: 2020年
  • 話数: 全16話
  • 原作: ウェブトゥーン「梨泰院クラス」
  • 主要キャスト: パク・セロイ(パク・ソジュン)、チョ・イソ(キム・ダミ)、チャン・グンウォン(アン・ボヒョン) など

あらすじ

  • 背景: 物語は、ソウルの梨泰院という国際的で多様性に富む街を舞台にしています。
  • 主人公: パク・セロイ、彼の父親の死と彼自身の生き方を巡る復讐と成功の物語。
  • ストーリーの始まり: 物語は、セロイが高校生のときに始まります。彼は不公平な扱いを受けたことに対して反抗し、退学処分となります。その後、父親が会社の後継者によって事故死するという悲劇が起こります。
  • 復讐と成功への道: セロイは父の死の復讐と自身の理想を実現するため、梨泰院に「ダンバム」という名の居酒屋を開店します。この店は、個性豊かなスタッフとともに成長していきます。
  • ライバルとの対立: セロイは、父の死の原因となった大企業「ジャンガ」グループと対立します。この企業はセロイの高校時代の敵であるグンウォンの家族が経営しています。
  • 恋愛と友情: 物語は、セロイと彼を支えるチョ・イソ、そして他のキャラクターたちの恋愛や友情を描きながら進展します。
  • 結末: セロイはさまざまな困難に直面しながらも、自分の信念を貫き、最終的には目標を達成します。
スポンサーリンク

梨泰院クラス:スア嫌いな人多そう。

スアに対する評価は嫌いという意見も多いかと思います。

かくいう私もちょっとその立ち位置にイラッとしていました。

スロイのお父さんが事故に遭った後での、スロイの敵となる長家の方になびく結果となったのは残念でした。

その深意はどうなのか、敵の懐に入りいずれはスロイの手助けをするのかとも思っていましたが、結構な長い年月を長家の元でバリバリ働いているし、自分でも「私は卑怯者」と前半でつぶやいていて、いつまでもハッキリしない所が嫌でした。

しかし、自分が若くして彼女と同じ立場に立たされたらどうするのか・・考えさせられる部分でもありました。

彼女の揺れ動く性格が常に悩ましく、これは最後まで観ないと何とも言えない点で、立ち位置はどうであれ、とっても可愛くて仕事も出来る部分は好印象なのでした。

セロイとの恋愛事情も気になるものの、周りの状況がどんどん変化していく中でなかなか接点を持ちにくく、お似合いだとは思う反面成就は無いかなぁと思って観ていました。

スポンサーリンク

梨泰院クラス:チョ・イソ

学生時代から有名ブロガーで、クラスメイトの女子が教室でいじめをしているのをシレッと動画に撮ってアップしちゃうので、面白い存在だなぁと登場直後から惹きつけられました。

また、いじめをしていた子の母親が彼女に詰め寄る所も、仲間にその動画を撮らせたりと抜かりのない所も知能の高さを感じられます。

出所後セロイが仲間を集めて梨泰院に居酒屋を出したのですが、彼と出会ったイソが次第にマネージャーとして彼らを手伝う事になって行くのが面白いです。

特に深く考えられていなかったセロイのお店「タンバム」の細分に渡って指導していくシーンが、このお店の未来を明るくしてくれそうでワクワクさせられます。

また、セロイの事が好きになったイソの恋の行方も気になる所です。

梨泰院クラス:グンウォン

学生時代から同級生をいじめたりして、その威張った態度はいけ好かないと思っていました。

セロイのお父さんをひき逃げしてしまっても、父親の意向で他者にそれをなすりつけたのも信じられなかったのですが、一度は罪を認めようとした部分は、まだ少しは人間味も残ってそうだったのに、その気持ちを父親のチャン・デヒが握りつぶすという信じられない行動に腹が立ちました。

情けない考えを持つグンウォンを作り上げたのはその父親であり、彼の子供となってしまった事はグンウォンの人生にとって悲劇としか思えませんでした。

いつも虚勢を張った様子ですが、その表情の奥深くには悲しみと孤独がいつも付きまとっている様子に、アン・ボヒョンの演技力の高さを感じさせられもしました。

その反面、グンウォンの異母弟・グンスの方は早い時点で、チャン・デヒから離れようとしたのは男らしかったです。
彼の行方もまた最後まで目が離せません!

梨泰院クラスと六本木クラス!どっちが面白い?

梨泰院クラスのためにわざわざNETFLIXに入ることはないですが、

好きな俳優がいるとかいう条件がなければ

梨泰院クラスと六本木クラスでは大体の方が梨泰院クラスの方が数倍面白いと言うと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事