『ベイビードライバー』ドクなぜ?サングラス、怖い?釈放

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

『ベイビー・ドライバー』は2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画で、エドガー・ライトが監督し、アンセル・エルゴートが主演を務めています。この映画は、銀行強盗の逃走ドライバーとして働く若者「ベイビー」の物語を描いており、彼の卓越したドライビングテクニックと音楽への深い愛が物語の中心です。

ベイビーは幼少期に交通事故を経験し、その後遺症である耳鳴りと闘いながら、音楽を聴くことで集中力を高め、逃走任務を遂行しています。しかし、平穏な生活を夢見る彼の前に立ちはだかるのは、彼を利用しようとする犯罪者たちや、新たな愛との出会い、そして彼自身の過去です。

この映画は、独特の音楽とアクションのシンクロ、スタイリッシュなカーチェイスシーンが特徴で、観客を引き込む爽快感と緊張感を持っています。また、キャラクターたちの間の葛藤や成長が物語に深みを加えており、単なるアクション映画を超えた作品となっています。

スポンサーリンク

ベイビードライバー :あらすじ

『ベイビー・ドライバー』の物語は、若き天才ドライバー、ベイビー(アンセル・エルゴート)を中心に展開します。幼少期の事故により耳鳴りに苦しむ彼は、音楽を聴きながらの運転でその痛みを乗り越え、類まれなドライビング技術を披露します。ベイビーは裏社会の大物、ドク(ケヴィン・スペイシー)によって、犯罪の逃走ドライバーとして利用されています。かつてドクの車を盗んだことから、その罪を償うためにドライバーとして雇われたのです。

物語の始まりでは、ベイビーはドクの指示の下、銀行強盗の逃走ドライバーとして活躍します。彼は仕事中、お気に入りの音楽を聴くことで、驚異的な集中力と反射神経を発揮し、警察の追跡を華麗にかわして見せます。ベイビーの人生は、ウェイトレスのデボラ(リリー・ジェームズ)との運命的な出会いにより、一変します。彼女との平穏な未来を夢見るベイビーは、犯罪の世界からの脱却を決意しますが、その過程でさまざまな障害に直面します。

ドクからの最後の仕事を終えた後、ベイビーはデボラとの新生活を始めようとしますが、ドクは彼を手放すつもりがありません。ドクはベイビーを再び犯罪の世界へと引きずり込み、今度は郵便局襲撃の仕事を命じます。この仕事は様々な予期せぬ出来事を引き起こし、ベイビーは再び逃走の車輪の中に身を投じることになります。仕事の失敗、仲間との裏切り、愛する人たちへの脅威が重なり、ベイビーは究極の選択を迫られます。

終盤、ベイビーは警察に追われる身となり、最愛のデボラとともに逃走を試みますが、最終的には自らを犠牲にしてデボラを守る道を選び、警察に投降します。法廷での裁判では、ベイビーの人柄と過去の行いが証言され、最終的には比較的軽い刑に処されます。服役後、ベイビーは改めてデボラとの再会を果たし、二人の新たな生活が始まることを示唆する場面で物語は幕を閉じます。

『ベイビー・ドライバー』は、ただのアクション映画ではなく、愛、赦し、救済を描いた作品です。スリリングなカーチェイスシーン、心を打つ音楽、そして登場人物たちの心の葛藤が見事に絡み合い、観客に深い印象を残します。

スポンサーリンク

ベイビードライバー :キャスト

俳優名登場人物名登場人物の説明
アンセル・エルゴートベイビー / マイルズ事故の後遺症に苦しむ天才ドライバー。音楽を聴くことで耳鳴りをかき消し、集中力を高める。
リリー・ジェームズデボラベイビーと恋に落ちるウェイトレス。平穏な生活を夢見る。
ケヴィン・スペイシードク銀行強盗チームの元締めで、作戦を担当。ベイビーに半ば強制的に仕事をさせる。
ジョン・ハムバディ / ジェイソン・ヴァン・ホーン長身で落ち着いたインテリ風の男。強盗チームの一員。
スポンサーリンク

ベイビードライバー :ドク なぜ

仕事仲間だったバディに恨みを買ってしまったベイビーが、最後に元締めのドクのところに助けを乞いに行きます。最初はそれを拒んでいたドクなのに、彼女のデボラが目に入った途端に態度が変わりベイビーらを助け出すので「なぜ?」と思ってしまいます。

エドガー・ライト監督は今までにも自他問わず過去の作品へのオマージュを取り入れる方で、本作も「ザ・ドライバー」に影響を受けて作られたとの事。そのストーリーを見てみましたが、カーチェイスがメインで男女が出てきますが恋愛要素はあまりなさそうです。「ゲッタウェイ」でドクという主人公が妻と共に敵からの逃避行に成功して終わる映画がありますが、それもリスペクトしての流れだったのでしょうか。それは想像の域を出ませんが、本作の中でドクがぼそっと「恋は良い・・」と言っています。

その言葉から、強盗団の元締めで名をはせているドクにも、きっと良い恋愛時代があったのだと推察します。デボラと会った事で、犯罪の世界という厳しい日々だったドクの中に昔持っていた”優しさ”が現れて、ベイビーらを助けようと一瞬にして思い直したのだと感じました。しかしそれは”死”との隣り合わせの危険な感情では、と思った矢先にやっぱり撃たれてしまいます。今まであまり感情をあらわさなかったドクの事は、あっという間の最期となり切なく響きました。

ベイビードライバー :サングラス

ベイビーの無表情な感じと音楽に対する偏愛ぶりが目を引きますが、それと共にサングラスも仕事中のアイテムとして沢山登場するのが面白いです。子供の頃から車泥棒を繰り返してきたベイビーなので、窃盗車から色々と拝借していたのかと思ってしまいます。
ベイビーを演じるアンセル・エルゴートは193センチの細身の青年なので、シンプルなモノトーンの衣装にサングラスをかけている姿は「クール!」の一言に尽きます。
ただ彼は家やデボラのいるお店など、”職場”以外ではサングラスを外しています。

ベイビードライバー :怖い?

最初はベイビーが音楽に聴き入っている中、強盗団を逃がし屋としてあざやかなドライビングテクニックで逃げて行くので、それならそんなに怖いシーンも出てこないのかと思ってしまいます。また、監督はミュージックビデオも作ったりしている方なので、ストーリーに上手く音楽を乗せてテンポよく描いてくれています。

オープニングでベイビーがカラフルな街を軽快に歩くシーンもあって良い感じです。基本的には逃がし屋家業のハラハラドキドキする展開を楽しめるのですが、チーム内がギクシャクしだしてからの後半で、ベイビーが駐車している工事のトラックに突進して助手席のバッツを殺してしまいます。その時の串刺しシーンが一番怖いと思います。その後も怖いという程ではないのですが、銃撃シーンや争うシーンなど割と多く出てきます。

ベイビードライバー :釈放

ベイビーは仕事中にメンバーに嫌気がさしてわざと串刺し状態に持ち込んだり、恋人のダーリンが死んでしまった恨みで攻撃してきたバディを殺してしまったりと、結構ひどい事をしていました。でもそれに反して一般人の人たちには危険から救う行動を数々していたので、最後に警察に捕まった後の裁判で多くの擁護する言葉が集まり、たったの5年で仮釈放されます。

そうして願っていたデボラとのドライブがやっと実現できました。彼の事を何があっても諦めなかったデボラの真っすぐな愛が、今度こそベイビーをまっとうな生活へと誘ってくれそうです。

スポンサーリンク
おすすめの記事