『八日目の蝉』何が言いたいのか?きわこのその後と小池栄子正体!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

2011年に公開された『八日目の蝉』は、角田光代の同名ベストセラー小説を映画化した作品です。

この映画は、不実な愛に翻弄された女性・野々宮希和子の悲痛な物語を描いています。彼女は、不倫相手の子どもを誘拐し、4年間にわたって愛情を注いで育て上げます。

しかし、彼女の行動は犯罪であり、やがて捕まり、刑を受けます。映画は、彼女が誘拐した子、恵理菜(薫)の視点を通して、彼女が成長してからの人生と、彼女と希和子との複雑な関係を描きます。

恵理菜は成長し、自分もまた不倫相手の子を身籠ります。過去と対峙するため、彼女はかつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かい、そこで新たな真実と対面します​

スポンサーリンク

八日目の蝉:あらすじ

不倫関係にあった野々宮希和子と秋山丈博が中心になります。希和子は、丈博との関係から子供を妊娠しますが、彼は責任を取ることなく、他の女性と結婚してしまいます。心に深い傷を負った希和子は、彼の娘、恵理菜を誘拐し、自分の子として4年間育てます。

恵理菜は希和子を本当の母親だと信じて育ちますが、希和子の逮捕によって実の両親の元へ戻されます。しかし、恵理菜は希和子との生活を忘れられずに苦しみます。成長した恵理菜は自分もまた、家庭を持つ男性と不倫関係になり、妊娠します。この出来事がきっかけで、彼女は過去に向き合い、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと旅立ちます。

スポンサーリンク

八日目の蝉:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
永作博美野々宮希和子不倫相手の子を誘拐し、母として育てる女性
井上真央秋山恵理菜(薫)希和子に誘拐され、彼女に育てられた女の子
田中哲司秋山丈博希和子の不倫相手
森口瑤子恵津子丈博の妻
田中泯キャストの一員
風吹ジュンキャストの一員
スポンサーリンク

八日目の蝉:何が言いたい?

この「八日目の蝉」はいったい何が言いたかったのでしょうか?

まず話の流れは、父の不倫相手から赤ちゃんの時に誘拐されてしまった恵理菜が、4歳になって保護され親元に戻る事となりますが、その特異な経験から本来の家族の元に戻っても、心を痛めた母とも上手く行かない愛情を感じられない環境で育ってしまいました。

そのため恵理菜は他人とは距離を置き、感情の抑揚の少ないどこか冷めた性格になっている様に見えました。その後、恵理菜が大学生になった時フリーライターだと言う千草が近づいて来て、彼女と交流を持つ中で語るのが、「蝉は地上に出てきてからは7日しか生きられないけれど、みんながそうなら悲しくない。もし8日めの蝉がいたら自分だけが残る事が悲しい・・」と言っていました。

この時の恵理菜は小さかった時の事はあまり覚えていない感じでした。母とは上手く行っていない事、自分を誘拐者とはいえ育ててくれた希和子も捕まってしまって居ない、愛情というものから遠ざかってしまった中で大人となっている現実からのとても孤独を感じる言葉でした。
それが千草と出会い自分の過去をたどる旅の中で、愛されていた事を思い出して行きます。

その道中で千草が「8日目の蝉は7日目の蝉が見れなかった綺麗なものを見れるかもしれない」と言う言葉に賛同するようになる恵理菜を見ていると、次第に前を向く事ができるようになってきた事が分かる言葉でした。一般的な人たちとは違う人生だったけれど、1日でも長く生きる事で良い事も感じられるような未来が来ると、希望を乗せたメッセージが込められている気がしています。

 

八日目の蝉: きわこのその後

あんなに愛した薫(恵理菜)だったので出所後一度くらいは会いに来るのかなぁとも思いましたが、作中ではそんなシーンは一切ありませんでした。

ただ、フリーライターの千草が言うには、担当弁護士が出所後ハガキをもらってその消印が東京だったとの事で、でも東京には良い思い出が無いのでもうそこには居ないだろうと言っています。

その後、恵理菜と千草が過去に暮らした小豆島をめぐる度に出かけます。そこで希和子と別れてしまう直前に撮った写真館にたどり着き、そこの店主から希和子は出所後(5年前に)ここに来て”あの日”の家族写真を取りに来ていた事が分かります。

という事は出所してから1年後なので、私が想像するのは、遠くから密かに大きくなった恵理菜の事をみつめていて、その1年間で心の整理をつけ写真館へ出向いて行ったのかなぁと思いました。きっとこの写真を一生の宝としてどこか遠くで1人生きて行く覚悟をしたのだと思います。

八日目の蝉:小池栄子正体

小池栄子さん演じる安藤千草の正体は、薫(恵理菜)が幼少期に入所していたエンジェルホームのメンバーの1人でした。中盤で千草はその事を恵理菜に告白して、それがぐっと恵理菜の心を掴んで行ったと思います。

彼女の存在が無ければ、ずっと事件を引きずり悶々とした気持ちで生きて行ったのではと思います。しかし千草のお陰で恵理菜は過去と向き合う事ができ、愛情いっぱいの生活を送っていた事を思い出して行くのが心を打ちました。ちょっと猫背で強引に恵理菜に近づいて行く独特な雰囲気を持つ千草を小池栄子さんが自然な感じて演じていて、彼女の演技力にも魅了されます。

スポンサーリンク
おすすめの記事