シザーハンズ:届かない愛、それでも…

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハサミの両手:孤独な人造人間エドワード

1990年に公開された映画「シザーハンズ」は、ティム・バートン監督による、人造人間の哀しいラブ・ストーリーです。

丘の上の屋敷に住むハサミの両手を持った人造人間エドワードは、孤独な存在でした。彼は、創造主である科学者ヴィンセントに造られましたが、ヴィンセントが突然亡くなってしまったため、未完成のまま取り残されてしまったのです。

エドワードは、外見は美しい青年でしたが、ハサミの両手を持つため、周囲から恐れられ、孤立していました。彼は、心優しく繊細な心の持ち主でしたが、その優しさを表現することもできず、孤独に苦しんでいたのです。

スポンサーリンク

偶然の出会い:エドワードとキムの恋

ある日、エドワードは化粧品のセールスであるペグの娘キムと出会います。キムは、エドワードの優しさに惹かれ、彼に特別な感情を抱きます。

エドワードもまた、キムに恋をします。しかし、彼はハサミの両手を持つため、キムに触れることもできません。

それでも、エドワードはキムへの想いを諦めません。彼は、キムのために彫刻や庭作りなどを行い、自分の想いを表現しようとします。

スポンサーリンク

愛への障壁:ハサミの両手と周囲の偏見

エドワードとキムの恋は、周囲の偏見によって阻まれます。

キムの両親は、エドワードのハサミの両手を恐れて、彼を受け入れることができません。また、町の住民たちも、エドワードを怪しみ、彼を排斥しようとします。

エドワードは、キムへの愛と周囲の偏見の間で苦悩します。彼は、キムを傷つけたくないという思いと、彼女と一緒にいたいという思いの間で葛藤するのです。

あなたなら諦める?エドワードの切ない決断

エドワードは、キムへの深い愛情と、彼女を危険にさらす可能性への葛藤に苦悩します。

彼は、ハサミの両手を持つ自分の外見が、キムを傷つけ、周囲の人々から迫害を引き起こすことを恐れていました。

また、自分がキムにとって危険な存在であることを理解しており、彼女を愛するがゆえに、彼女を守りたいという強い気持ちが芽生えていたのです。

エドワードは、キムとの幸せな未来を夢見る一方で、彼女を危険にさらす可能性を断ち切ることを決意します。

彼は、キムの前から姿を消すことで、彼女を守ろうと考えたのです。

エドワードの決断は、愛する人への深い愛情と自己犠牲の精神に基づいています。

彼は、自分の幸せよりも、キムの安全を優先することを選んだのです。

この決断は、エドワードにとって非常に辛いものでした。

しかし、彼はキムへの愛を胸に、決意を貫き通します。

エドワードの決断は、私たちに愛の真の意味について考えさせられます。

愛とは、必ずしも自分の幸せを追求することではありません。

愛する人の幸せを願う気持ちこそが、真の愛と言えるでしょう。

エドワードの切ない決断は、私たちに愛の強さと、自己犠牲の大切さを教えてくれます。

シザーハンズは、愛の力と、偏見に対するメッセージを伝えてくれる作品です。

エドワードとキムの恋は、たとえ届かなくても、美しい愛として描かれています。

この映画は、私たちに愛の大切さを教えてくれます。

愛は、外見や能力によって左右されるものではありません。

心で繋がる愛は、どんな困難も乗り越えることができるのです。

シザーハンズは、見る人に様々な感情を与えてくれる、心を揺さぶる作品です。

届かない愛、それでも:エドワードの残したものは

エドワードは、キムの前から姿を消しますが、キムの心の中にはいつまでも残ります。

キムは、エドワードへの愛を忘れずに、彼との思い出を胸に生きていきます。

シザーハンズは、愛の力と、偏見に対するメッセージを伝えてくれる作品です。

エドワードとキムの恋は、たとえ届かなくても、美しい愛として描かれています。

この映画は、私たちに愛の大切さを教えてくれます。

愛は、外見や能力によって左右されるものではありません。

心で繋がる愛は、どんな困難も乗り越えることができるのです。

シザーハンズは、見る人に様々な感情を与えてくれる、心を揺さぶる作品です。

スポンサーリンク
おすすめの記事