『来る』映画は気まずい?グロいあれの正体!琴子の最後や、ちさ役の女の子は誰?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

映画『来る』は観客を魅了するものの、その一方で「気まずい」と検索している人もいる理由を深掘りします。この作品では、謎多き「あれ」の正体、最強霊能力者琴子の運命、グロテスクな描写、そして心を掴む女の子の正体や主人公の立ち位置まで、多角的に描かれています。本記事ではこれらの要素をネタバレを含めながら解説します。

  • 映画『来る』における「気まずい」シーン
  • 「オムライス」シーンが持つ映画内での役割
  • 「あれ」の正体とそれが映画に与える影響
  • 琴子の最終シーンに関する謎

スポンサーリンク

来る映画:気まずいシーン

来る映画:気まずさを感じるシーン

映画『来る』を親子などで見て気まずいシーンはないか気になる方もいらっしゃると思いますが、黒木華さんなどがベッドシーンを演じています。裸は見えないですがそのようなシーンがあるので、気まずいと思う方はおひとりで見てくださいね!

来る映画:オムライス

映画『来る』では、オムライスは重要な役割を担います。主に、登場人物の心情や映画の雰囲気を和らげる一面を持っています。オムライスは、登場人物たちが直面する恐怖や葛藤の中で、ほっと一息つく瞬間や安堵感を提供し、家族の絆や温かさを象徴しています。そのため、オムライスのシーンは、視聴者にとっても感情的な安らぎや共感を呼び起こす瞬間となっています。

来る映画:あれの正体とその恐怖

映画『来る』の中核を成す「あれ」の正体は、具体的な形を持たない恐怖です。この存在は、登場人物たちの心の闇や罪悪感、過去のトラウマと密接に関連しており、それが具現化したものとして描かれます。「あれ」からの脅威は、物理的な恐怖だけではなく、心理的な恐怖も含めたものであり、視聴者にとっても深い不安や恐怖を感じさせる要因となっています。その不確かさが、映画を通じて緊張感を高め、恐怖を倍増させます。

来る映画:琴子最後

映画『来る』における琴子の最終シーンは、視聴者に多大な印象を残します。彼女は最強の霊能力者として、「あれ」との対決において重要な役割を果たします。しかし、彼女の運命については明確に描かれてませんが、おそらくあれとの対決に打ち勝って生きていると思われます。最後まで観客を惹きつける謎の一つとなっています。この曖昧さが、物語への想像力をかき立てる要素となり、琴子のキャラクターへの興味を深めます。

 

来る映画:グロい?

「来る」におけるグロテスクな描写は、ホラー映画特有の緊張感と恐怖を高める要素として機能します。しかし、この映画のグロテスクさは単なる視覚的なショックに留まらず、人間の内面の恐怖や心理的な葛藤を浮き彫りにするための手段として用いられています。視聴者にとっては、これらのシーンが映画のメッセージやテーマをより深く理解する手がかりとなり得ます。

来る映画:よくわからない

『来る』は多様なジャンルが交錯する映画で、その構成や展開について一部の視聴者から「よくわからない」との声が挙がっています。この混在する要素が、物語の理解を難しくしている面があります。物語は伝統的なホラーの枠を超え、人間関係の複雑さや社会的なテーマを織り交ぜつつ、日本の民俗学や伝承に基づく怪異「ぼぎわん」を中心に展開します。そのため、ホラーとしての怖さだけでなく、人間ドラマやサスペンスの要素も強く、一貫したジャンルに収めることが困難なのが特徴です。

来る映画:女の子は誰?

映画『来る』に登場する女の子、特に重要な役割を担う知紗は、主人公田原秀樹の娘として物語の中心に位置しています。彼女はオムライスが好きな可愛らしい普通の子供でありながら、映画の核心に迫る鍵を握る存在です。知紗の周りで起こる超自然的な現象や彼女自身の不思議な力は、映画のサスペンスを高める要因となっています。また、知紗を演じるのは若干の演技経験を持つ子役で、志田 愛珠(しだ  あいじゅ)ちゃん。彼女の演技は作品に新たな魅力を加えています。

スポンサーリンク

来る 映画の評価:ひどいとされる理由

来る映画:ひどい?

『来る』に関して「ひどい」と感じる人もいますが、この印象は映画の独特な展開や解釈に依存します。一部の視聴者は、人間関係の複雑さや怪異への対応にリアリティを感じず、物語の展開に疑問を持つかもしれません。また、ホラー要素と人間ドラマが混在するため、伝統的なホラー映画を期待していた人には物足りなく感じられることもあります。しかし、この「ひどい」という感想は、映画が持つ独自のテーマやメッセージを深く理解することで変わる可能性があります。

来る映画:主人公

『来る』の主人公は、一見するとオカルトライターの野崎和浩や霊能力者の比嘉真琴など複数のキャラクターがその役割を担っているように思えます。しかし、物語全体を通してみると、田原秀樹とその家族が中心的な役割を果たしています。秀樹は家族を守ろうとする一方で、彼の過去や人間関係が物語の展開に深く関わってきます。『来る』は、主人公と思われる人物の周りで起こる出来事を通じて、家族の絆や人間の内面を描いているのです。

 

来る映画:視聴者の混乱を招く要素

映画『来る』には、さまざまな要素が詰まっており、その複雑さが視聴者に混乱をもたらします。ホラー、人間ドラマ、コメディなど複数のジャンルが混在しているため、一貫したストーリーを追いかけるのが難しくなるのです。また、伏線や登場人物の背景が明確にされないまま進行することもあり、ストーリー全体の理解を妨げる要因となっています。これらの要素は、一つの映画で多くのメッセージを伝えようとする監督の意図から来るもので、視聴者によって受け取り方が大きく異なります。

来る映画:恐怖を感じさせる手法

『来る』では、視覚的なグロテスクさや突然の音響効果に頼ることなく、恐怖を感じさせる独自の手法を用いています。その中でも特に、不可解な現象や”あれ”の正体が明かされないことによる不安感の煽りが効果的です。登場人物たちが抱える心理的な葛藤や人間関係の歪みが恐怖の原因と結びつき、視聴者に深い不安を植え付けます。このような内面的な恐怖の表現は、映画『来る』の特徴的な手法であり、視聴者を惹きつける要因の一つです。

来る映画:琴子の存在が示すもの

映画『来る』における琴子のキャラクターは、単なる霊能力者以上の重要な役割を持っています。琴子は、見えない恐怖や人間の内面に潜む闇と直接対峙し、それに立ち向かう力を持つ人物として描かれています。彼女の存在は、恐怖を超えた勇気や、目に見えないものに対する理解というテーマを象徴しており、視聴者に対しては、人間の精神の強さと、未知なるものに立ち向かう決意を示唆しています。このように、琴子は映画の深いメッセージを伝える鍵となるキャラクターなのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事