映画『RUN』は気まずい?どこで見れる?背中の傷の意味、ラストは義足なのかを考察!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

映画『RUN』は初めて見ましたが、なかなか面白かったです!

 

映画『RUN』はアニーシュ・チャガンティ監督の2020年のアメリカ製サスペンス映画で、17歳の病弱な少女クロエと彼女の母ダイアンの過保護な関係性の裏に隠された恐ろしい秘密が描かれています。

この映画の主演はサラ・ポールソンとキーラ・アレンが務めており、日本では2021年6月18日に公開されました。

 

 

スタッフキャスト
出演ダイアン: サラ・ポールソン
クロエ: キーラ・アレン
パット・ヒーリー: セーラ・ソーン
声の出演トニー・レヴォロリ
監督アニーシュ・チャガンティ
音楽トリン・バロウデイル
脚本アニーシュ・チャガンティ, セヴ・オハニアン
製作ナタリー・カサビアン, セヴ・オハニアン
スポンサーリンク

映画RUN:あらすじ

見どころ

母のゆがんだ愛と、それから逃げようとする車椅子の娘の濃密な心理戦がスリリングに描かれる。『アメリカン・ホラー・ストーリー』のサラ・ポールソンが毒母を怪演。

ストーリー

生まれつきの病を抱え、車椅子生活を送るクロエ。それでも常に前向きで好奇心旺盛な彼女は、地元大学への進学を望み、自立しようとしていた。だがある日、自分の生活をサポートし、進学の夢も後押ししてくれている母親・ダイアンに不信感を抱き始める。
スポンサーリンク

映画RUNは気まずいシーンある?

家族などとみて気まずくなるヌードシーンや絡みのシーンはありません。

 

ただ母親のダイアンがシャワーを浴びてるシーンがありますが、後ろ姿なので大丈夫です。このシャワーシーンは母親のダイアンの背中に傷があることを印象づける意味合いもあるので官能的なものでは一切ありません。

 

あとはスプラッター系や残虐なシーンもありません。

精神的な怖さがメインなのでご家族などとも普通に見れると思います。

 

スポンサーリンク

映画RUN:母親ダイアンの背中の傷

始まって36分あたりで母親ダイアンのシャワーシーンがあります。

 

娘のクロエに動物用の薬を飲ませていることがばれ、クロエを眠らせて部屋に軟禁したのですが、どうしたらよいかシャワーを浴びながら途方に暮れてるダイアンの背中には痛ましいキズが・・

おそらくダイアン自身も親に虐待を受けていたと印象づけるシーンだと思います。

 

このことから、ダイアンは自身の幼少期における親からの虐待を経て俗に言われる代理ミュンヒハウゼン症候群に至ったと考えられます。

 

 

代理ミュンヒハウゼン症候群とは?

代理ミュンヒハウゼン症候群(だいりミュンヒハウゼンしょうこうぐん)は、親や保護者が自分の子供に対してわざと病気を作り出したり、病気であると偽って医師に訴えることで、注目や同情を集めようとする心の病気です。

例えば、親が子供にわざと薬を飲ませて病気の症状を出させたり、子供が病気であると嘘をついて医師に診察を受けさせることがあります。これは、親が「病気の子供を一生懸命世話する良い親」として周りから注目や同情を得たいという心理からくる行動です。

この症候群は、子供にとって非常に危険な状態であり、虐待の一形態とも言えます。もし、このような状況が疑われる場合は、すぐに専門家や関連機関に相談することが重要です。

映画RUN:ところで実話なの?

これは実話ではありませんが、ちょっと参考になる事件でディー・ディー・ブランチャード殺害事件というのがあります。

 

ディー・ディー・ブランチャード殺害事件は、2015年にアメリカ合衆国ミズーリ州で起きた殺人事件で、代理ミュンヒハウゼン症候群の疑いがある母親、ディー・ディー・ブランチャードが娘のジプシー・ローズ・ブランチャードによって殺害された事件です。

 

ディー・ディーは、ジプシーが幼いころから彼女を病気であると偽り、車椅子に乗せて生活させていました。ジプシーは発育不全、てんかん、白血病などの病気を持っているとされ、さまざまな治療や手術を受けさせられていました。しかし、実際にはジプシーは健康であり、ディー・ディーの虐待によって病気であると偽られていたのです。

 

ジプシーは成長するにつれて自分の状況を理解し、インターネットを通じて知り合った男性、ニコラス・ゴデジョンと共謀して母親を殺害しました。

事件後、ジプシーは殺人の罪で有罪判決を受け、10年の刑を言い渡されました。

 

この事件は、代理ミュンヒハウゼン症候群の危険性や、親子関係の歪みがどれほど深刻な問題を引き起こす可能性があるかを示す例となりました。

 

 

映画RUN:クロエのラストは義足?

