映画『ジェロニモ』実話?あらすじキャスト~アパッチでの生涯!この俳優は誰?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

1993年に公開された映画『ジェロニモ』は、アメリカの西部開拓時代を舞台に、伝説的なアパッチ族のリーダー、ジェロニモの生涯を描いた作品である。この映画は、ジェロニモが彼の民族の自由と尊厳を守るために繰り広げた抵抗の物語を通じて、アメリカ先住民の視点からの歴史を描き出している。

ウェス・ステュディがジェロニモを演じ、彼の勇敢さと決意が、アパッチ族の英雄としての地位を確立する過程を見事に表現している。この映画は、アメリカの先住民の闘争と西部開拓時代の複雑な関係を深く掘り下げ、ジェロニモの生涯が如何にしてアメリカの歴史に刻まれたかを解き明かしていく。

 

※映画とは直接関係ありませんが、ジェロニモのことをとても分かりやすく解説してる動画がありますので、ぜひご覧ください!

スポンサーリンク

ジェロニモ映画:あらすじ 

1993年の映画『ジェロニモ』は、伝説的なアパッチ族のリーダー、ジェロニモの生涯を描いた作品です。この映画は、アメリカ先住民の視点から見た西部開拓時代を描き、ジェロニモがいかにして彼の民族の自由と土地を守るために戦ったかを描写しています。

あらすじは、1880年代のアメリカ西部を舞台にしています。ジェロニモ(ウェス・ステュディが演じる)はアパッチ族の勇敢な戦士であり、彼らの伝統的な生活様式と土地を守るためにアメリカ政府との間で抵抗を続けます。映画は、ジェロニモと彼の追跡者であるアメリカ軍との間の緊張関係と追跡を中心に展開します。特に、ジェネラル・クローク(ジーン・ハックマン)とブリガム・ゲイト(ロバート・デュヴァル)という二人の軍人がジェロニモを追います。

ジェロニモと彼の追随者たちは、軍による追跡から逃れるために何度も場所を変えながら、絶え間ない戦いを強いられます。彼らの戦いは、アパッチ族の抵抗の象徴となり、ジェロニモ自身はアメリカの西部開拓史における伝説的な英雄として認知されるようになります。

最終的に、ジェロニモは自らをアメリカ軍に投降させる決断をしますが、これは彼の民族に対する彼の愛と責任感から来る選択でした。映画は、ジェロニモがアメリカ軍に投降するまでの彼の長い旅と、彼の遺産がどのようにアメリカ先住民の闘争と西部開拓の歴史に影響を与えたかを描いています。

『ジェロニモ』は、アメリカの歴史における重要な時期を描いた映画であり、アパッチ族の英雄の複雑な人生と彼の民族の戦いを通して、アメリカ先住民の視点からの歴史を提示しています。

スポンサーリンク

ジェロニモ映画:キャスト

1993年にリリースされた『ジェロニモ』は、アメリカ先住民の伝説的なリーダーであるジェロニモの生涯を描いた映画です。主要キャストは以下の通りです。

  • ウェス・ステュディ:ジェロニモ役。ステュディはチェロキー族の俳優であり、アメリカ先住民の役を演じることで知られています。彼の演技は、ジェロニモの強さと複雑な内面を見事に表現しています。
  • ジェイソン・パトリック:チャールズ・B・ゲートウッド中尉役。ゲートウッドは、ジェロニモと個人的な関係を築き、彼の投降を助けるアメリカ軍の将校です。
  • ジーン・ハックマン:ネルソン・A・マイルズ将軍役。マイルズ将軍は、アメリカ陸軍の指揮官であり、ジェロニモ追跡の最終段階を指揮します。
  • ロバート・デュヴァル:アル・シーバー大尉役。シーバーは、アメリカ軍のスカウトリーダーであり、ジェロニモとその追随者たちを追跡します。
  • マット・デイモン:ブリットン・デイビス少尉役。デイビスは、この衝突に関わる若い陸軍士官で、後にジェロニモの伝記を書きます。

