「ある男」Netflixおすすめ映画~あらすじ・感想・評価、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

ある男は3/1日よりNETFLIXで配信されます。

『ある男』は、平野啓一郎による長編小説が原作で、2022年に石川慶が監督を務め、映画化されました。

映画の主要キャストには妻夫木聡、安藤サクラ、窪田正孝、清野菜名、眞島秀和、仲野太賀、真木よう子、柄本明などが名を連ねています。

作品は、第46回日本アカデミー賞で最優秀作品賞を含む8つの最優秀賞を受賞しています。映画の興行収入は5億100万円に達しています​。

スポンサーリンク

ある男:あらすじ

物語は、主人公の城戸が過去の依頼者である里枝から、亡くなった夫・大祐の身元調査を依頼されるところから始まります。

里枝は、夫を失った後に、彼が別人であることを知ります。この発見を通して、物語は愛や過去、そして人間の存在について深く掘り下げていきます。

城戸は、在日韓国人というアイデンティティに直面しながら、自分と他者の過去や現在を探求する過程で、多くの社会的問題に触れます。物語の中で、東日本大震災の影響や、関東大震災時の朝鮮人虐殺事件などが、城戸の思想や行動に大きな影響を与える場面も描かれています。

また、物語の中心にある谷口大祐のキャラクターは、家族に比べられ続ける生活や、父の臓器移植のための犠牲など、困難な背景を持っています。これらの経験は、彼が戸籍交換に挑むきっかけとなり、物語に深い層をもたらします。

映画版では、原作の細かな要素が省略されており、物語の一部の解釈やキャラクターの描写に違いがある点が特徴的です。映画の終盤には、主人公の城戸が自身のアイデンティティを模索し、彼が他人の経歴を語る場面が象徴的に描かれています。

スポンサーリンク

ある男:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
妻夫木聡城戸章良物語の主人公で、依頼された夫の身元調査を行う弁護士
安藤サクラ谷口里枝亡くなった夫の正体を追求する女性
窪田正孝谷口大祐(X)里枝の夫で、他人になりすました謎の人物
清野菜名後藤美涼谷口大祐(本物)の元恋人
眞島秀和谷口恭一谷口大祐の兄であり、家業を継いだ人物
小籔千豊中北城戸の同僚
坂元愛登谷口悠人里枝の息子
山口美也子武本初江谷口里枝の母
仲野太賀谷口大祐(本物)本物の谷口大祐、彼の正体と過去が物語の鍵
真木よう子城戸香織城戸章良の妻
柄本明小見浦憲男過去の事件を知ってる?
きたろう伊東谷口大祐(X)の勤め先の社長
カトウシンスケ柳沢谷口大祐(X)の過去を知ってる?
河合優実谷口大祐(X)の過去を知ってる?
でんでん小菅谷口大祐(X)の過去を知ってる?
スポンサーリンク

ある男:感想

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事