ラストのほうでクロエが母ダイアンに面会に行くところで、車椅子から立って歩くシーンがありますが、あれは義足なのかどうなのか?と思いましたがおそらく義足ではないと思います。

 

わざわざ刑務所の探知機を通る数歩のためだけに義足を履かなくても、職員が手伝うと言ってるのを断って自力で歩いたのは、母親からの毒物接種を断って7年たっているので、リハビリを経てほんの数歩ですが杖を使いながら歩けるようになったと思われます。

 

クロエは数日か数週間かは定かではありませんが、母親から与えられる薬が毒物だと知って飲んでいませんでした。なので7年前に母親が撃たれたとき、足で踏ん張って車椅子を押す母親に抵抗することができました。数日飲まなかったことで多少ですが足に力が入ったのですから7年たてば、杖を使ってですが数歩歩けても不思議ではありません。

 

そうでなければこの歩くシーンは必要ありませんので。

映画RUN:キャスト

サラ・ポールソン

サラ・ポールソンは1974年12月17日にアメリカ合衆国フロリダ州で生まれ、映画、テレビ、舞台で幅広く活躍しています。

彼女のキャリアのターニングポイントとなったのは、2006年から放送されたNBCのテレビドラマ「Studio 60 on the Sunset Strip」への出演で、これがきっかけで初めてゴールデングローブ賞にノミネートされました。

 

その後も彼女の評価は上がり続け、FXのミニシリーズ「アメリカン・クライム・ストーリー/O.J.シンプソン事件」でのマーシャ・クラーク検察官役では、エミー賞の主演女優賞をはじめ、ゴールデングローブ賞、映画俳優組合賞、クリティックスチョイス賞、テレビ批評家協会賞を受賞しました。

 

また、FXの大ヒットシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー」では、シーズン8で主演を務め、監督デビューも果たしました。

このシリーズでは、彼女は「カルト」のアリー・メイフェア・リチャーズ役、「ホテル」のサリー役、「怪奇劇場」の総合体双生児ベットとドット・タイラー役、「魔女団」のコーデリア・フォックス役、「精神科病棟」のラナ・ウィンターズ役を演じ、5度エミー賞にノミネートされ、クリティックスチョイス賞も2度受賞しました。

 

最近では、Netflixシリーズ「ラチェッド」で主演と製作総指揮を務め、ゴールデングローブ賞で主演女優賞にノミネートされました。

このシリーズは配信開始と同時に世界50カ国で1位を獲得し、Netflixのシリーズの中で配信1週目に最も観られた作品となりました。

 

キーラ・アレン

ニューヨークを拠点に活動する役者であり脚本家の彼女は、2017年に19歳でオフブロードウェイデビューを果たしました。

その後も、ケイプ・コッド・シアター・プロジェクト、プレミア・ステージ、シアター・ブレイキング・スルー・バリアーズ、ロイヤル・コート・シアターなどで舞台に立ち、その才能を発揮しています。

クロエ役はオーディションで選ばれたもので、実生活でも車椅子を利用しています。

彼女はマギー・フラニガン・スタジオでマイズナー・テクニック演技を学び、現在はコロンビア大学のクリエイティブ・ライティング・プログラムで学んでいます。

 

映画RUN:感想

この映画はなかなか面白いですよ。

そもそも母親ダイアンは人さらいです^^汗

自分の産んだ子が数時間で死んでしまい、病院から他人の赤ちゃんをさらって毒物を摂取させ、不自由な子供を育て上げ献身的に世話する母親を17年も演じてたわけです。

娘のクロエは機転が利く頭の良い子だったので結果自分を取り戻せましたが、もし自分だったどうだったかなと考えると恐ろしいです。

 

母親から脱出するときの足の不自由さが絶妙にリアルで、クロエ役のキーラ・アレンさん、本当に足が悪くて車いす生活されてるそうなので、なるほどな~と思いました。とてもいい演技されていました。

 

撃たれて死んだと思った母親ダイアンですが医療刑務所に入ってました。

クロエが面会に行きダイアンと楽しそうに話してるのですが、帰り際

 

「ママ、お薬の時間ですよ~」

 

と言って出した薬が自分が飲まされた例の薬だったので衝撃でした。

それを飲めばクロエのように歩けなくなるのを知ってか、どうみても顔が引きつってる母ダイアン。

 

虐待の連鎖は親から子へ受け継がれていく。

そんな感じに受け取りました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事