実写版ディズニー映画「わんわん物語 」

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

アニメのように2人はスパゲッティを一緒に食べる?アニメと違いあり!?キャストを解説します!

ウォルト・ディズニーから1955年に上映されたアニメ映画「わんわん物語」が、ついに実写化映画として2019年に公開されました。

劇場での上映はなく、Disney+から独占的に配信されています。

スポンサーリンク

見どころ

本作の原作アニメで、誰もが知っているシーンと言えば、レディとトランプが一緒にスパゲッティーを食べる光景です。

飼い主に子供ができ、蔑ろにされていたレディが、新たに出会った友人と街に冒険に出ることで、成長していきます。様々な飼い主や猫などから、心優しいトランプに救われます。そして、トランプとレディはお互いを想うようになり、トランプは犬好きの店員がいるレストランへレディを誘います。

オーナーが提供する美味しい食事とロマンティックな演出に、2人は同じお皿で食べるスパゲッティを食べるのでしょうか?

スポンサーリンク

キャスト

・主人公レディ:テッサ・トンプソン(行成とあ)

 アメリカン・コッカー・スパニエルの雌犬。

・トランプ:ジャスティン・セロー(咲野俊介)

 飼い主に捨てられた経験があり、野良犬収容所の捕獲人であるエリオットに追いかけられる日々を送る雑種の雄の野良犬。

・ジム・ディア:トーマス・マン(花輪英司)

 レディの飼い主で、ダーリングの夫である音楽家。

・ダーリング・ディア:キアシー・クレモンズ(水野貴以)

 ジムの妻。赤ちゃんが生まれてからはジムと共にレディにも変わらない愛情を注ぐ。

・エリオット:エイドリアン・マルティネス(後藤光祐)

 野良犬収容所の捕獲人。

・ペグ:ジャネール・モネイ(塩田朋子)

 ラサ・アプソの雌犬。野良犬でブルの友達、歌が得意。

・ジョック:アシュリー・ジェンセン( 雨蘭咲木子)

 レディの隣の家に住むスコティッシュ・テリアの雌犬。

・セーラ:イヴェット・ニコール・ブラウン(和優希)

 イヌを毛嫌いするダーリングの叔母で猫デヴォンとレックスを飼っている。

・トラスティ:キアシー・クレモンズ(宝亀克寿)

 年老いて鼻が利かなくなったブラッドハウンドの雄犬。飼い主は医者。

・ブル:ベネディクト・ウォン(楠見尚己)

 ブルドッグの雄犬。ペグとともに生活を送っている。

・トニー: F・マーリー・エイブラハム( 立川三貴)

 レストラン「トニー」のオーナーでトランプがレディの良い味方。

・ジョー: F・アルトゥーロ・カストロ( IKKAN)

 レストラン「トニー」の従業員でマンドリンを弾いてトニーの歌を盛り上げる。

・デヴォン:ネイト・ワンダー

・レックス:ローマン・ジアンアーサー(津田英佑)

 セーラが飼っているデボンレックスの雄ネコ。

 ※日本語版の声優()

スポンサーリンク

感想

新たな配役と犬を始めとする動物の感情のこもった演技が印象的で、原作のアニメとは違う新鮮味のある実写版映画でした。アニメのキャラクターは知っている人が多い中、ストーリーを知らない人にもおすすめのディズニー実写映画です。心温まる冒険の物語でもあり、友情や主人公のロマンス映画でもあります。

ディズニーファンはもちろん、犬や動物が好きな人に必見の映画です。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事