「偽りの銃弾」Netflixおすすめドラマ~あらすじ・感想・評価、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

 

Netflixで配信が始まりました「偽りの銃弾」!

全8話のなかなか面白いサスペンスドラマです。

管理人のわたくしも一気見してしまいましたが、最終話はえ~~っと思う展開でした。

ぜひ時間がある方は見てくださいませ。

 

出演:ミシ ェル・キーガン, アディール・アクタル, リチャード・アーミティッジ, ジョアンナ・ラムレイ, ディノ・フェッチャー, エメット・スキャンラン,ジョー・アームストロング, マーカス・ガーヴェイ, ダーニャ・グリヴァー, ローリー・キナストン, ハティ・モラハン, ジェームズ・ノースコート
スポンサーリンク

偽りの銃弾:あらすじ

暴漢に殺されたはずの夫が、自宅の隠しカメラに映っていたのを見た元軍人のマヤ。やがて彼女は、過去の事件にもつながる恐ろしい陰謀の存在を知る。出典:NETFLIX

スポンサーリンク

偽りの銃弾:主要キャスト

ミシェル・キーガン

アディール・アクタル

リチャード・アーミティッジ

スポンサーリンク

偽りの銃弾:感想

1996年とある大学で、飲酒がらみのいじめのような儀式で一人の学生が急性アルコール中毒で死にます。

このことは後半の物語まで伏線の一つとして存在しますが、これがどう物語につながるのかは当面出てきません。

このドラマは最後の方でいろいろな伏線が一気に回収されあっと驚かされます。

さてすぐにシーンは切り替わり、とある大きなお屋敷の墓地で葬儀が行われてるシーンになります。

亡くなったのはジョーというこの大金持ちのお屋敷の息子で、嫁のマヤが泣いています。

 

マヤと一緒に歩いているところを、強盗に襲われ3発の銃弾を受けなくなったのです。

マヤは数か月前にも姉を亡くしており、立て続けの悲劇になります。

 

そしてこの物語は、もう一つ体調のすぐれないベテラン刑事がいて、結婚をまじかに控えパパになる予定でしたが

しょっちゅう気を失って倒れるので検査を受けますが原因はわからず。。。

 

  • 1996年の事件
  • ジョーの死
  • マヤの姉の死
  • 刑事の体調不良
  • そしてマヤの過去

このすべてがラスト繋がってあっと驚く結末を迎えます。

8話の中、多少中だるみするところもありますが、ラストを見て納得。

 

ネタバレするとつまらないので、しませんが期待せず見たらなかなか面白かったです。

どうしても夫殺しの犯人を知りたい人だけ!

犯人は奥さんです。

理由は妹を殺したのが夫だったからです。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事