Netflixおすすめ映画『グリーンブック』あらすじ、キャスト

※この記事にはプロモーション広告が含まれています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

あらすじ

時は1962年。ニューヨークのナイトクラブで用心棒を務めるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は腕っぷしはもちろんハッタリも得意で、ガサツで無学ですが、家族や周囲から愛されていました。

ある日、トニーは「神の域の技巧」を持ち、ケネディ大統領のためにホワイトハウスで演奏したこともある天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)のコンサートツアーの運転手として雇われます。

まだまだ人種差別が根強く残る時代になぜか、黒人にとって制約と危険の多い南部を目指すシャーリー。

粗野で無教養なイタリア系用心棒と、インテリな天才黒人ピアニストという何もかも正反対な二人が、黒人用旅行ガイド〈グリーンブック〉を頼りに、ふたりはツアーへ旅立ちます。

スポンサーリンク

スタッフ&キャスト

監督ピーター・ファレリー
脚本ニック・ヴァレロンガ、ブライアン・ヘインズ・カリ

トニー・“リップ”・ヴァレロンガ役  ヴィゴ・モーテンセン

ドクター・ドナルド・シャーリー役  マハーシャラ・アリ

スポンサーリンク

おすすめポイント①

実話にもとづいた映画!

 

人種差別を題材とした映画はたくさんありますが、この映画は黒人のドクターが白人から差別を受ける様子と、黒人からも差別を受ける描写が多くあります。

ドクターは、恵まれた環境で育ち、ピアニストとして活躍していたため、裕福な生活をしています。それゆえに、黒人にも嫌がらせをされたり、危険な目にあってしまいます。

今まで白人対黒人という構図の人種差別はたくさん見てきましたが、白人対黒人対ドクターという構図は珍しいのではないでしょうか?

おすすめポイント②

かけがえのない友情。

この時代にはほぼあり得ないコンビで旅をすることになった2人は、最初から仲が良くビジネスパートナーになったわけではありません。

文化はもちろん価値観も違う二人が友情を築いていく様子に心が温まるに違いありません。

 ほっこりしたい、スカッとしたいときにおすすめの1本です!

スポンサーリンク
おすすめの記事