Netflixで見れる『カラオケ行こ!』

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

合唱部部長の岡聡実はヤクザの成田狂児に突然カラオケに誘われ、歌のレッスンを頼まれることに。

狂児は、組のカラオケ大会で最下位になった者に待ち受ける“恐怖”を回避するため、何が何でも上達しなければならないといけないのですが、狂児の勝負曲は X JAPAN の「紅」。聡実は、狂児に嫌々ながらも歌唱指導を行います。

ですが、いつしかふたりの関係が変化していきます。狂児は最下位を免れることができるのでしょうか?

スポンサーリンク

キャスト

成田狂児―綾野剛

4代目祭林組の若頭補佐。カラオケはX JAPANの「紅」が十八番。中学生の岡聡実に歌の指導を頼む。

 岡聡実―斎藤潤

中学三年生で合唱部部長。まじめだが毒舌。編成期で高い声が出づらくなっているのが悩み。

スポンサーリンク

おすすめポイント① 異様な友情

この映画は、中学生とヤクザがカラオケへ一緒に行き、歌の指導・練習をすることで絆が芽生えていく変わった物語です。現実世界では絶対にありえないからこそ2人の不思議な関係に虜になります。

最初はもちろん、中学生の聡実は警戒しておりなかなか心を開きませんが、徐々に2人の関係性が変化していく様子はとても面白いです。

思春期ならではの心情や声変わりといった悩みも相まって、中学生の聡実がとてもかわいらしく思えます!

狂児はヤクザですが、聡実のことを一人の友人としてかわいがっている様子にギャップを感じ、そのギャップもたまりません。

おすすめポイント② ギャグセンの高さ

この映画のセリフは大阪弁ということなので、おそらく舞台は大阪です。ということで、笑ってしまうポイントがいくつもあります。

物語は派手なストーリーではないので、シュールな笑いがちりばめられており、何度もクスッと笑ってしまいます。ヤクザの組員がたくさん出てくるシーンでは、いかにもヤクザ!という人物がいたり、ふざけすぎでは?と思うような恋キャラクターがたくさん出てきます。

そして全員漏れなく歌が下手なのも可笑しくて笑ってしまいます。ヤクザに対して正直に歌の感想を述べる聡実がとても清々しいです^^


この映画をみて友情の中にある「愛」を感じました。そして、友だちは世代を超えてできるものだと気づかされました!

ヤクザや中学生と友達になろうと思っているわけではないですが、どんなことがきっかけで友情が芽生えるかわからないなと思いました。自分の中にはなかった価値観を見出してくれた映画でした!

 綾野剛さん演じる狂児が「紅」を熱唱するシーンは必笑です!比較的短い映画なので、軽い気持ちで是非見てみてください^^

 

スポンサーリンク
おすすめの記事