映画「ブルージェイ」—過去と現在、愛と友情が交錯する感動作!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

「ブルージェイ」は2016年に公開されたアメリカのドラマ映画です。

 

この映画はアレックス・レーマンが監督し、マーク・デュプラスが脚本を手がけました。

主演はマーク・デュプラスとサラ・ポールソンです。

 

ストーリーは、二人の元恋人が偶然再会し、過去の思い出と現在の感情について探るというものです。

 

この映画は主に一つの場所で撮影され、ダイアローグが多いことで知られています。

それによって、キャラクターの心情や過去の出来事に深く没頭できるようになっています。

 

映画は主にポジティブな評価を受けており、特に演技と脚本が高く評価されています。

 

監督: アレックス・レーマン

出演: サラ・ポールソン, マーク・デュプラス, クルー・ギャラガー

脚本: マーク・デュプラス

スポンサーリンク

映画ブルージェイあらすじ

映画は、カリフォルニアの小さな故郷に戻ったときに偶然再会した二人の元高校の恋人、ジムとアマンダが主人公です。

 

初めて再会したとき、二人は非常に気まずい雰囲気で、何も話すことがありません。

それから、二人はコーヒーを飲みに行き、しばらくの間、友情を深めます。

 

アマンダは控えめで、ジムはより前向きでおおらかです。

二人はそれぞれ故郷を離れていましたが、偶然再会することになります。

 

これは、彼らが何年もの間、過去と向き合う恐れから逃れていたことを象徴しています。

スポンサーリンク

映画ブルージェイ:キャスト

 

マーク・デュプラス(Mark Duplass)

マーク・デュプラス(Mark Duplass)は、アメリカの俳優、映画監督、プロデューサー、および脚本家です。

 

1976年12月7日にルイジアナ州ニューオーリンズで生まれました。

彼は主にインディペンデント映画とテレビシリーズで活躍しており、多くの才能を持つ多面的なアーティストとして知られています。

 

マーク・デュプラスは、兄のジェイ・デュプラスと一緒に多くのプロジェクトを手がけています。

二人は「デュプラス・ブラザーズ」として知られ、多くの賞を受賞しています。

 

彼らは映画『The Puffy Chair』(2005年)、『Baghead』(2008年)、『Cyrus』(2010年)などを制作しています。

 

また、マーク・デュプラスは俳優としても成功しており、テレビシリーズ『The League』や映画『Safety Not Guaranteed』、『Your Sister’s Sister』などに出演しています。

 

彼はまた、プロデューサーとしても活動しており、多くの映画やテレビシリーズに関与しています。

その中には、Netflixのドキュメンタリーシリーズ『Wild Wild Country』も含まれています。

 

マーク・デュプラスは、ストーリーテリングの多様な形態において一貫して高い評価を受けています。

彼の作品は、人間の感情や関係性を深く掘り下げることが多く、観客に強い印象を与えます。

 

サラ・ポールソン

サラ・ポールソン(Sarah Paulson)は、アメリカの女優であり、1974年12月17日にフロリダ州タンパで生まれました。

 

彼女はテレビ、映画、舞台で幅広く活動しており、特にテレビシリーズ「アメリカン・ホラー・ストーリー(American Horror Story)」での多彩な役柄で広く知られています。

このシリーズでの演技により、彼女は数々の賞を受賞しています。

 

ポールソンはまた、映画『12人の怒れる男』(2015年)、『キャロル』(2015年)、『ザ・ポスト』(2017年)などにも出演しており、その演技力は高く評価されています。

特に、映画『12人の怒れる男』での彼女の演技はアカデミー賞にもノミネートされました。

 

舞台でも活動しており、ブロードウェイやオフ・ブロードウェイでの公演にも出演しています。

 

彼女はLGBTQ+コミュニティの一員としても知られており、公に自身のセクシュアリティを語っています。

 

サラ・ポールソンは、その多才な演技力と多様な役柄で、一流の女優としての地位を確立しています。

彼女の作品は、観客に深い感銘を与えることが多く、批評家からも高く評価されています。

 

スポンサーリンク

映画ブルージェイ:見どころ

1. キャラクターの深掘り

この映画は、主人公たちの心の葛藤や過去の思い出に焦点を当てています。

マーク・デュプラスとサラ・ポールソンの演技が、それぞれのキャラクターに深みを与えています。

 

2. ダイアローグ重視のストーリーテリング

映画は主に一つの場所で撮影され、ダイアローグが多いです。

これによって、キャラクターの心情や過去の出来事に深く没頭できます。

 

3. リアルな感情

映画は、人々が日常生活で経験するような感情—失恋、後悔、再会など—をリアルに描写しています。

 

4. シンプルながら深いテーマ性

映画は、過去と現在、逃避と対決、愛と友情といったテーマを探求しています。

 

5. インディペンデント映画の魅力

低予算でありながら、ストーリー、演技、撮影など、多くの要素が高品質でまとまっています。

このような要素が、映画「ブルージェイ」を特に見る価値のある作品としています。

観客がこの映画から得られるものは、単なるエンターテイメント以上のものがあります。

映画:感想

この映画はなかなか好みでした。

なんの面白さもないという方もいるようですが、わたくしのような還暦人間にもなるとやはり昔の恋人と数十年ぶりに会ってしまったらと考えるだけでときめきがあります^^汗

ただ自分はサラ・ポールソンのあの表情を見てるだけで楽しめましたが、ストーリー的には特に変化がないただの昔話なので離脱する方もいるかと思います。

手紙とかカセットテープなんかのアイテムはよいと思った。

二人でちょっとずつ昔を紐解いて思い出して・・・

 

あの時こうしてればというのは誰しもあるはずですが、今となってはどうしようもないという現実を改めて考えさせられます。

 

白黒で単調な映画ですが、ちょっとでも感情移入できる方はなんか得した気分になれる映画でした。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事