メリダとおそろしの森:魔女の正体は?ケーキから三つ子の熊誕生!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

「メリダとおそろしの森」(原題: Brave)は、ピクサー・アニメーション・スタジオ製作のアニメーション映画で、2012年に公開されました。

この映画は、スコットランドの古代の伝説を背景にしたオリジナルストーリーで、強い意志を持つ赤毛の王女メリダが主人公です。

映画は、家族との絆や自分自身を受け入れることの大切さ、そして自分の運命を自分で選ぶ勇気についてのメッセージが込められています。

 

監督Mark Andrews, Brenda Chapman
キャストKelly Macdonald
Billy Connolly
Emma Thompson
Julie Walters
Robbie Coltrane
Kevin McKidd

メリダは、自分の運命を変えたいと強く願っていました。

彼女は古代の石碑の近くの森を探索する中で、魔女の住む小屋を発見します。

この魔女は、彫刻家としての顔を持ちながら、魔法のアイテムを密かに販売していました。

 

メリダは魔女に、自分の運命を変える魔法を求めます。

魔女は最初は渋っていましたが、メリダが彼女の彫刻を購入することを条件に、魔法のケーキを提供します。

このケーキを食べると、運命が変わると魔女は言いました。

 

しかし、メリダが母親のエリノアにケーキを食べさせると、彼女は巨大な熊に変わってしまいます。

メリダは驚き、魔女の小屋に戻りますが、魔女は既に出発しており、彼女の代わりにメッセージを残していました。

そのメッセージには、魔法を解くためのヒントが書かれていました。

 

魔女の魔法とヒントを頼りに、メリダは母親を元の姿に戻すための冒険を続けます。

最終的に、母と娘の絆と理解が深まる中で、魔法は解かれ、エリノアは元の姿に戻ります。

 

スポンサーリンク

メリダとおそろしの森:魔女の正体は?

「メリダとおそろしの森」に登場する魔女の正体については、映画の中で明確には語られていません。

しかし、彼女は熟練の彫刻家であり、石の彫刻を作っては旅人に売って生計を立てています。

 

また、彼女は魔法の力を持っており、メリダが運命を変える魔法を求めたときに、彼女に特別な魔法のケーキを提供します。

 

映画の中で、魔女はコミカルなキャラクターとして描かれており、彼女の過去や背景、正体についての詳細は明らかにされていません。

しかし、彼女の家には多くの石の彫刻があり、それらの彫刻はかつて彼女が魔法をかけた人々であることを示唆しています。

これは彼女が過去にも多くの人々に魔法をかけてきたことを暗示しているかもしれません。

 

魔女のキャラクターは、物語の中で重要な役割を果たしており、彼女の魔法がメリダの冒険と家族との絆を深めるキーとなっています。

 

 

スポンサーリンク

メリダとおそろしの森:声優

メリダ 王女大島優子
ファーガス王山路和弘
エリノア王妃塩田朋子
おばあさん(森の魔女)木村有里

メリダとおそろしの森:魔女ブー

「メリダとおそろしの森」の魔女と「モンスターズ・インク」のブーには、公式に明確な関連性は示されていません。

しかし、ピクサー映画にはしばしば他の映画への隠れたリファレンスやイースターエッグが含まれていることが知られています。

 

「メリダとおそろしの森」の中で、魔女の小屋には彫刻された木の中に「モンスターズ・インク」のサリーの顔が見られるなど、他のピクサー映画への言及があります。

また、魔女が彫刻家としての才能を持っていること、そして彼女が扉を使って異なる場所に移動する能力を持っていることから、一部のファンは彼女が「モンスターズ・インク」のブーの大人の姿である可能性を指摘しています。

 

しかし、これはあくまでファンの間での憶測やファンスペックであり、公式には確認されていない情報です。

ピクサーはしばしば映画間での楽しいリンクや隠れた要素を取り入れることで知られていますが、これは観客が楽しむためのもので、必ずしも物語上の実際の関連性を示すものではありません。

 

メリダとおそろしの森とラプンツェル

『メリダとおそろしの森』と『ラプンツェル』は、どちらも近年の人気アニメーション映画であり、強い意志を持つプリンセスが主人公となっていますが、制作会社や背景、ストーリーは異なります。

  • 『メリダとおそろしの森』:

    • 制作: ピクサー・アニメーション・スタジオ
    • ストーリー: スコットランドの王国を舞台に、独立心旺盛なプリンセス・メリダが運命を変えるための冒険を描いています。
  • 『ラプンツェル』:

    • 制作: ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
    • ストーリー: 長い髪の魔法を持つプリンセス・ラプンツェルが塔からの脱出と自由を求める物語。

両作品ともに、伝統的なプリンセス物語とは一線を画す独自のキャラクターやストーリーが特徴です。

しかし、直接的な関連性やクロスオーバーは存在しないとされています。

 

ただし、ディズニー映画にはしばしば他の映画のキャラクターやアイテムがカメオ出演することがあり、ファンの間でそのような隠れた要素を探すのが楽しみとなっています。

 

メリダとおそろしの森:ケーキ

『メリダとおそろしの森』には、物語の中で重要な役割を果たす魔法のケーキが登場します。

このケーキは、メリダが自分の運命を変えるために魔女から手に入れるもので、彼女が母親に食べさせることで物語の大きな転機が訪れます。

 

具体的には、メリダが母親との関係や結婚の問題で対立している中、魔女から「運命を変えるケーキ」を手に入れます。

このケーキを母親が食べると、彼女は熊に変わってしまいます。

 