この映画は、ウォルター・ヒルが監督し、ジョン・ミリアスとラリー・グロスが脚本を担当しました。キャストとスタッフの緊密な協力により、アメリカの歴史の中で重要な時期を描いた、力強く感動的な作品が生まれました。『ジェロニモ』は、アメリカ先住民の視点を尊重しながら、その時代の複雑な対立と人間関係を掘り下げています。

スポンサーリンク

ジェロニモ映画:実話

1993年の映画『ジェロニモ』は、アパッチ族のリーダー、ジェロニモの生涯を基にしていますが、実際の歴史的事実とドラマを融合させた作品です。ジェロニモは19世紀後半、アメリカ南西部でアメリカ軍に対して抵抗を続けた最も有名なアパッチ族の一人で、彼の生涯はアメリカの先住民の抵抗と闘争の象徴として広く知られています。

ジェロニモの実話は、彼が率いる小規模なグループとともに、アパッチ族の土地と生活様式を守るためにアメリカ軍と長年にわたり抵抗したことに焦点を当てています。彼の戦術は、ゲリラ戦法に依存しており、その勇敢さと戦術は多くの人々に尊敬されています。しかし、彼の最終的な投降は、アパッチ族の自由への長い戦いの終わりを意味しました。

映画では、この歴史的背景に基づいて物語が展開されますが、実際の出来事や人物関係には創作が加えられています。特に、映画内での人物の関係や性格描写、特定の出来事の展開は、ドラマチックな効果を高めるために調整されている場合があります。また、映画はジェロニモの生涯の特定の期間に焦点を当てており、彼の人生全体やアパッチ族の歴史の全貌を網羅しているわけではありません。

『ジェロニモ』は、ジェロニモという人物と彼が象徴する先住民の抵抗の物語をより広い視聴者に紹介するための作品であると言えます。しかし、歴史的正確性と芸術的表現のバランスをとることは難しく、映画はその点で批評家や観客からさまざまな意見を受けています。歴史に興味のある視聴者は、映画を観た後で実際のジェロニモの生涯やアパッチ族の歴史についてさらに学ぶことをお勧めします。

ジェロニモ

ジェロニモ:死亡

ジェロニモは1909年2月17日に死去しました。彼はその時、オクラホマ州のフォートシルで亡くなりました。長年の戦いの後、ジェロニモは1886年にアメリカ政府に投降し、その後彼と彼の追随者たちはアリゾナからフロリダへと移送され、最終的にオクラホマへと移されました。彼の生涯の最後の年月は、捕虜として過ごすことになりましたが、彼はパウワウ(先住民の集会や祭り)に参加したり、1904年のセントルイス万国博覧会や1905年のセオドア・ルーズベルト大統領の就任式など、公の場に姿を現すこともありました。

ジェロニモの死因は肺炎とされています。彼が亡くなった時、彼の遺体はオクラホマのフォートシルに埋葬されました。ジェロニモの死後も、彼の遺産は多くの人々によって語り継がれています。彼はアメリカの歴史において、先住民の抵抗と独立心の象徴と見なされており、その生涯は多くの書籍、映画、そして文化的な言及の中で引き続き記憶されています。ジェロニモの名前は、勇気と抵抗のシンボルとして、アメリカだけでなく世界中で知られるようになりました。

ジェロニモ:生涯

ジェロニモ(Geronimo)は、1829年頃、現在のアメリカ合衆国ニューメキシコ州のギラ川近くで生まれました。彼はチリコウア・アパッチ族の一員であり、本名はゴヤアレ(Goyahkla)といい、”ジェロニモ”はメキシコ人によって彼に付けられた名前です。彼の生涯は、アメリカ合衆国との衝突と、彼の人々の生活様式と土地を守るための彼の闘争によって特徴づけられています。

初期の生活

ジェロニモの若い頃は、アパッチ族の伝統的な生活を学び、儀式、狩猟、戦闘の技術を身につけることに費やされました。しかし、彼の生涯は1850年代に彼の家族と多くの部族員がメキシコ軍によって殺害されたことで暗転します。この出来事はジェロニモに深い憤りを抱かせ、メキシコ人だけでなく後にはアメリカ人に対しても激しい復讐心を燃やすことになります。

