「それがいる森」はグロい?Netflixおすすめ怖い映画~あらすじ・感想・評価、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『それがいる森』は、主人公の田中淳一が息子・一也とともに新しい生活を始める様子から始まります。

淳一は都会の喧騒から離れ、故郷の福島県でミカン農家として静かな生活を送っていました。

一方で、息子の一也は東京で母親によって厳しい勉強を強いられており、ストレスを感じて家出して父親のもとへ来ます。

この静かな生活は、町で起こる不可解な怪奇現象によって一変し、淳一と一也は未知の恐怖に直面することになります。

この映画は、日常の平和が突如として崩れ去る様子と、親子の絆を描いており、観る者を不安と緊張感の中に引き込みます。

スポンサーリンク

それがいる森:あらすじ

この物語は、田中淳一と彼の息子・一也が主人公です。淳一は都会の生活を離れ、故郷の福島県でミカン農家として新しい生活を始めています。

しかし、一也は東京で母親によって厳しい勉強を強いられ、ストレスを感じて家出して父親のもとへ来ます。そんな静かな日常が、町で起こる不可解な怪奇現象によって一変し、淳一と一也は未知の恐怖に直面することになります。

 

この映画では、淳一と一也が町で起きる怪奇現象の謎に迫る過程が描かれます。

警察は怪物の存在を信じていないが、子供たちの被害が多いため、学校に子供たちを泊まらせて山狩りを始めます。

 

一也はさらわれた友人を助けようと怪物を追い、父・淳一と共に怪物に食われそうになります。しかし、淳一が持っていたミカンが感染した病気の細菌で怪物が死に、淳一と一也は生還します。怪物は撤退し、UFOも飛び去ります。

スポンサーリンク

それがいる森:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
相葉雅紀田中淳一主人公。農家で、息子とともに得体の知れない恐怖に直面する。
松本穂香北見絵里一也の担任の先生。
上原剣心赤井一也淳一の息子。東京から家出して父のもとに来る。
江口のりこ赤井爽子淳一の元妻。一也の母。
眞島秀和綾波武史警部。
宇野祥平長尾良平淳一の農業仲間。
松浦祐也中村良一町の駐在員。
酒向芳岩村義男町長。
野間口徹湯川大輔一也の通う小学校の教頭。終盤で重要な役割を果たす。
小日向文世児玉勉“それ”を目撃したと証言する目撃者。
尾形貴弘強盗犯“それ”の第一被害者。
スポンサーリンク
おすすめの記事