映画「最高の人生の見つけ方」人生で何をしたい?見つかっている人も、まだ見つかっていない人にも!

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

今回ご紹介するのは、Netflixで配信されている「最高の人生の見つけ方」(原題:The Bucket List)です。

スポンサーリンク

キャスト

監督

ロブ・ライナー

脚本

ジャスティン・ザッカム

メインキャスト

ジャック・ニコルソン

モーガン・フリーマン

スポンサーリンク

映画の内容は?

この映画は、老人2人が、人生最後の旅で死ぬまでに叶えたいことに次々挑戦していく友情物語です。勤勉かつ実直であり、家族のために自らの夢を犠牲にして働き続けてきた自動車整備工のカーターと、身勝手で破天荒な大金持ちの実業家エドワード。2人はそれぞれ病気を患っていることが発覚し、同じ病室になります。

性格も全く異なり最初は馬が合わなかった2人ですが、病室で会話をしていく中で、徐々に友情が芽生えていきます。そしてある日、カーターは病室で「棺桶に入るまでにやっておきたいこと(“バケットリスト”)」を書き出していましたが、その横でエドワードは医師から余命半年の宣告を受けます。カーターも自分の現状を医師に確認してもらったところ、余命半年と判明。ショックを受けたカーターはバケットリストをくしゃくしゃにして捨てますが、翌日それを拾ったエドワードは、内容が弱いとリストを書き直し、一緒に死ぬ前にやりたいことを叶えていこう、と提案します。

エドワードが提案する内容はどれも突飛なものばかりで、最初は乗り気ではなく馬鹿馬鹿しいとまで思っていたカーターですが、エドワードの「同情や悲しみの中で窒息しながら死にたいっていうのか。やだね。あんたも心の中では嫌がっているはずだ。」「これはまたとない“好機”だ。」といった言葉にいつしか心を動かされ、心配する妻バージニアの強い反対を押し切り、2人で病院を抜け出してバケットリストを叶える旅に出発します。

そして、それぞれ異なる人生を長く生きてきた2人は旅の途中、言葉を交わしていく中で、それぞれの人生の喜びや大切なことに改めて気づいていくのです。

スポンサーリンク

おすすめポイント①

アカデミー賞を受賞した主人公役2人の演技力が凄い!

ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンは2人とも何度もアカデミー賞を受賞した俳優です。性格が全く異なる主人公2人のユーモアに溢れる絶妙な掛け合いは、この映画の大きな見所になっています。また、病気に苦しめられながらも、やりたいことに全力投球していく演技には、心を打たれます。

おすすめポイント②

目まぐるしく登場する壮大な景色に圧倒される!

バケットリストを叶えるために2人が向かう目的地はどこも、心踊る景色ばかり!地球のスケールの大きさを感じながら楽しむことができ、自分も一度は行ってみたいと思える場所、挑戦してみたいと思えるような体験に出会うことができます。

感想

「人生の価値は何で決まる?」という問いかけから始まるこの物語。主人公2人の生き様を通して、改めて人生をどう過ごしていきたいかについて考えることができます。

もし、「自分が本当にやりたいことは何だろう」「これといってやりたいことがない」「やりたいことはあっても我慢して生きている」「今やりたいことはあるけど色んな選択肢を知りたい」そんなことが少しでも思い浮かぶ方にはぜひおすすめしたい映画です。

ぜひこの映画を観て、自分自身の“バケットリスト”を作ってみてはいかがでしょうか?!

きっと心にエンジンがかかるはずです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事