『ラストナイトインソーホー』気まずい?怖いを考察。サンディ

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ラストナイト・イン・ソーホー』は2021年のイギリス製作のサイコロジカルホラー映画で、エドガー・ライトが監督を務めています。主演はトーマシン・マッケンジー、アニャ・テイラー=ジョイ、マット・スミスです。

この映画は、エロイーズという若い女性が主人公で、彼女はファッションデザイナーを夢見てロンドンのソーホー地区にあるファッション学校に入学します。エロイーズは夢の中で1960年代のロンドンにタイムスリップし、サンディという歌手志望の女性と一体化する体験をします。

 

スポンサーリンク

ラストナイトインソーホー:あらすじ

イギリスの田舎町からロンドンのファッション学校に入学したエロイーズは、ソーホー地区にある古い下宿で新生活を始めます。彼女は夜ごとに1960年代のロンドンにタイムスリップする不思議な体験をし、そこでクラブ歌手志望のサンディと一体化するような夢を見ます。

サンディは華やかなスターの道を目指しますが、やがて彼女は恋人であるジャックの指示により、売春を強いられるようになります。エロイーズはサンディの苦悩を目撃し、夢と現実の間で混乱に陥ります。

夢の中でサンディがジャックに殺される場面を体験したエロイーズは、現実世界でこの謎を解明しようとしますが、真実は彼女の想像を超えるものでした​

スポンサーリンク

ラストナイトインソーホー:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
トーマシン・マッケンジーエロイーズ・ターナー1960年代のポップカルチャーが好きなファッションデザイナー志望の女性。夢の中で1960年代のロンドンへ行ってしまう​。
アニャ・テイラー=ジョイサンディ歌手志望の女性。エロイーズの夢の中で1960年代の歌手として現れる​。
マット・スミスジャック1960年代のナイトクラブで女性歌手のまとめ役を務める男性。エロイーズ/サンディと恋に落ちるが、実際はサンディを売春させる悪党​。
ダイアナ・リグミス・コリンズエロイーズの下宿先のオーナー。過去のサンディの正体​。
マイケル・アジャオジョンエロイーズと同期の男性​。
テレンス・スタンプ銀髪の男謎の壮年男性。エロイーズがサンディの髪型を真似ると気に掛ける​。
サム・クラフリンクラブの客 #51960年代のクラブの客。サンディにロンドンのナイトクラブの世界にいるべきでないと助言する​。
ジェシー・メイ・リーララ・チャンエロイーズの同級生​。
シノヴェ・カールセンジョカスタ学生寮でのエロイーズのルームメイト​。
マーガレット・ノーランセイジ・バーメイドエロイーズが働くパブ「The Toucan」のオーナー​。
リタ・トゥシンハムペギー・ターナーエロイーズの祖母​。
スポンサーリンク

ラストナイトインソーホー:気まずい?

ロンドンの負の部分にスポットが当てられていて、性的サービスを強要される「サンディ」のシーンが始まる中盤くらいから不穏な空気になって行くので、異性とか親子で観るには気まずいかと思います。

1人か同性同士、同年代と見る方が落ち着いて観られそうです。また、後半からはナイフで刺されるシーンが出てくるので、そういうのが苦手な人にはグロさも感じられそうです。

ラストナイトインソーホー:怖い?

ホラー・サスペンスとなっていますが、突然得体の知れないものが襲って来て・・という様な感じでもなく、それほど怖いといった感じはなかったです。顔のない幽霊とか床を突き破って手がいっぱい出てくるシーンも、意図してかは分かりませんが「あぁなんだかいっぱい出て来たなぁ~」と思った程度で、そんな視覚的効果に力を入れているのではなく、人々の持つ負の心の怖さとか弱さの方にフォーカスされていた様に思いました。

ラストナイトインソーホー:サンディ

エロイーズのロンドンでの生活風景と交差して頻繁に出現し出す女性「サンディ」が何者なのか、なぜエロイーズに彼女の事が見えるようになったのか、ミステリィ感たっぷりの中彼女と共にその謎に向き合える設定でした。

デザイナーになりたくてロンドンに出て来たエロイーズは、最初はあか抜けない感じでしたが、サンディと共鳴していく事で次第に容姿も近づいて行くのです。
サンディの生きた時代は60年代で、住まいは今のエロイーズと同じアパートでした。

それぞれ自分の将来を夢見て頑張る所も同じで、霊感の強いエロイーズが年恰好の近いサンディとシンクロしてしまうのも納得でした。しかしサンディのその後は、心を許した支配人ジャックに騙され身を持ち崩してしまいます。

終盤、エロイーズの下宿先のオーナーのミス・コリンズの正体が分かって来てからは、怒涛の如く過去からの事件が明るみになって来ます。
疲れ切ったエロイーズが田舎に帰ろうとミス・コリンズの部屋に行って話をしていると、手紙のあて名がアレクサンドラ・コリンズとなっているのに気づきます。

レクサンドラの愛称が「サンディ」なのが分かり、今までの幻影の理由に気づいて行くのです。

ラストナイトインソーホー:考察

ラストで家主のミス・コリンズが全てをエロイーズに語りますが、彼女の中では自分をだました男・もて遊んだ男たちへの憎しみを抱えたまま老女となってしまっています。

その忌まわしい部屋から遠くに離れれば少しは良くなったのかも知れませんが、殺した男たちの遺体が隠されているので離れられないのもまた地獄なのだと思います。

いくつになっても淡々と人を殺めようとするミス・コリンズ、彼女目線で見るとエロイーズはただの下宿人としか見えていないので、霊感が強くて彼女の辛い過去をも理解している事がもっと伝わっていれば、少しは救われたのではないかと思います。

1人の孤独な女性の人生を見てきたエロイーズには堂々とした雰囲気も出てきて、例えまたサンディが現れても動じない強さも感じる最後でした。

スポンサーリンク
おすすめの記事