あの頃君を追いかけた【netflix】なぜ付き合わなかった?パラレルワールドとは?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『あの頃、君を追いかけた』は、2011年に台湾で公開された恋愛映画です。

日本では2013年に公開され、その後、2018年に山田裕貴主演でリメイク版が公開されました。

 

監督・キャスト
監督長谷川康夫
出演山田裕貴, 齋藤飛鳥, 松本穂香, 佐久本宝, 國島直希, 中田圭祐, 遊佐亮介

理由は一つではないと思いますが、一言で言うならタイミングなのかなと思います。

 

高校の卒業の時、松本穂香から「誰と付き合うのか決めてるの?」という感じの質問に

齋藤飛鳥が「もしね・・・」といった後、耳打ちするようにひそひそ話ます。

 

後の回想シーンで「・・・」のところは「浩介に告白されたらうれしいな」のような発言だったことがわかります。

浩介自身も真愛が好きだと言ってるので、はっきり付き合おうと言っていれば付き合っていた可能性が高いはずです。

 

浩介が真愛に「俺のことどう思ってる?」といった後すぐ、やっぱり今は聞きたくない的なことを言ってしまいます。

まだまだ恋愛下手な青春のあるあるなのかもしれませんが、ちょっとの勇気とタイミングで結果は違っていたかもしれません。

 

もしもあの時告白していたら・・・

そんな誰しも一度くらいはありそうな青春のリアルだった気がします。。

 

スポンサーリンク

あの頃君を追いかけた:パラレルワールドとは?

パラレルワールド(並行世界)とは、私たちが住んでいるこの世界とは別に存在すると考えられる「もう一つの世界」のことを指します。

このアイデアは、科学、哲学、文学、映画など多くの分野で取り上げられています。

わかりやすい例で説明すると:

  1. 分かれ道の例: ある日、学校に行く途中で2つの道があり、どちらに行くか迷ったとします。一つは短いけれど危険な道、もう一つは長いけれど安全な道。この時、パラレルワールドでは、短い道を選んだ「あなた」と長い道を選んだ「あなた」がそれぞれ存在すると考えられます。

  2. デオゲームの例: お気に入りのビデオゲームで、選択肢が出てきたとき(例えば、敵を倒すか助けるか)、それぞれの選択でストーリーが変わるように、パラレルワールドもそれぞれ異なる「ストーリー」が進行していると考えられます。

  3. お話の例: 「シンデレラ」のお話で、王子様がシンデレラを見つける場面を考えてみましょう。パラレルワールドでは、シンデレラが王子様に見つかる世界と、見つからない世界が存在するかもしれません。

なぜ考えられるのか?

  1. 科学的な理由: 量子力学という科学の分野では、粒子(とても小さい物質)が複数の状態に同時に存在できるとされています。これを大きな世界に適用すると、パラレルワールドが存在する可能性があります。

  2. 哲学的な理由: 人々が「もし〜だったらどうなっていたか」と考えることが多いからです。この「もし」の部分が、別の世界で実現している可能性があります。

  3. エンターテイメント: 映画や小説では、パラレルワールドをテーマにした作品が多くあります。それによって、面白いストーリーが生まれます。

以上のように、パラレルワールドは多くの面で考えられ、興味深いテーマとなっています。

でも、今のところこれが本当に存在するのかは、科学的にはまだ証明されていないので、想像の範囲で楽しむことが多いです。

 

スポンサーリンク

あの頃君を追いかけた:りんごの意味

山田裕貴がリンゴをまるかじりするシーンが何回かありますが、そのリンゴに絡めて山田裕貴がたまたま知った「The apple of one’s eye」というキーセンテンスがあります。

 

「The apple of one’s eye」という表現は、英語の成句(イディオム)であり、特に大切に思っている人やものを指す場合に使われます。

この表現は、親が子供に対して、または恋人同士、あるいは友達、ペット、貴重な物など、何かを非常に大切に思っているときによく用いられます。

 

例文:

  1. “My daughter is the apple of my eye.”

    • 「私の娘は私にとって非常に大切です。」
  2. “That car is the apple of his eye.”

    • 「その車は彼にとって非常に大切です。」
  3. “You are the apple of my eye.”

    • 「あなたは私にとって非常に大切です。」

この表現は、文学作品や歌詞、映画などでもよく見られます。

感情的な価値や愛情を強調するために使われることが多いです。

 

あの頃君を追いかけた:メッセージ

映画『あの頃、君を追いかけた』では、青春と恋愛に関するいくつかの重要なメッセージが込められています。以下はそのいくつかです:

青春の価値と儚さ

この映画では、青春の期間が一生に一度しかない、特別で儚い時期であるというメッセージが強調されています。主人公たちは成長とともに多くの変化と挑戦に直面し、その過程で自分自身や他人、そして世界について多くを学びます。

恋愛の甘酸っぱさとリアル

映画は、恋愛が常に甘いものではなく、時には苦い経験も含むリアルな一面を描いています。主人公・水島浩介が早瀬真愛に対する気持ちをどう表現するか、どう接するかという過程で、恋愛の複雑さと深さが描かれています。

成長と自己認識

主人公とその友人たちは、恋愛だけでなく友情や家庭、学業など多くの面で成長を遂げます。特に水島浩介は、早瀬真愛への恋心を通じて、自分自身について深く考え、成長していく姿が描かれています。

運命とタイミング

映画はまた、恋愛においては運命だけでなく「タイミング」も重要であるというメッセージを送っています。二人がどれだけお互いに感じ合っていても、タイミングが合わなければ関係は進展しないこともある、という現実を描いています。

 

以上のように、映画『あの頃、君を追いかけた』は青春と恋愛に対する多角的な視点を提供しています。それぞれの観客がこの映画から何を感じ取るかは個々に異なるでしょうが、多くの人々が共感できる普遍的なテーマが織り交ぜられています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事