ワンダー 君は太陽:心温まる感動の物語

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

2017年に公開された映画「ワンダー 君は太陽」は、RJ・パラシオの小説「ワンダー」を原作とした、心温まる感動の物語です。

全世界で800万部以上売り上げたベストセラー小説が映画化され、多くの人々の心を動かしました。

この作品は、トリーチャー・コリンズ症候群と呼ばれる遺伝子疾患を抱えた少年オギー・プルマンの成長を描いています。

オギーは、これまで自宅学習を続けてきましたが、両親の決意により、初めて学校に通うことになります。

外の世界に初めて飛び出したオギーは、様々な困難に直面します。

外見の違いによるいじめ、友達とのトラブル、そして家族との葛藤。

オギーは、これらの困難を乗り越えながら、少しずつ周囲の人々と心を通わせていきます。

「ワンダー 君は太陽」は、人と違うことに苦しみながらも、周りの人々に支えられ、成長していく少年の姿を描いた、感動的な作品です。

この作品は、私たちに大切なメッセージを伝えてくれます。

それは、「外見や違いに関係なく、すべての人が平等に愛されるべきである」ということです。

スポンサーリンク

生涯を乗り越えて心をつなぐ:人と違うことの葛藤

「ワンダー 君は太陽」の主人公オギーは、トリーチャー・コリンズ症候群という遺伝子疾患を抱えています。

この病気は、顔の骨や組織の発達に異常をきたすため、外見に大きな影響を与えます。

オギーは、これまで自宅学習を続けてきましたが、両親の決意により、初めて学校に通うことになります。

しかし、外の世界でオギーを待っていたのは、想像を絶するほどの困難でした。

子供たちは、オギーの外見を見て、いじめや悪口を言います。

オギーは、自分が人と違うことを強く意識し、孤独と絶望に襲われます。

「ワンダー 君は太陽」は、人と違うことの葛藤をリアルに描き、見る者に深い感動を与えます。

オギーの苦しみを通して、私たちは、差別や偏見の残酷さを理解することができます。

スポンサーリンク

優しさと勇気が紡ぐ絆:周囲の人々との心の交流

「ワンダー 君は太陽」は、オギーの苦しみだけではありません。

オギーを支え、励ましてくれる人々もたくさん登場します。

教師、友達、そして家族。

彼らは、オギーの優しさと勇気に触れ、次第にオギーを受け入れ、心を繋げていきます。

特に、オギーの友達であるジャックの存在は、物語に大きな彩りを添えます。

ジャックは、オギーを仲間として認め、いつもそばにいてくれます。

二人は、様々な困難を乗り越えながら、強い友情を築いていきます。

スポンサーリンク

誰もが特別な存在:違いを認め合うことの大切さ

「ワンダー 君は太陽」は、トリーチャー・コリンズ症候群という遺伝子疾患を抱えた少年オギーの物語を通して、私たち一人一人が特別な存在であり、違いを認め合うことの大切さを教えてくれる、心温まる作品です。

この作品は、決して障害を持つ人だけの映画ではありません。

オギーの葛藤や成長を通して、私たちは自分自身の価値観を見つめ直し、より良い社会を作っていくためのヒントを得ることができます。

オギーは、生まれつき顔の奇形という違いを抱えていました。

そのため、周囲から好奇の目で見られたり、いじめられたりすることもありました。

しかし、オギーは決して自分自身を諦めませんでした。

彼は、周りの人々と接し、心を開いていくことで、少しずつ自分自身を受け入れていくようになります。

そして、オギーは周囲の人々に大切なことを教えてくれます。

それは、誰もが特別な存在であり、違いを認め合うことの大切さです。

オギーは、自分自身の違いを恥じることなく、ありのままの自分で生きていきます。

その姿は、周りの人々に大きな影響を与え、彼らも自分自身の違いを受け入れるようになります。

「ワンダー 君は太陽」は、私たち一人一人が自分自身の価値観を見つめ直し、より良い社会を作っていくための行動を始めるべきであることを訴えています。

私の経験:人と違うことで感じた葛藤

幼い頃、私は人と違う外見のため、いじめを受けたことがあります。

当時は、自分の外見が嫌で、周囲から孤立していました。

休み時間はいつも一人で過ごし、友達を作ることもできませんでした。

先生に相談しようと思っても、勇気が出ませんでした。

そんな私にとって、学校生活は辛いものでした。

しかし、そんな私を励ましてくれた友人や家族のおかげで、少しずつ自分自身を受け入れることができるようになりました。

ある日、親友が私にこう言ってくれました。

「〇〇の外見は、とっても素敵だと思うよ。他の誰とも違う、特別なものだから。」

その言葉に、私はとても勇気づけられました。

そして、少しずつ自分の外見を受け入れることができるようになりました。

また、家族も私のことをいつも温かく見守ってくれました。

「〇〇は、そのままの自分でいいんだよ。」

家族の言葉に、私はとても安心しました。

そして、自分自身を愛することができるようになりました。

「ワンダー 君は太陽」は、私にとって、人と違うことで感じる葛藤を乗り越える勇気を与えてくれた作品です。

オギーの姿を通して、私は人と違うことこそが自分の個性であり、誇りにすべきものであることに気づきました。

オギーのように、自分自身を愛し、ありのままの自分で生きていくことが大切だと、

私たちは、オギーの姿を通して、自分自身を見つめ直し、より良い社会を作っていくための行動を始めるべきです。

スポンサーリンク
おすすめの記事