抵抗と投降

ジェロニモは数十年にわたり、アメリカ軍に対する抵抗の象徴となりました。彼の戦術はゲリラ戦に基づいており、アメリカ軍に対して何度も勝利を収めました。しかし、1886年にジェロニモは最終的にアメリカ政府に投降し、彼の追随者たちと共に捕虜となります。投降後、彼らはフロリダへと送られ、その後アラバマと最終的にはオクラホマへと移されました。

捕虜としての生活

捕虜としての生活の中で、ジェロニモはパウワウや公の展示会に参加することが許されていました。1904年のセントルイス万国博覧会や1905年のセオドア・ルーズベルト大統領の就任式に出席し、そこで彼は一種の有名人となりました。しかし、彼は決してアパッチ族の土地への帰還を許されることはなく、オクラホマでの生活に終始不満を抱えていました。

死と遺産

ジェロニモは1909年に肺炎で死亡しました。彼の死は、アメリカ西部の先住民とアメリカ政府との複雑な関係の終章を象徴しています。ジェロニモの遺産は、彼が示した抵抗の精神と、彼の人々の権利と土地を守るための彼の闘争によって形成されています。彼は今日でも多くの人々にとって勇気と不屈の精神の象徴であり続けています。ジェロニモの生涯と遺産は、アメリカ先住民の歴史と文化、そしてアメリカの歴史の重要な部分を構成しています。

ジェロニモ:子供

ジェロニモには、数人の子供たちがいましたが、彼の子供たちに関する情報は限られています。彼が結婚し、子供をもうけたという記録はありますが、それほど詳細な情報は残っていません。彼の子供たちは、彼の妻や家族と共に、ジェロニモの抵抗運動や投降後の生活を共有しました。

ジェロニモの子供たちの名前や生涯に関する情報は、彼の歴史的記録や口承の中で断片的に言及されることがありますが、彼らの詳細な生活や運命についてはほとんど知られていません。ジェロニモが抵抗運動中に家族を持っていたことは、彼が自身の人生と戦いの中で家族の存在が重要であったことを示していますが、彼らの生涯に関する詳細は、歴史的記録の中であいまいなまま残されています。

ジェロニモ

ジェロニモ:アパッチ

ジェロニモは、アパッチ族の一員であり、彼の名前はアパッチ語で「やんちゃ者」や「あばれんぼう」を意味します。彼はチリコウア・アパッチ族に属し、彼の一生はアパッチ族の文化、伝統、そして彼らの土地を守るための闘いに捧げられました。

アパッチ族はアメリカ南西部の広大な地域に住んでおり、狩猟、採集、そして戦闘によって生活していました。ジェロニモもアパッチ族の伝統を受け継ぎ、若い頃から戦闘技術を磨いていきました。彼はアパッチ族の戦士としての名声を得ると同時に、アメリカ政府との衝突に直面し、彼の民族の自由と土地を守るための戦いに参加しました。

ジェロニモの生涯は、アパッチ族の歴史の一部であり、彼の闘いは彼の民族の抵抗の象徴となりました。彼の名前は、アパッチ族の英雄として、そしてアメリカの歴史の中で永遠に記憶されるでしょう。

ジェロニモ:俳優

映画やテレビ番組でジェロニモを演じた俳優はいくつかいますが、その中でも最も有名なのはウェス・ステュディ(Wes Studi)です。ウェス・ステュディは実際にはチェロキー族の出身であり、アメリカ先住民の役柄を演じることで知られています。彼は1993年に公開された映画『ジェロニモ』でジェロニモ役を演じ、その演技は高く評価されました。

ウェス・ステュディはその後もアメリカ先住民の役柄を演じることが多く、『ダンス・ウィズ・ウルブズ』や『ラスト・オブ・ザ・モヒカン』などの作品で知られています。彼の演技は力強く、感情豊かであり、ジェロニモを含む役柄を通して、アメリカ先住民の歴史と文化を表現しています。

その他にも、過去にジェロニモを演じた俳優はいますが、ウェス・ステュディの演技が特に有名であり、彼のジェロニモ役は多くの観客に強い印象を与えました。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事