キュートで綺麗でカッコいい魔女映画「魔女がいっぱい」、魔女の秘密とは?

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク

アメリカの清純派女優アン・ハサウェイが初めて魔女役で出演で話題になった作品です。その他、どんな魔女たちが出てくるのか、ネットフィリックスから視聴することができます。

スポンサーリンク

魔女の秘密とは

世界中に魔女は存在する

人間のフリをした魔女は至る所に生存しており、身近な先生や看護師、近所の女性も魔女かもしれません。

身を隠すため、魔女たちはオシャレが大好き

老いも若きも魔女は自分の年齢や身分を隠すために、化粧や着る服へのこだわりは普通の人間の倍以上もあります。

魔女は子供が大嫌い

見ず知らずのおばさんからお菓子をもらったら要注意。子供を黙らすため、甘い蜜で子供を誘惑します。

魔女は魔法の薬を持っている

長年の開発により、魔法に勝る薬を常に開発、持参しています。何に効く薬なのかは、その魔女次第。

魔女に正体をバレたら最後

秘密をひたすら隠している魔女たちに、正体がバレたらどんな手を使ってでも追い詰めてきます。

スポンサーリンク

あらすじ

1967年後半、両親を亡くした孤児の少年は愛する叔母の暮らすアラバマ州の田舎町デモポリスで、暮らすことになります。少年とその祖母は、魔女の秘密を知りながら、一見魅力的な魔女たちに遭遇し、ひょんなきっかけで少年とおばあさんは海辺のリゾートへ旅行に出かけます。しかし、彼らが到着したホテルは魔女たちが密かに定例会を開いている会場そのもでした。世界の各国から大魔女が集い、仲間を集めて身の毛もよだつ計画を実行しようとしていたのでした。

それを目撃してしまった少年はネズミに変えられるのですが、その計画を阻止しようと奮闘します。

スポンサーリンク

評価

本作の上映後、賛否両論の評価を受け、高評価と低評価にかなり差が出ました。面白いと思う人とつまらないと思う人の視聴者が真っ二つに別れたことで、日本国内でもあまり話題性がなかったのは、アメリカでの評価が先駆けてのことだったのでしょうか。

映画配給会社大手ワーナー・ブラザーズが勢力を上げて広告した甲斐あって、主演の大魔女のキャラクターは大分インパクトがあった模様です。

ホラー映画よりもよりファンタジー要素の多いストーリーと、魔女たちの豪華な演出で映像としては見応えある映画に仕上がっています。

感想

いろんな魔女を一気に集合させた映画としては、とても豪華で派手な演出の魔女映画です。怖さより驚きの方が勝る映像と、主人公の少年とおばあさんとの家族愛も感じられるので自宅で視聴するエンターテイメントとしては、楽しめる内容でした。

配役も地味に安定した実力派俳優が出演しているので、家族や恋人同士、1人でも安心して見ることができます。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事