「サイコだけど大丈夫」はつまらない?気まずいシーンやなぜ人気なのか、母親なぜ生きてる?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『サイコだけど大丈夫』の中心にいるのは、精神病棟で働くムン・ガンテと、愛を知らずに育った冷たい性格の人気童話作家コ・ムニョン。

二人の出会いと交流を通じて、愛と癒しの力が描かれています。

ガンテは自閉スペクトラム症の兄サンテと暮らし、日々の生活に奮闘している一方で、ムニョンは自分自身の過去と向き合い、新たな人間関係を築こうとします。

スポンサーリンク

サイコだけど大丈夫:あらすじ

『サイコだけど大丈夫』のあらすじは、深く感動的で、心理学的な側面も豊かな物語です。

ムン・ガンテは精神病棟で働く看護師で、自閉スペクトラム症の兄ムン・サンテと二人で生活しています。彼らの日常は、ある日、人気童話作家コ・ムニョンの出現によって一変します。ムニョンは愛を知らずに育ち、冷たい性格を持っていますが、ガンテに興味を持ち、彼の人生に飛び込んできます。

 

このドラマは、これらのキャラクターたちの心の奥深くにある傷と成長を描いています。ガンテとムニョンは、それぞれ過去のトラウマと向き合いながら、互いの存在を通して癒やしを見出していきます。サンテの絵の才能や、ナム・ジュリやイ・サンインなどの他の登場人物との関係も、物語に深みを加えています。

スポンサーリンク

サイコだけど大丈夫:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
キム・スヒョンムン・ガンテ精神病院で働く看護師。自閉症スペクトラムにある兄のサンテと共に暮らしている。
ソ・イェジコ・ムニョン人気童話作家で、愛を知らずに育った冷たい性格の持ち主。
オ・ジョンセムン・サンテガンテの兄で、自閉スペクトラム症。絵の才能があり、ムニョンの大ファン。
パク・ギュヨンナム・ジュリ看護師。ガンテとムニョンの同級生で、ガンテの友人。
キム・ジュホンイ・サンイン出版社「サンサンイサン」の代表で、ムニョンを育てた編集者。
カン・ギドゥンチョ・ジェスガンテの唯一の親友で、ガンテ兄弟に非常に忠実。
キム・チャンワンオ・ジワン精神病院「OK精神病院」の院長。ガンテをサポートする。
スポンサーリンク

サイコだけど大丈夫:気まずい?

気まずいシーンは殆ど無いと言っても良いかと思います。

というのも、主人公ムン・ガンテは小さな頃から兄や母親との関係などに葛藤を抱え他人と深く関わる事をさけて生きて来た青年なので、ラブシーンもなかなか出てきません。

ヒロインのコ・ムニョンも独特な家庭環境で育ってきたため”愛”というものが良く分からずで、こんな2人が恋に落ちて行くのもとってもゆっくりで、ギリギリまで近づいたかと思えば離れたりと『あぁ~もうっ!』とヤキモキする事が多い展開なのです。

それが大きく変わるのが11話です。

ムニョンの事が心配でガンテが家に駆けつけたシーンで、少し口喧嘩になった後でのまさかの突然のキスにビックリしてしまいます。結構濃厚なキスなので、お子様と観るにはちょっとお互い気まずいかもしれません。これ以降は仲良くなる二人のちょっとしたでも素敵なキスシーンがちらほら見られるようになります。

サイコだけど大丈夫:母親なぜ生きてる?

中盤でのムニョンがガンテに家族の過去の事を告白するシーンでは、父が病んでいて、ある日頭から血を流していた母を地下室に閉じ込めたけれど母は消えたって言っています。

ムニョンの父親は13話で、体調が悪化したベッドの中で看護師長に過去の罪を告白しています。妻の罪を知り残される娘を心配して、階段から突き落として殺したと言っています。

暗い部屋に置いて鍵を閉めるシーンが出てきて、それをムニョンが目撃してしまったと嘆きます。更に遺体(?)をカバンに入れて湖に沈める様子もあります。これはもう確実に亡くなっていると思ってしまいますね。

ムニョンの夢では湖から出てくる母の映像が出てきますが、何らかの偶然が重なり生きたいという執念で脱出できたものと想像します。そして生きてムニョンの父親が入院する病院で長年看護師として働いてきたのも、夫が弱って行く姿を楽しんでいた様です。粘着質でなんと怖い性格なのでしょう。

サイコだけど大丈夫:つまらない?

最初の絵本のストーリーと、リアルな人たちとの接点が分かりにくく感じました。

また、各登場人物の紹介場面が続くものの、どういった展開になるのか読めないまま進んで行くので、ちょっとつまらないも・・と観るのを止めてしまうのかも知れません。

とりあえずワガママな感じの童話作家のコ・ムニョンと、優しい感じの介護士ムン・ガンテが出会って次第に恋に進んでいくとは予想がつくのですが、まだまだ前半はとっちらかった印象がありました。

でもこの2人の生きて来た過酷な背景が分かってくる頃には、いつのまにかストーリーに引き込まれて行きました。韓国ドラマあるあるの、スタートは面白く感じなくても見続ける事でその面白さが実感できる展開なのではと思います。

サイコだけど大丈夫:感想

主演の1人ムン・ガンテ役のキム・スヒョンさんは、私にとっては「星から来たあなた」(’13-14)以来のお久しぶりの方でした。
当時25才の彼がこの作品で32才となっていてもあの可愛さを失わず、良い感じに大人の男性となっていました。(監督は分かって撮っているのかは分かりませんが、彼のムニョンをなでる時必ず手のアップがあり、それがとてもりりしく美しいのです。)

今回は自閉症の兄と暮らす中でいろいろあって心を閉ざしていたのが、ムニョンと出会う事で少しずつ成長して行くのが見どころでした。

後半サスペンス色も出てきますが、ガンテと兄のサンテそしてムニョンも加わって、長い道のりでしたが最後には家族のようになっていくのが微笑ましく描かれています。中でも2人の素敵なラブシーンは必見です。そして、絵本の言葉だったり登場人物のセリフの中に、心に刺さる言葉がちりばめられているのも魅力の1つです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事