「エスケープルーム2」別エンディング~結末違う?考察、続編は?サブスク紹介!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『エスケープ・ルーム2:決勝戦』は、緻密に計算された恐怖とサスペンスが渦巻く、アメリカ合衆国のホラー映画です。

この映画は、エスケープ・ルームの恐怖から逃れたものの、新たな試練に直面する生存者たちの物語を描いています。

 

前作の生き残りであるゾーイ・デイヴィスとベン・ミラーが、ミノス社との闘いを続けながら、新たなエスケープ・ルームの謎を解き明かす旅に出ます。彼らを待ち受けるのは、想像を超える危険と、予測不可能な展開です。

 

監督: アダム・ロビテル
出演: テイラー・ラッセル, ローガン・ミラー, デボラ・アン・ウォール, インディア・ムーア, ホランド・ローデン, トーマス・コックレル, カリート・オリベロ
俳優名登場人物名登場人物の説明
テイラー・ラッセルゾーイ・デイヴィス前作でエスケープ・ルームから脱出した女性。共に生き残ったベンを親友だと思っている。過去のトラウマから飛行機に搭乗することができない。
ローガン・ミラーベン・ミラー前作でエスケープ・ルームから脱出した男性。命の恩人であるゾーイに恩義を感じている。
デボラ・アン・ウォールアマンダ・ハーパー前作のエスケープ・ルーム参加者。ゲーム攻略中にゾーイの善き友人となった。
トーマス・コッケレルネイサン過去にエスケープ・ルームから生存した1人。自分だけが生き残ったことに苦悩している。
ホランド・ローデンレイチェル・エリス過去にエスケープ・ルームから生存した1人。先天的な遺伝子の異常で痛覚がなく、過去のゲームには同じ体質の人間が集められていた。
インディア・ムーアブリアナ・コリアー過去にエスケープ・ルームから生存した1人。爆発する鏡の部屋の影響で顔に傷を負っている。
カリート・オリベロテオ過去にエスケープ・ルームから生存した1人。その際の負傷で鼓膜が傷ついており、補聴器を常用している。
スポンサーリンク

エスケープルーム2:あらすじ

『エスケープ・ルーム2:決勝戦』は、エスケープ・ルームの恐怖体験を続けるホラー映画です。前作の生存者、ゾーイ・デイヴィスとベン・ミラーは、エスケープ・ルームを仕掛けたミノス社の打倒を目指してマンハッタンへ向かいます。しかし、彼らは新たなエスケープ・ルームに閉じ込められ、他の4人の生存者とともに脱出を試みます。

 

彼らは電流が流れる地下鉄車両、殺人レーザーが仕掛けられた銀行、液状化する砂浜など、一連の致命的な部屋を通過します。各部屋は、ゲームの勝者の娘ソニアの思い出を再現しており、最終的にはゾーイがアマンダとベンを救出し、警察に保護されます。しかし、彼らの安堵は長くは続かず、ミノス社による新たなゲームが始まることを示唆する結末を迎えます

 

スポンサーリンク

『エスケープ・ルーム2:決勝戦』の見どころ

1. 大掛かりなデスゲームの仕掛け**:ミノス社が設計した、部屋全体がトースターのような仕掛けや、廃線へ誘導される地下鉄の車両など、大掛かりで創造的なデスゲームが展開されます。

 

2. ミノス社の謎の解明**:前作では明かされなかったミノス社の運営側の正体に迫ります。特に「エクステンデッド・エディション」では、ゾーイを追う運営側のヘンリーが登場し、ミノス社の全容が徐々に明かされる展開があります。

 

3. 高い緊張感と謎解きの連続**:前作の興奮を引き継ぎ、生き残りのキャラクターたちが行動力と知恵を駆使して難易度の高い謎を解く様子は、観る者に緊張感とドキドキを提供します。

 

スポンサーリンク

エスケープルーム2:別エンディング

エスケープ・ルーム2:決勝戦 (エクステンデッド・エディション)

そしてこのエスケープルーム2には別のエンディングがあります。

ちょっと冒頭とラストが違う作品が2種類あるという事です。

当サイトで紹介しているNETFLIXとU-nextでは違うバージョンが配信されています。

このエスケープ・ルーム2:決勝戦 (エクステンデッド・エディション)はアマプラやU-nextなどで200~300円のレンタル作品になっています。

NETFLIXで配信のエクステンデットではないバージョンはNETFLIXで見放題無料で見れます。

 

エスケープ・ルーム2:決勝戦 (エクステンデッド・エディション)のあらすじ

『エスケープ・ルーム2:決勝戦』のエクステンデッド・エディションでは、物語の終盤に大きな違いがあります。

 

通常版では、前作でエスケープ・ルームに参加して死亡したとされていたアマンダが再登場し、ベンを人質に取り、ゾーイをパズルの制作者に指名します。

 

これに対し、エクステンデッド・エディションではアマンダは登場せず、代わりに通常版には登場しない運営側の人間であるヘンリーとパズル制作者のクレアが登場します。

 

これにより、酸の部屋以降の物語が両バージョンで異なり、エクステンデッド・エディションではクレアによって「ミノス社」に大きな痛手を与える展開となっています。

 

この違いは、ゾーイの物語の完結を意識したエクステンデッド・エディションに対し、通常版はさらなる続編の可能性を意識していると考えられます

 

俳優名登場人物名
テイラー・ラッセルゾーイ・デイヴィス
ローガン・ミラーベン・ミラー
インディア・ムーアブリアナ
ホランド・ローデンレイチェル
トーマス・コッケレルネイト
カリート・オリベロセオ
イザベル・ファーマンクレア
ジェームズ・フレインヘンリー

エスケープルーム2:クレア

『エスケープ・ルーム2:決勝戦』のエクステンデッド・エディションに登場するクレアは、ミノス社の関係者であるヘンリーの娘です。
彼女はゲームの考案者として描かれていますが、サイコパス気質のヘンリーによって監禁され、ゲームの設計を強いられている状況にあります。
クレアはこの状況に不満を抱え、ゲームに抜け道を用意し、ゾーイを助けるために呼び寄せます。ゾーイはクレアの存在を知らず、無意識のうちに彼女の脱出を手助けすることになります​

エスケープルーム2:感想。

両バージョンとも見ましたが、正直に言うとやはり1話のほうがなかなかスリルや一体感もろもろあって面白かったです。

でも1を見た人なら2を見ても話がつながっているのでまあまあ面白いとは思います。

できれば通常バージョンで飛行機の続きをド派手にパート3で作ってほしいですね。

エクステンデットに出てくるクレアもなかなかの狂気キャラなので、クレアのその後も見てみたい気もあります。

1を見てないと話が理解しにくいし面白くないので、まだ1を見てない方は先に1を見てからのほうがおすすめです。

エスケープルーム2:続編

先にも述べましたが

エスケープルーム2はまだ続編ができるラストになっていますが

エクステンデットの方は続編を作れなくもないですが、一応クレアが親父さんをラスト殺してしまうので

終了かなとは思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事