「ハピネス」Netflixおすすめ~あらすじ・感想・評価、キャスト!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

韓国ドラマ「ハピネス」は、新たな感染症が蔓延する近未来を舞台に、混乱と生存を賭けた戦いを描いたサバイバルスリラーです。主要キャストにはハン・ヒョジュ、パク・ヒョンシク、チョ・ウジンが名を連ねています。

スポンサーリンク

ハピネス:あらすじ

新型の薬「ネクスト」を巡る出来事が中心となっています。主人公のユン・セボム(ハン・ヒョジュ)は警察特攻隊の戦術要員で、自分の家を持つことを夢見る強い意志を持つ女性です。

彼女の幼なじみであるチョン・イヒョン(パク・ヒョンシク)はセヤン警察署の刑事で、セボムに対して長い間、特別な感情を抱いています。彼らの生活は、新築マンションに引っ越したことから大きく変わります。

そのマンションで、新たな感染症が発生し、住人たちは極限の状況に置かれます。この感染症は、ハン・テソク(チョ・ウジン)という医務司令部所属の中佐によって、その存在が隠されていましたが、状況は次第に悪化し、公になります。

テソクは、セボムの血液に病気の治療薬となる可能性がある抗体が含まれていることを知り、その抗体を利用しようとします。テソク自身も妊娠中の妻が感染しているため、治療薬を見つけ出すために奔走しています。

スポンサーリンク

ハピネス:キャスト

原作・制作: アン・ギルホ, ハン・サンウン
出演: ハン・ヒョジュ, パク・ヒョンシク, チョ・ウジン, イ・ジュンヒョク, パク・ジュヒ, ペク・ヒョンジン, ムン・イェウォン, パク・ヒョンス, チョン・ウンソン, ぺ・ヘソン, チャ・スンベ, パク・ヒボン, キム・ヨンウン, イ・ジュスン
俳優名登場人物名登場人物の説明
ハン・ヒョジュユン・セボム警察特攻隊の戦術要員。素早い状況判断力と度胸で、テロ鎮圧技術を習得したエース。自分の家を持つことを夢見る。
パク・ヒョンシクチョン・イヒョンセヤン警察署の強力班刑事。高校時代からセボムに特別な感情を抱いている。野球選手から警察に転身した。
チョ・ウジンハン・テソク医務司令部所属の中佐。感染症の秘密を握る重要人物。妊娠中の妻も感染しており、治療薬の発見に奔走している。
スポンサーリンク

ハピネス:見どころ

私がこれまで見たゾンビをテーマにしたドラマの中で、最も視聴しやすいと感じた作品です。多くのゾンビドラマが、一度ゾンビウイルスに感染すると、その人物が永遠にゾンビの状態に留まるという設定です。

しかし、このドラマでは、そういった一般的な描写とは少し違って、感染しても一時的に人間の姿に戻ることができたり、場合によっては症状がまったく現れないという独自のアプローチを取り入れていました。

このような設定は、ゾンビになってしまった人々を単純に「敵」とみなすのではなく、彼らを信じ、理解しようとする人間性や信頼性の問題を浮き彫りにします。ドラマの中では、誰が本当にゾンビであるのかを明確に判断することが難しくなっており、その不確かさが人間関係における信頼や疑念、そして深い人間性を掘り下げる場面を提供しています。

さらに、このドラマではゾンビジャンルでは珍しいワクチン開発のストーリーラインも取り入れられています。この要素は、物語にリアリズムを加え、人間の生と死、愛と裏切り、信頼と不信の複雑なテーマを更に深く探求することを可能にしています。ワクチンの開発に向けた登場人物たちの奮闘は、人間の強さと弱さ、希望と絶望の間の緊張関係を見事に描き出しており、視聴者に深い印象を残すものでした。

結論として、このゾンビドラマは、単なる生存の闘いを超えた深い人間ドラマを描いており、ゾンビに対する一般的な視点を変える新しい視野を提供してくれます。リアルで感動的な人間の物語として、その複雑なキャラクターたちの愛や裏切り、信頼関係を通じて、視聴者に強い感情的な結びつきを感じさせるドラマであったと私は強く感じています。

スポンサーリンク
おすすめの記事