「タッカンジョン」Netflixおすすめ韓国ドラマ~あらすじ、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『タッカンジョン』はNetflixで配信されている韓国ドラマで、ある日不思議な機械に足を踏み入れた結果、タッカンジョン(鶏のからあげ)に変身してしまったミナと、彼女を人間の姿に戻そうとする父親ソンマンと、ミナに片思いをするインターン社員ベクジュンの奇妙な冒険を描いています。

このドラマは、パク・ジドク作家によるウェブ漫画が原作であり、イ・ビョンホン監督による演出でドラマ化されました。主要キャストには、リュ・スンリョンがミナの父親ソンマン役、アン・ジェホンがインターン社員ベクジュン役、キム・ユジョンがミナ役を演じています。

『タッカンジョン』はNetflixにて2024年3月15日から独占配信が始まっており、そのユニークな設定と心温まる家族の絆が描かれたストーリーで、多くのファンから注目を集めています。

興味深いのは、このドラマが原作ウェブトゥーンの独特な世界観とキャラクターをどのように映像化しているかという点です。また、過去に大ヒット作『エクストリーム・ジョブ』で成功を収めたイ・ビョンホン監督とリュ・スンリョンの再タッグも見どころの一つと言えるでしょう。

Netflixでの配信を通じて、『タッカンジョン』は2024年のネットフリックス作品の中でも特に注目されている韓国ドラマです。その斬新な物語と、個性的なキャラクターによって新しいエンターテインメントの可能性を提示しています。Netflixでぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

タッカンジョン:あらすじ

 不思議な機械に足を踏み入れた女性が、なんとタッカンジョンに変身!? 娘を人間に戻したい父親は、彼女に想いを寄せる男とともに奇妙な大冒険に乗り出す。 
スポンサーリンク

タッカンジョン:キャスト

  • チェ・ソンマン(演:リュ・スンリョン): モドゥン機械の社長。娘ミナを元の姿に戻そうと奔走します。
  • コ・ベクジュン(演:アン・ジェホン): ソンマンの娘、ミナに片思いをしているインターン社員。
  • チェ・ミナ(演:キム・ユジョン): 不思議な機械によってタッカンジョンに変わってしまう人物。
スポンサーリンク
おすすめの記事