『大怪獣のあとしまつ』光の巨人ウルトラマン,アラタ正体!続編メラ?エンドロールが気になる^^

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『大怪獣のあとしまつ』は、日本中を恐怖に陥れた巨大怪獣が死亡した後の話を描いています。国民は安堵と喜びに沸く中、巨大な死体は腐敗によって膨張し、最悪の場合大爆発を引き起こす恐れがありました。この危険な大怪獣「希望」の後始末を、政府直轄の特殊部隊・特務隊の青年たちが担うことになります。彼らは国民や日本の運命をかけ、危険な死体処理に挑みます。

スポンサーリンク

大怪獣のあとしまつ:あらすじ

『大怪獣のあとしまつ』では、日本を脅威にさらした巨大怪獣「希望」が死亡し、その死骸の処理を巡る物語が展開されます。死体は腐敗により膨張し、大爆発の危険性を孕んでいます。政府直轄の特務隊が死体処理の責任を担い、さまざまな困難に立ち向かいます。この過程で、特務隊員の人間関係や、国民や政府の反応、メディアの扱いなどが描かれ、怪獣映画の枠を超えた社会風刺や人間ドラマが織り交ぜられています​

スポンサーリンク

大怪獣のあとしまつ:キャスト

監督: 三木聡
出演: 山田涼介, 土屋太鳳, 濱田岳, オダギリジョー, 西田敏行
脚本: 三木聡
スポンサーリンク

大怪獣のあとしまつ:続編 メラ

エンドロールの後で「続編 メラ」の告知の様な映像が流れます。「予算は半額で!」となんだかとっても具体的です。気になったので調べてみましたが、続編の計画はなく、これもまたパロディの枠を出ない映像だったようです。また続いて行くのかと驚いたものの、そうではないと分かってほっとする自分がいました(^^;)。

大怪獣のあとしまつ:光の巨人

いきなりの巨大爆発シーンで始まる本作品、いったい何が起こっていたのでしょうか。それは光の巨人による攻撃で今まで人間の武器ではどうしようもなかった巨大怪獣は絶命します。そしてその爆煙の中から一人の人間が出てきます。これが帯刀アラタだったのではないでしょうか。その爆発を生き抜いている事自体がただの人ではないと思わされます。

大怪獣のあとしまつ:デウス エクス マキナ

内閣総理大臣が前半で「デウス エクス マキナ=機械仕掛けの神」に言及しています。総理秘書官とのその会話に「選ばれし者」という言葉もありました。これらの意味は、悲劇の舞台において機械仕掛けによって神が登場し困難だった局面を解決へと導いていく手法を指します。

まさしく最初にこの物語の大筋を表しているのが、全体を振り返るとよく理解できます。しかしこの「時効警察」でも有名な三木聡監督という事で、解決に至る道のりには数々のギャグや下ネタが散りばめられています。各人の立場による思惑やはたまた恋愛模様も織り込まれ、紆余曲折しながら進んで行くので、最後の解決シーンを観られた時には「ヤレヤレ」とスッとした気持ちにさせられます。

大怪獣のあとしまつ:アラタ 正体

この光の巨人が怪獣退治に地球に降り立ち、その際近くにいた特殊部隊の隊員だったアラタと同化したのだと思います。このウルトラマン的な展開から考察すると、正体が地球人に知られると去ってしまわなければならない為、彼は元恋人の雨音ユキノから離れたくなくてその能力を隠した行動を取り続けていたのではないでしょうか。

そこを切り崩そうとするのがユキノの夫となった総理秘書官・雨音正彦なのです。しかし、彼にはユキノ以外に恋人がいて不倫をしている様子から、あまり妻のユキノに対しては愛が少ないようにも受け取れました。またユキノの心には今もアラタに対する愛があるのも分かっていたと思います。

正彦は純粋にアラタの正体を知りたいのと同時に、不倫をしながらでもアラタとユキノを切り離したいという複雑な思いから、アラタに対して非情な事を行っていたのではと考えました。最後にアラタは(影から察するに)ウルトラマン的な者に変身して怪獣と共に宇宙へと去って行くのでした。

スポンサーリンク
おすすめの記事