これにより、メリダと母親は互いの立場や考えを理解し合う旅を経て、絆を深めることとなります。

この魔法のケーキは、物語の中でメリダと母親の関係の変化や成長を象徴する重要なアイテムとなっています。

 

メリダとおそろしの森:登場人物

『メリダとおそろしの森』は、ピクサー制作のアニメーション映画で、スコットランドの伝説や神話を背景にした物語が展開されます。

以下は、映画『メリダとおそろしの森』の主要な登場人物をいくつか紹介します

  1. メリダ: 主人公であり、勇敢で独立心旺盛な若い王女。彼女は伝統や決まりごとを破り、自分の運命を自らの手で切り開こうとします。

  2. エリノア女王: メリダの母親で、王国の女王。彼女は伝統を重んじ、メリダに王女としての役割と責任を教えようとします。

  3. フェルグス王: メリダの父親で、王国の王。彼は大らかでユーモラスな性格を持ち、メリダとの関係も深い。

  4. ハリス、ヒューバート、ハモンド: メリダの3人の弟たち。彼らは双子で、映画の中でコミカルな役割を果たしています。

  5. 魔女: メリダが運命を変えるために助けを求める謎の老女。彼女は魔法の力を持っており、物語の中で重要な役割を果たします。

  6. モード: エリノア女王の侍女。彼女は王宮での日常の出来事をサポートしています。

  7. ロード・ディンゴール、ロード・マクガフィン、ロード・マクィンタイヤ: 3つの異なるクランのリーダーたち。彼らはメリダの結婚の候補として、それぞれの息子を連れて王宮にやってきます。

  8. ヤング・マクガフィン、ヤング・マクィンタイヤ、ヤング・ディンゴール: 3人のロードたちの息子たち。彼らはメリダの結婚相手としての競技に参加します。

 

メリダとおそろしの森:三つ子の熊

『メリダとおそろしの森』では、物語の途中でメリダの3人の弟たち、ハリス、ヒューバート、ハモンドが熊に変わってしまいます。

  • 変身の経緯:

    • メリダが自分の運命を変えるために魔女から魔法のケーキを手に入れます。しかし、このケーキを食べた母親が熊に変わってしまいます。
    • その後、好奇心旺盛な3人の弟たちもこのケーキを食べてしまい、彼らも小さな熊に変わってしまいます。
  • 熊としての彼ら:

    • 3人の弟たちは小さな熊になった後も、その元々の性格や悪戯好きな性格は変わりません。
    • 彼らは熊の姿での新しい体を活かして、さまざまな場面でコミカルな演出や物語の進行を助ける役割を果たします。
  • 物語の終盤:

    • メリダは母親や弟たちを元の姿に戻すために、さまざまな困難に立ち向かいます。彼らの関係や家族の絆がテーマとして描かれています。

この3人の弟たちの熊への変身は、映画の中で重要な役割を果たしており、家族の絆や愛を強調するための要素として使用されています。

メリダとおそろしの森:いにしえの子守 唄

『メリダとおそろしの森』には、「いにしえの子守唄」という重要な歌が登場します。

この子守唄は、物語の中でキーとなる伝説や過去の出来事を伝える役割を果たしています。

 

「いにしえの子守唄」は、昔々、王子が自分の運命に立ち向かうために禁断の森に入り、魔法の力で熊に変わってしまったという伝説を語る歌です。

この伝説は、メリダと彼女の母親が直面する現実の出来事と密接に関連しており、物語の中で繰り返し触れられるテーマとなっています。

 

映画の中で、メリダの母親がこの子守唄をメリダに歌って聞かせるシーンがあり、それが後の出来事の伏線となっています。

また、この歌を通じて、運命や家族の絆、自分自身と向き合うことの大切さなど、映画の中心となるテーマが伝えられています。

 

メリダとおそろしの森:サリー

『メリダとおそろしの森』は、ピクサー制作のアニメーション映画であり、ピクサーの映画にはしばしば他の映画のキャラクターがカメオ出演することがあります。

この映画にも、『モンスターズ・インク』のキャラクター、サリーのカービング(彫刻)が魔女の小屋の中に隠れています。

これは、ピクサーの伝統的な「イースターエッグ」としての隠れキャラクターの一例です。

サリー自体が物語に登場するわけではありませんが、彼の姿を模した木彫りが魔女の小屋に飾られているのを見ることができます。

メリダとおそろしの森:悪役

『メリダとおそろしの森』には、伝統的な意味での「悪役」は存在しません。

この映画は、主人公メリダと彼女の母親エリノアとの関係、および彼女たちの間の誤解と対立を中心に描かれています。

しかし、物語の中でいくつかの障害や敵対的な存在が登場します。

  1. 熊のモルドゥ:かつての王子であり、自分の欲望のために家族を裏切った結果、熊に変えられてしまったキャラクター。彼は映画の中で最も敵対的な存在として描かれています。

  2. 魔女:彼女自体は悪意を持っているわけではありませんが、メリダが母親との関係を変えるための魔法のケーキを作る役割を果たします。このケーキがエリノアを熊に変える原因となります。

  3. 王国の他のクランやそのリーダーたち:彼らは物語の初めにメリダの結婚の話題で対立しますが、彼らも伝統的な「悪役」とは言えません。

この映画の主要なテーマは、家族の絆、理解、そして受け入れです。物語は、メリダとエリノアがお互いの違いを理解し、受け入れることを通じて、その絆を深めることに焦点を当てています。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事