「あちらにいる鬼」の意味~実話?あらすじキャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『あちらにいる鬼』は3/9よりNETFLIXで配信されます。

『あちらにいる鬼』は、直木賞作家・井上荒野による日本の小説で、2019年に朝日新聞出版から単行本が、2021年には文庫本が発売されました。2022年には映画版が公開され、監督は廣木隆一、脚本は荒井晴彦が担当しました。映画では寺島しのぶ、豊川悦司、広末涼子らが出演しています。

この作品は、実在した作家・井上光晴とその妻、そして瀬戸内寂聴の特別な関係を描いています。物語は小説家の長内みはるとその周りの人々の人間関係を中心に展開し、みはるが夫と子を棄てて同棲する男性・真二、篤郎の妻・笙子、家政婦のヤエ、篤郎の祖母・サカ、篤郎と笙子の娘である海里と焔など、複雑に絡み合った人間模様が描かれています。

映画のキャストには、長内みはる役に寺島しのぶ、白木篤郎役に豊川悦司、白木笙子役に広末涼子が名を連ねており、その他にも高良健吾、村上淳、蓮佛美沙子などが出演しています。

物語は、愛と裏切り、人間関係のもつれと解消を繊細に描き出し、登場人物たちの内面に深く切り込んでいきます。人生の選択や愛の形について考えさせられる作品です。

スポンサーリンク

あちらにいる鬼:あらすじ

『あちらにいる鬼』は、人間の内面と複雑な人間関係を深く掘り下げた作品です。物語は、小説家・長内みはるの視点を中心に展開します。みはるは、自らの夫と子を棄て、真二という男性との生活を選択します。この決断は、彼女の周りの人々との関係に多大な影響を及ぼします。

物語には、みはるが心酔するもう一人の小説家・岸光太郎や、彼女の元夫である白木篤郎とその家族が登場します。篤郎の妻・笙子は、篤郎の作品を世に出すために彼のノートを清書することに苦労しています。また、篤郎の祖母・サカや家政婦のヤエ、そして篤郎と笙子の子供たちも物語に深みを加える重要な役割を果たします。

この作品は、過去の選択が現在にどのような影響を与えるか、そして人間関係がどのようにして形成され変化していくのかを描いています。みはる、真二、篤郎とその家族の間に生じる愛、裏切り、葛藤は、読者に深い感情移入を促します。

『あちらにいる鬼』は、愛と人生の選択についての物語であり、登場人物たちが直面する困難を通じて、人間性の複雑さと美しさを浮かび上がらせます。

スポンサーリンク

あちらにいる鬼:キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
寺島しのぶ長内みはる主人公で小説家。夫と子を棄て真二と同棲する選択をした女性
豊川悦司白木篤郎みはるの元夫で、小説家。家族との関係に苦悩する
広末涼子白木笙子篤郎の妻。夫の小説を清書するなど、夫を支える存在
諏訪結衣白木海里篤郎と笙子の娘(長女)
太田結乃白木焔篤郎と笙子の娘(次女)
高良健吾小桧山真二みはると同棲する男性。みはるは彼のために夫と子を棄てた
村上淳物語のキャラクター
蓮佛美沙子坂口初子物語のキャラクター
佐野岳矢沢祥一郎物語のキャラクター
宇野祥平新城物語のキャラクター
丘みつ子白木サカ篤郎の祖母。母親代わりに篤郎を育て上げた
長内映里香蒔子物語のキャラクター

 

スポンサーリンク
おすすめの記事